クラウド間移行においてユーザーとグループを管理する方法

2024 年 1 月より、 Jira クラウド間移行機能の名前が「製品データのコピー」に変わります。この機能をアトラシアンの管理(admin.atlassian.com)に移行することで、Confluence のクラウド間データ・コピーとともに統一されたエクスペリエンスを実現します。

変更は徐々に導入されるため、Jira Cloud にログインして [システム > [設定] > [クラウド サイトの移行] を選択してもこの機能にアクセスできない場合は、admin.atlassian.com にアクセスして以下を選択することをお勧めします。

[設定] > [データ管理] > [製品データをコピー]

製品データのコピー機能にアクセスして使用するには、組織の管理者権限が必要です。

この変更の詳細を見る

 

クラウドでのユーザー管理

クラウド内のユーザーはメール アドレスに関連付けられた Atlassian アカウントを 1 つ持っており、これを使用してアトラシアンのクラウド製品にアクセスできます。つまり、クラウド間移行でユーザーを移行する場合は、移行先サイトで新しいユーザー アカウントは作成不要です。代わりに、ユーザーに関連するすべてのデータとアクティビティが既存の Atlassian アカウントにリンクされます。Atlassian アカウントについて詳細を確認する

Jira Service Management プロジェクトを移行に含めると、カスタマーおよびカスタマー組織が Jira Cloud の 1 つのインスタンスから別のインスタンスに移動されます。Jira Service Management のカスタマーおよびカスタマー組織を移動する方法について確認する

ユーザーとグループを移行する方法

すべてのアクティブ/非アクティブなユーザーに加えて、削除されたユーザーに関連付けられているコンテンツも移行されます。選択可:

  • 削除されたユーザーを含む、すべての Jira ユーザーとグループを移行する: 削除されたユーザーは、旧ユーザーとして表示されます。これにはプロジェクト ロールも含まれます。ユーザーとプロジェクト ロールの関係は保持されます。

  • 選択したプロジェクトに関連するユーザーとグループを移行する: 標準フィールドまたはカスタム フィールド、ユーザー生成コンテンツ、ワークフロー、権限スキームで参照されているすべてのユーザー、グループ、またはロールを移行します。プロジェクト内で直接参照されないものの、プロジェクト内で参照されるグループのメンバーであるユーザーを移行するオプションも用意されています。

さらに、次のオプションもご利用になれます。

  • ユーザーとグループを個別に移行する (移行後にユーザーをそれぞれのグループに追加して、製品アクセスを付与する必要があります)。

  • ユーザーをグループごと移行する: ユーザーは移行前に所属していたすべてのグループに残り、ただちに製品アクセスを獲得します。グループと権限の移行に関する情報をご確認ください。

同じ移行元インスタンスから同じ移行先インスタンスへの移行をもう一度実行しても、すべてのユーザーとグループが再移行されるわけではありません。代わりに、前回の移行以降に移行元インスタンスに追加された新しいユーザーとグループのみが移行されます。

サイト管理者と組織管理者のグループは移行されません。したがって、これらのグループへの参照はすべて、移行先サイトにおいて移行前に手動で作成された場合にのみ移行されます。

ユーザーの通知

別のサイトにユーザーを移行しても、そのユーザーにメール通知は送信されません。準備ができたら、移行先サイトから [管理] > [ユーザー] > [招待を再送] の順に選択して、ユーザーを招待できます。また、移行先サイトへのリンクをユーザーに提供してユーザーが直接ログインできるようにもできます。ユーザーの招待に関する詳細についてご確認ください

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。