データベースとサービス コンテナ

Bitbucket Pipelines では、ビルド パイプラインから複数の Docker コンテナを実行できます。アプリケーションのテストと運用で、パイプラインで追加サービスが必要になる場合、追加のコンテナを起動する必要がある場合があります。この追加サービスには、データ ストア、コード分析ツール、およびスタブ Web サービスなどが含まれます。

このような追加サービスやその他のリソースは、bitbucket-pipelines.yml ファイルの definitions セクションで定義します。これらのサービスはその後、サービスを必要とする任意のパイプラインの構成で参照されます。

パイプラインの実行時、bitbucket-pipeline.yml のステップで参照されているサービスが、パイプライン ステップ内で実行されるようにスケジューリングされます。これらのサービスは、ビルド コンテナとネットワーク アダプタを共有するほか、localhost でオープンなポートを共有します。ポート マッピングやホスト名は不要です。たとえば、Postgres を使用している場合、localhost のポート 5432 に接続するだけでテストを行えます。デバッグを行う場合、Pipelines の UI でサービスのログを確認できます。

Pipelines では、ビルド ステップあたりのサービス コンテナは最大 5 つに制限されます。サービス コンテナへのメモリの割り当て方法については以下のセクションを参照してください。

チュートリアル

次のチュートリアルでは、サービスを定義する方法、それをパイプラインで使用する方法について説明します。

はじめる前に

Pipelines のサービスには次の制限があります。

  • 1 ステップあたり最大 5 サービス

  • 上述のメモリ制限

  • パイプライン結果のサービスやログにアクセスするための REST API は提供していません。

  • サービスの起動を待機するためのメカニズムは提供していません。

  • 小さなサービスを大量に実行したい場合、Docker run または docker-compose を使用します。

  • ポート 29418 は使用できません。

サービスの定義

サービスは、bitbucket-pipelines.yml ファイルの definitions セクションで定義されます。

たとえば、次の例では 2 つのサービスを定義しています。redisライブラリ イメージ redis を Docker ハブ (バージョン 3.2) から使用し、databaseDocker Hub の公式 MySQL イメージ (バージョン 5.7) を使用します。

variables セクションでは、リテラル値または既存のパイプライン変数として変数を定義できます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 definitions: services: redis: image: redis:3.2 mysql: image: mysql:5.7 variables: MYSQL_DATABASE: my-db MYSQL_ROOT_PASSWORD: $password

サービス メモリの制限

各サービス定義では、memory キーワード (メガバイト単位) を使用してサービス コンテナにカスタムのメモリ制限を定義することもできます。

関連するメモリ制限および既定の割り当ては次のとおりです。

  • 標準ステップのメモリの合計は 4096 MB、大規模なビルド ステップ (サイズ: 2x を使用して定義可能) のメモリの合計は 8192 MB です。

  • ビルド コンテナには合計 1024 MB のメモリが割り当てられ、これでビルド プロセスと一部の Pipelines オーバーヘッド (エージェント コンテナ、ログなど) が網羅されます。

  • 各パイプライン ステップでのサービスの合計メモリは、残りのメモリ (1x/2x ステップでそれぞれ 3072/7128 MB) を超えることはできません。

  • サービス コンテナは既定で 1024 MB のメモリを取得しますが、128 MB とステップの最大値 (3072/7128 MB) の間で使用量を構成できます。

  • Pipelines の Docker 操作で使用される Docker-in-Docker デーモンはサービス コンテナとして扱われるため、既定のメモリ制限は 1024 MB となります。この値は、definitions セクションで組み込みの docker サービスのメモリ設定を変更することで、128 MB - 3072/7128 MB の間の任意の値に調整できます。

以下の例は、ビルド コンテナに 2048 MB のメモリ制限があることを示しています。

  • Docker が 512 MB

  • Redis が 512 MB

  • MySQL が既定のメモリ制限 (1024 MB) を使用

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 default: - step: services: - redis - mysql - docker script: - echo "This step is only allowed to consume 2048 MB of memory" - echo "Services are consuming the rest. docker 512 MB, redis 512 MB, mysql 1024 MB" definitions: services: redis: image: redis:3.2 memory: 512 docker: memory: 512 # reduce memory for docker-in-docker from 1GB to 512MB mysql: image: mysql:5.7 # memory: 1024 # default value variables: MYSQL_DATABASE: my-db MYSQL_ROOT_PASSWORD: $password


パイプラインでのサービスの使用

bitbucket-pipelines.yml ファイルの "definitions" セクションでサービスを定義したら、そのサービスを任意のパイプライン ステップで参照できます。

たとえば、次の例では redis サービスをステップで実行します。

1 2 3 4 5 6 7 8 default: - step: image: node script: - npm install - npm test services: - redis


プライベート イメージの使用

アクセスを制限するサービスを次の例のように定義できます。

1 2 3 4 5 6 services: redis: image:  name: redis:3.2 username: username@organisation.com password: $DOCKER_PASSWORD

異なるレジストリやフォーマットの Docker イメージを使用するためのその他の例については、「Docker イメージをビルド環境として使用する」をご参照ください。

完全な例

この bitbucket-pipelines.yml のサンプル ファイルは、サービスの定義と、パイプライン ステップでのサービスの使用方法の両方を示します。動作のブレイクダウンを後述しています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 BITBUCKET-PIPELINES.YMLpipelines: branches: main: - step: image: redis script: - redis-cli -h localhost ping services: - redis - mysql definitions: services: redis: image: redis:3.2 mysql: image: mysql:5.7 variables: MYSQL_DATABASE: my-db MYSQL_ROOT_PASSWORD: $password

Bitbucket Pipelines でデータベースを使用してテストする

データベースをテストする際には、サービス コンテナを使用して、データベース サービスをリンクされたコンテナ内で実行することをおすすめします。Docker の Docker Hub では、一般的なデータベースに対応する多数の公式イメージが提供されています。

このページでは、次のデータベース タイプに接続するための bitbucket-pipelines.yml ファイルの例を示しています。

オンライン バリデーターを使用して bitbucket-pipelines.yml ファイルをチェックすることができます。

Bitbucket Pipelines でサービスとデータベースを使用する」もご参照ください。

また、必要なデータベースを含む Docker イメージを使用することもできます。このページの「データベースを構成済みの Docker イメージを使用する」をご参照ください。

MongoDB

Docker Hub の Mongo イメージを使用します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 image: node:10.15.0 pipelines: default: - step: script: - npm install - npm test services: - mongo definitions: services: mongo: image: mongo

MongoDB は 127.0.0.1:27017 で認証なしで利用できます。データベースに接続すると、MongoDB が代理で作成します。

MongoDB の既定構成は IPv4 の接続のみをリッスンしますが、Mongo 接続で localhost を使用するように構成している場合、Ruby などのプラットフォームは既定で IPv6 経由での通信を行うことにご注意ください。接続先として localhost ではなく 127.0.0.1 を推奨しているのはこのためです。

MySQL – テスト ユーザー

Docker Hub の MySQL イメージを使用します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 image: node:10.15.0 pipelines: default: - step: script: - npm install - npm test services: - mysql definitions: services: mysql: image: mysql:5.7 variables: MYSQL_DATABASE: 'pipelines' MYSQL_RANDOM_ROOT_PASSWORD: 'yes' MYSQL_USER: 'test_user' MYSQL_PASSWORD: 'test_user_password'

MySQL への接続

上述の例を使用した場合、MySQL (バージョン 5.7) を次のように利用できます。

  • ホスト名: 127.0.0.1 (localhost の使用は避けます、これは、一部のクライアントが "Unix socket" 経由での接続を試みるが、Pipelines では動作しないためです。)

  • ポート: 3306

  • 既定のデータベース: pipelines

  • ユーザー: test_user、パスワード: test_user_password (MySQL の root ユーザーにアクセスすることはできません)。

pipelines データベースにテーブルやスキームを入力する必要があります。基盤となるデータベースをさらに構成する必要がある場合、詳細について公式の Docker Hub イメージをご参照ください。

MySQL – root ユーザー

Docker Hub の MySQL イメージを使用します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 image: node:10.15.0 pipelines: default: - step: script: - npm install - npm test services: - mysql definitions: services: mysql: image: mysql:5.7 variables: MYSQL_DATABASE: 'pipelines' MYSQL_ROOT_PASSWORD: 'let_me_in'

MySQL への接続

上述の例を使用した場合、MySQL (バージョン 5.7) を次のように利用できます。

  • ホスト名: 127.0.0.1 (localhost の使用は避けます、これは、一部のクライアントが "Unix socket" 経由での接続を試みるが、Pipelines では動作しないためです。)

  • ポート: 3306

  • 既定のデータベース: pipelines

  • ユーザー: root、パスワード: let_me_in

pipelines データベースにテーブルやスキームを入力する必要があります。基盤となるデータベースをさらに構成する必要がある場合、詳細について公式の Docker Hub イメージをご参照ください。


PostgreSQL – 既定ユーザー

Docker Hub の Postgres イメージを使用します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 image: node:10.15.0 pipelines: default: - step: script: - npm install - npm test services: - postgres definitions: services: postgres: image: postgres

PostgreSQL は localhost:5432 で、既定データベース "postgres"、ユーザー "postgres"、パスワードはなしで利用できます。postgres データベースにテーブルやスキーマのデータを入力するか、使用するデータベースを新しく作成する必要があります。基盤となるデータベース エンジンをさらに構成する必要がある場合、詳細について公式の Docker Hub イメージをご参照ください。

PostgreSQL – テスト ユーザー

Docker Hub の Postgres イメージを使用します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 image: node:10.15.0 pipelines: default: - step: script: - npm install - npm test services: - postgres definitions: services: postgres: image: postgres variables: POSTGRES_DB: 'pipelines' POSTGRES_USER: 'test_user' POSTGRES_PASSWORD: 'test_user_password'

PostgreSQL は localhost:5432 で、既定データベース "pipelines"、ユーザー "test_user"、パスワード "test_user_password" で利用できます。pipelines データベースにテーブルやスキームを入力する必要があります。基盤となるデータベース エンジンをさらに構成する必要がある場合、詳細について公式の Docker Hub イメージをご参照ください。

Redis

Docker Hub の Redis イメージを使用します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 image: node:10.15.0 pipelines: default: - step: script: - npm install - npm test services: - redis definitions: services: redis: image: redis

Redis は localhost:6379 で認証なしで利用できます。

Cassandra

Docker Hub の Cassandra イメージを使用します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 image: node:10.15.0 pipelines: default: - step: script: - npm install - sleep 10 # wait for cassandra - npm test services: - cassandra definitions: services: cassandra: image: cassandra variables: MAX_HEAP_SIZE: '512M' # Need to restrict the heapsize or else Cassandra will OOM HEAP_NEWSIZE: '128M'

Cassandra は localhost:9042 で利用できます。

データベースを構成済みの Docker イメージを使用する

データベース用に独立したコンテナを実行する手順 (推奨手順) の代替案として、データベースをインストール済みの Docker イメージを使用できます。Node や Ruby の次のイメージはデータベースを含み、他の言語やデータベース用に拡張可能です。

    最終更新日 2021年06月 8日)
    次でキャッシュ 2:04 AM on Nov 27, 2021 |

    その他のヘルプ