マークアップでコメントを設定する

コメント、課題、またはコミット メッセージから直接、Bitbucket Cloud の課題、リクエスト、ユーザーを参照できます。参照を作成する際、コメントまたは課題を保存すると、Bitbucket は自動的にそのオブジェクトへのリンクを作成します。また、個人またはワークスペース アカウントをメンションしたり、絵文字を挿入したりすることもできます。

課題、プル リクエスト、コミットなどのリポジトリ固有の項目の場合、Bitbucket オブジェクトへの参照は常に現在のリポジトリを参照します。 例えば、repoAlpha でプル リクエストにコメントを追加する際、repoBeta 内の課題にリンクさせることはできません。  

見出しやコード参照などの特定の形式を追加したい場合、任意のコメント欄でサポートされている Markdown 構文を使用できます。

Markdown の簡単な概要

Markdown 構文を使用すると、複雑なコメントを作成できます。Markdown は、手動で入力するか、コメント バーを使用して適用できます。

Python-Markdown でサポートされる拡張子: codehilitetablesdef_listdelfootnotesheaderidsane_listsabbrfenced_codetocwikilinks

Markdown では <table> タグなどの任意 html はサポートされません。

コメントおよびコミット メッセージから Bitbuket オブジェクトにリンクする

Issue

構文: issue #number

指定された課題へのリンク。次の引数をサポートします。

引数

説明

必須かどうか

Number (番号)

課題番号

はい

コミット メッセージに特定のキーワードを含めることで、課題をクローズしたり再オープンしたりすることができます。詳細については、「ユーザーがコードをプッシュしたときに課題を自動的に解決する」を参照してください。

:

issue #88

以下が出力されます。

1 issue #88

Pull request

構文: pull request #number

指定されたプル リクエストへのリンク。次の引数をサポートします。

引数

説明

必須かどうか

Number (番号)

リクエスト番号

はい

:

pull request #1541

以下が出力されます。

1 pull request #1541

チェンジセット

構文:  HEX_CHARS

指定されたチェンジセットへのリンク。システムはチェンジセット ハッシュも自動的にリンクします。次の引数をサポートします。

引数

説明

必須かどうか

hashvalue

チェンジセットのハッシュ。

はい

:

9cc27f2

アカウントまたはメール

構文: @accountname または @emailaddress

指定された accountname のプロファイルへのリンク。次の引数をサポートします。

引数

説明

必須かどうか

accountname または emailaddress

個人またはユーザー アカウントの名前。メール アドレスを指定することもできます。

はい

:

@tutorials

@manthony@atlassian.com

絵文字

構文:  :emoji:

指定された絵文字を表示します。サポートされている絵文字の一覧は提供していません。使用したい絵文字がある場合、それをテストする必要があります。Bitbucket ユーザーの 1 人である David Coffey が、利用可能な絵文字の一覧を作成しています。 

この構文は次の引数をサポートします。

引数

説明

必須かどうか

絵文字

絵文字の名前。

はい

:

:mask:

最後に、Jira Software や他のサービス (Jenkins など) へのリンクを作成した場合、これらの「リンカー」に対する参照を入力することもできます。リンカーの使用と作成についての詳細は、「Web サービスへのリンク」を参照してください。

最終更新日 2020 年 8 月 24 日
次でキャッシュ 1:39 AM on Oct 16, 2021 |

その他のヘルプ