Heroku にデプロイする

Bitbucket Pipelines から Heroku にアプリケーションをデプロイします。

Pipelines とパイプを使用した Heroku へのデプロイをハンズオンで確認したい場合、このリポジトリで完全なエンドツーエンドのサンプルを利用できます。

ステップ 1: Heroku の API トークンとアプリ名を環境変数として追加する

Heroku リポジトリ用に、設定で 2 つの変数を定義します。

名前

HEROKU_API_KEY

Heroku から生成された API トークン。マスクおよび暗号化されるよう、保護された変数を使用します。

HEROKU_APP_NAME

Heroku のアプリ名

これらの変数は、デプロイメント環境、リポジトリ、またはワークスペース レベルで定義できます。

ステップ 2: フル クローンを実行するように Pipelines を設定する

Heroku デプロイでは、フル Git クローンが必要です。既定では、Pipelines では深度 50 でリポジトリのクローンを作成して、ビルド時間を短縮します。bitbucket-pipelines.yml ファイルで、フル Git クローンを実行するように Pipelines を設定できます。

ステップ 3: パイプを使用して Heroku にデプロイする

Heroku deploy パイプを使用して Heroku にアプリケーションをデプロイします。パイプ リポジトリで、より多くの使用例、使用可能な変数、およびサポート情報を確認できます。


以下は、アプリケーションを Heroku にデプロイする単純な bitbucket-pipelines.yml 構成です。また、この例では、アプリケーションのビルドとデプロイでの個別のステップの使用や、Bitbucket Deployments を使用した別の環境へのデプロイなど、いくつかのベスト プラクティスのインサイトを提供します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 # This is a sample build configuration for Python. # Check our guides at https://ja.confluence.atlassian.com/x/x4UWN for more examples. # Only use spaces to indent your .yml configuration. # ----- # You can specify a custom docker image from Docker Hub as your build environment. image: python:3.7.2 pipelines: default: - step: name: Test script: - cd sample-python-app - pip install -r requirements.txt - ./manage.py test - step: name: Build script: - cd sample-python-app - git archive --format=tar.gz main -o sample-app.tar.gz artifacts: - sample-python-app/sample-app.tar.gz - step: name: Deploy to production deployment: production caches: - pip script: - pipe: atlassian/heroku-deploy:0.1.1 variables: HEROKU_API_KEY: $HEROKU_API_KEY HEROKU_APP_NAME: $HEROKU_APP_NAME ZIP_FILE: sample-python-app/sample-app.tar.gz

オンライン バリデーターを使用して bitbucket-pipelines.yml ファイルをチェックすることができます。

最終更新日 2021年06月 8日)
次でキャッシュ 8:59 PM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ