クラウド間移行においてユーザーとグループを管理する方法

クラウド製品のユーザー管理

クラウド内のユーザーはメール アドレスに関連付けられた Atlassian アカウントを 1 つ持っており、これを使用してアトラシアンのクラウド製品にアクセスできます。つまり、クラウド間移行でユーザーを移行する場合は、移行先サイトで新しいユーザー アカウントは作成不要です。代わりに、ユーザーに関連するすべてのデータとアクティビティが既存の Atlassian アカウントにリンクされます。

ユーザーとグループを移行する方法

現在、クラウド間移行ではすべてのユーザーとグループが移行されます。すべてのアクティブ/非アクティブ ユーザーに加えて、削除されたユーザーに関連付けられているコンテンツも移行されます。ただし、ユーザーとグループは別々に移行するため、移行後にユーザーをそれぞれのグループに追加して、製品へのアクセス権限を付与する必要があります。今後のリリースでは、グループ メンバーシップを保持するオプションを提供する予定です。ユーザーは移行前に所属していたすべてのグループに属したまま移行されて、製品へのアクセス権もただちに付与されます。ユーザーへの製品アクセス権の付与に関する詳細についてご確認ください。

同じ移行元サイトから同じ移行先サイトへの移行をもう一度実行しても、すべてのユーザーとグループが再移行されるわけではありません。代わりに、前回の移行以降に移行元サイトに追加された新しいユーザーとグループのみが移行されます。

ユーザーに通知する

別のサイトにユーザーを移行しても、そのユーザーにメール通知は送信されません。準備ができたら、移行先サイトから [管理] > [ユーザー] > [招待を再送] の順に選択して、ユーザーを招待できます。また、移行先サイトへのリンクをユーザーに提供してユーザーが直接ログインできるようにもできます。ユーザーの招待に関する詳細についてご確認ください

その他のヘルプ