製品のリリース トラックを管理する

この機能は、Premium と Enterprise の各プランの Jira Software、Jira Service Management、Confluence で利用できます。

リリース トラックでは、あなたとそのユーザーが Jira Software、Jira Service Management、Confluence の変更と新機能を受け取るタイミングを決定します。

追跡オプション

説明

変更に含まれるもの

継続的

変更と機能が利用可能になると、すぐに製品に適用されます。初期設定では、製品は継続的なリリース トラックになります。

すべての変更。

バンドル

製品は、毎月第 2 火曜日にグループとして変更を受けます。

ユーザーが取り組み方を調整する必要があるが、組織には大きな影響を与えない可視化される変更。以下に例を示します。

  • ボタンの移動

  • ユーザーが完了しなければならない新しいタスク

  • 新しい設定

  • Jira ワークフローの新しいステップ

確認できる変更は長期間にわたって公開されるため、バンドルされたトラックには含まれません。これらの変更は、製品や機能の削除、大規模かつ重要な変更である可能性があります。大規模かつ重要な変更の例として、次のような移動が含まれます。

  • Jira の新しい課題エクスペリエンスへの移動

  • Confluence のファブリック エディタへの移動

バグ修正と、セキュリティとパフォーマンスの各アップデートは、利用可能になると常にすぐ公開されます。

現在、Opsgenie を搭載した Jira Service Management 機能は、バンドルされたトラックには含まれていません。

製品のリリース トラックを変更する

リリース トラックを変更するには:

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [製品] > [リリース トラック] の順に選択します。

  3. テーブルの中から製品を検索して [トラックを変更] を選択します。

  4. トラックを選択し、[次へ] を選択します。

  5. [確認] を選択します。

製品ナビゲーションのリリース トラック画面

製品をバンドルされたトラックに切り替えると、スコープにあるすべての変更の公開を停止して、次のバンドルが公開されるまで保持します。

製品をバンドルされたトラックから継続的なトラックに変更すると、数分以内に変更の受け取りを開始します。

製品の変更点を表示する

リリース トラック ページまたはメールから、製品に対するすべての変更を確認できます。

[リリース トラック] ページから製品の変更点を表示するには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [製品] > [リリース トラック] の順に選択します。

  • バンドルされたトラックの製品については、リリース トラック テーブルの [次のリリース] または [最新リリース] でリリースを選択します。

  • 継続的なトラックの製品については、Cloud リリース ブログをご参照ください。

バンドルされたトラックに製品が登録されると、今後の製品の変更と製品が変更を受け取る日付を毎月メールでお知らせします。

バンドルされたリリースのロール アウトには最大 3 日を要します。

サンドボックスのリリース トラックを構成する

サンドボックスによって、変更点をテストして実験する環境を作成できます。本番環境と同じリリース スケジュールにサンドボックスを設定したり、本番環境より早く変更を取得するようにトラックの組み合わせを設定したりできます。サンドボックスの詳細をご確認ください。 

本番環境に展開する前に、サンドボックスで変更を実験することをお勧めします。バンドルされたトラックを本番環境に選択して、リンクされたサンドボックスの継続的なトラックまたはプレビュー トラックを選択します。

本番環境

サンドボックス

結果

バンドルされたトラック

継続的トラック

本番環境は、毎月第 2 火曜日にグループとして変更を受け取ります。

サンドボックスでは、すべての変更と機能が利用可能になると同時に受け取ります。 

バンドルされたトラック

プレビュー トラック

本番環境は、毎月第 2 火曜日にグループとして変更を受け取ります。

サンドボックスは本番環境にリリースされる 1 か月前に、バンドルされたトラックと同じ変更を受け取ります。

本番環境を連続トラックに配置してサンドボックスをプレビューまたはバンドルされた各トラックに配置することを選択した場合は、本番環境がサンドボックスの前に変更されます。

現在、Opsgenie を搭載した Jira Service Management 機能は、バンドルされたリリース トラックやプレビュー リリース トラックには含まれていません。

その他のヘルプ