Git のフィーチャー ブランチ ワークフロー

The Git Feature Branch workflow is an efficient way to get working with your colleagues in Bitbucket. In this workflow, all feature development takes place on branches separate from the main master branch. As a result, multiple developers can work on their own features without touching the main code.

ブランチの図

Start with the master branch

このワークフローは、2 人以上のグループでコードに対して共同で取り組む場合に役立ちます。Bitbucket とローカル リポジトリが同期されているのを確認したら、ワークフローを開始しましょう。

次を作成する: new-branch

自分が取り組む機能や課題ごとに個別のブランチを使用します。ブランチの作成後はローカルでチェックアウトして、そのブランチに変更が反映されるようにします。詳細

更新後、変更を追加、コミット、およびプッシュする

Git の使用時と同じように、その機能で作業してコミットを実行します。準備ができたらコミットをプッシュして、Bitbucket のフィーチャー ブランチを更新します。詳細

コードのレビューを依頼する

コードのフィードバックを得るには、Bitbucket でプル リクエストを作成します。ここではレビュアーを追加して、マージ実行前に内容に問題がないかを確認できます。詳細

フィードバックを解決する

同僚がコメントを追加して、コードを承認しました。コメントをローカルで解決して、変更を Bitbucket にコミットおよびプッシュします。更新内容がプル リクエストに表示されます。

プル リクエストをマージする

ほかのユーザーがリポジトリに変更を加えていた場合は、マージ前にマージの競合を解決する必要があることがあります。プル リクエストが承認されて競合がない際は、master ブランチにコードを追加できます。Bitbucket のプル リクエストからマージします。詳細


このページではフィーチャー ブランチ ワークフローの使用方法のみを説明していますが、ブランチやプル リクエストの使用方法は Gitflow などの他のプロセスでも利用できます。Gitflow やその他の Git ワークフローの説明については、アトラシアンの Web サイト「きっとできる Git」をご参照ください。

その他のヘルプ