バックアップ ポリシーを作成し、バックアップを実行する

バックアップと復元は、限られた数のお客様が、アーリー アクセス プログラム (EAP) を通じて利用できます。

バックアップと復元の今後のリリースについてご質問がある場合は、アカウント担当者にお問い合わせください。

バックアップを実行すると、Jira または Confluence 製品データのコピーがアトラシアン ストレージに保存されます。
データが失われたり、破損したり、アクセスできなくなったりした場合は、このコピーを使用して 14 日以内に製品データを復元できます。

7 日に 1 回、新しいバックアップを実行できます。バックアップが失敗したり不完全だったりした場合は、完全なバックアップが得られるまで、必要な回数だけバックアップを再実行できます。バックアップの制限に関する詳細

新しいバックアップ ポリシーの作成

初めてバックアップを実行する前に、製品のバックアップ ポリシーを作成する必要があります。ポリシーには、バックアップ対象として選択する製品と、バックアップに添付ファイルを含めるかどうかが含まれます。

新しいバックアップ ポリシーを作成する方法。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [設定] > [データ管理]を選択します。

  3. [バックアップと復元] を選択します。

  4. これが初めてのバックアップ ポリシーの場合は [バックアップ ポリシーの作成] を選択し、それ以外の場合は [新しいバックアップ ポリシーの作成] を選択します。

  5. バックアップする製品を選択します。組織が保有している製品のみが、ここにリストされます。リストに表示されていない製品がある場合は、自分が EAP に登録済みで、組織の管理者権限があることを確認してください。

  6. バックアップに添付ファイルを含めるかどうかを選択し、[次へ] を選択します。

  7. バックアップ ポリシーを確認して、[バックアップを実行] を選択します。

成功すると、バックアップが開始され、製品の新しいバックアップ ポリシーがバックアップ ポリシー テーブルに追加されます。

バックアップを実行

製品のバックアップを初めて実行するとき、その設定がバックアップ ポリシーとして保存されます。今後、同じ製品のバックアップを実行するときは、既存のポリシーを再利用します。

最後の完全バックアップから 7 日後に新しいバックアップを実行できます。

同じバックアップをもう一度実行する方法。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [設定] > [データ管理]を選択します。

  3. [バックアップと復元] を選択します。

  4. バックアップ ポリシーの表で、バックアップする製品を含むポリシーを見つけます。[詳細を表示] を選択します。

  5. [バックアップを実行] を選択します。

  6. バックアップに添付ファイルを含めるかどうかを選択します。

  7. バックアップするデータを確認し、[確認] を選択します。

新しい製品のバックアップを実行するには、前のセクションの手順に従って新しいポリシーを作成します。バックアップに含まれる製品データをご確認ください。

バックアップ ステータス

各バックアップは次のいずれかのステータスを持ちます。

  • 進行中 - バックアップはまだ進行中です

  • 完全 - バックアップの実行は終了し、完了しています

  • INCOMPLETE - the backup has finished running, and is missing some attachments in the case of Jira products, or missing some spaces in the case of Confluence

  • 有効期限切れ - バックアップを実行してから 14 日が経過しており、バックアップは利用できなくなっています

  • 失敗 - バックアップは失敗しています

完全なバックアップのみを復元することをお勧めしますが、不完全なバックアップを復元することもできます。進行中有効期限切れ失敗のバックアップは復元できません。バックアップから復元する方法をご確認ください。

バックアップ ポリシーの詳細

バックアップ ポリシーの詳細を表示する手順は以下のとおりです。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [設定] > [データ管理]を選択します。

  3. [バックアップと復元] を選択します。

  4. バックアップ ポリシーの表で、バックアップする製品を含むポリシーを見つけます。[詳細を表示] を選択します。

バックアップ ポリシーの詳細には次の情報が含まれます。

  • バックアップされた製品

  • 利用可能なバックアップの数 (過去 14 日間に作成されたすべての完全なバックアップ不完全なバックアップ)

  • 最後に実行されたバックアップの日時とステータス

  • The products included in the backup policy. If you chose to back up Jira Software and Jira Work Management, both are included in the backup policy. Jira Service Management is partially supported, so the customers are included in the backup, but not the data. What is the Jira family of products?

  • 最近のすべてのバックアップのリスト: バックアップの日時、ステータス、バックアップを実行した管理者、添付ファイルが選択されているかどうか、バックアップの有効期限、バックアップが復元可能な場合は復元リンク

 

その他のヘルプ