Bitbucket Cloud を Jira Cloud に接続する

Bitbucket Cloud を Jira Software Cloud に接続して同僚と課題とコードのシームレスな連携を活用する方法をご確認ください。

この連携は、Bitbucket Cloud の課題トラッカーには影響しません。Jira の課題をインポート、追跡、認識するのみです。 

Jira Software Cloud に Bitbucket ワークスペースを作成する

まず、Bitbucket を Jira Software Cloud に接続します (Jira Cloud アプリケーションで開始することもできます)。接続したい Jira Software Cloud インスタンスの Jira 管理者権限を持つユーザーで操作を行うことをおすすめします。Bitbucket Cloud を Jira Server アプリケーションに接続したい場合は、「Bitbucket Cloud を Jira Server アプリケーションに接続する」を参照してください。

始める前に

  • Jira Software Cloud に接続したいワークスペースにログインするには、ワークスペースの管理者である必要があります。

Atlassian アカウントに接続されている Jira Software Cloud インスタンスがない場合、今すぐ Jira を試すか、連携の詳細を確認できます。

手順

  1. プロファイル アバターをクリックし、[Recent Workspaces] 一覧でワークスペースを選択するか、[All workspaces] を選択して一覧全体を表示してワークスペースを選択します。

  2. ワークスペースで、左側のサイドバー メニューの [設定] をクリックします。

  3. [Atlassian Integrations] の下にある [Jira] をクリックします。

  4. Bitbucket Cloud ワークスペースと連携したい Jira Cloud インスタンスを選択して、[Connect] をクリックします。 

  5. [アクセスを許可する] をクリックして、Jira Software に Bitbucket Cloud ワークスペースへのアクセスを許可します。

  6. [アクセスを許可する] をクリックして、Bitbucket に Jira へのアクセスを許可します。

  7. すべてのリポジトリで自動的な同期を行ってスマート コミットを有効にするかどうかを選択します。注: 次のオプションは既定で選択されています。詳細については「スマート コミットで Jira 課題を処理する」をご覧ください。これらの設定は、Jira Software の "DVCS accounts" ページから後で管理できます。 

  8. OK をクリックします。

一度接続されると、Jira Software の [DVCS アカウント] ページ上で Bitbucket のリポジトリの一覧が確認できます。 DVCS アカウント ページは Jira 管理者のみが表示できます。[Jira 設定] > [アプリケーション] へ移動すると、統合ヘッダーの下に [DVCS アカウント]が表示されます。

Jira Software で Bitbucket リポジトリの可視性を制御する

Jira Software に接続しているワークスペースにリポジトリがあり、それ以上現在のリポジトリを Jira サイトに接続する必要がないとします。これらのリポジトリの可視性は、別のワークスペースに移動すると制御できます。

  1. リポジトリの移動先のワークスペースがすでに存在しているか、新たにワークスペースを作成する必要があるかを確認してください。

  2. リポジトリを Jira サイトに接続されていない新規または既存のワークスペースに移動します。詳細は、「リポジトリやグループをワークスペースに転送する」を参照してください。

  3. [DVCS アカウント] ページで、接続されているワークスペースの … (その他のオプション) メニューから [リポジトリの更新] を選択し、リポジトリの接続を更新します。

リンクされているワークスペース設定を管理する

Bitbucket Cloud からの操作

Jira Software への接続を削除する手順

  1. Jira Software への接続を削除するには、プロファイル アバターをクリックし、[Recent Workspaces] 一覧でワークスペースを選択するか、[All workspaces] を選択して一覧全体を表示してワークスペースを選択します。

  2. 左側のサイドバー メニューで [設定] をクリックします。

  3. [Atlassian Integrations] の下にある [Jira] をクリックします。

  4. 接続を解除する Jira Cloud インスタンスを見つけ、[Disconnect] をクリックします。

Jira Software 側

Jira Software と Bitbucket Cloud ワークスペースのリンク後、Jira の[DVCS accounts (DVCS アカウント)] ページから、接続とリンクされているリポジトリを管理することができます。

もし接続に問題があれば、 Troubleshoot connections with Bitbucket Cloud をご覧ください。

操作

手順説明

スマートコミットの管理

ワークスペースに対して: (その他のオプション) メニューから [Configure default repository settings (既定のリポジトリ設定を構成する)] を選択します。

必要に応じてスマート コミットのデフォルトの設定を変更します。変更した設定は、Bitbucket ワークスペースに追加された新しいリポジトリにのみ適用されます。

リポジトリに対して: 必要に応じて、リポジトリの行にあるスマート コミットのチェックボックスを選択、またはクリアします。

詳細は スマートコミットでJira課題を処理する をご覧ください。

リポジトリのリストを更新

接続されたリポジトリのリストを手動で更新するには、 (その他のオプション) メニューから [リポジトリの更新] を選択します。

Bitbucket ワークスペースの切断

(その他のオプション) メニューから [Configure default repository settings (既定のリポジトリ設定を構成する)] を選択して、切断します。

 

最終更新日 2021年04月 1日)
次でキャッシュ 9:00 PM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ