Confluence Data Center と Cloud の管理上の違い

このページでは、Confluence Cloud に移行時に Confluence Data Center または Server 管理者が経験すると予想される違いを概説します。次に示す機能の一部は複数の製品に適用されます。

ユーザーにとって Cloud はどのような違いがあるかについては、Cloud 導入ツールキットをご確認ください。

管理者ロール


管理者グローバル権限

Cloud では動作が異なります。

違い

Confluence Data Center と Server には「Confluence 管理者」と「システム管理者」という 2 レベルのグローバル管理者権限がありましたが、Cloud ではロールをユーザーとグループに割り当てます。ロールにはユーザー、製品管理者 (「Confluence 管理者」グローバル権限に相当)、組織管理者 (「システム管理者」グローバル権限に似ていますが、Confluence だけでなく組織で使用しているすべての製品のユーザー ディレクトリ、セキュリティ設定、請求詳細、その他の設定を管理する権限がある) があります。

Cloud における動作

ユーザーに管理者権限を付与する

影響を受けるユーザー

組織と製品の各管理者
Confluence


アプリと連携


アプリをファイルからインストールする

Cloud では動作が異なります。

違い

アプリをインストールできるのは Atlassian Marketplace からのみです。ファイルをアップロードすることではアプリはインストールできません。これには、自分で構築した、または Server や Data Center 用に設計されたアプリが含まれます。独自のアプリを開発する場合は、Forge または Connect の各プラットフォームによってアプリを構築できます。アプリを公開することで他のユーザーが使用できるように、またはシークレット トークンによって非公開で表示できます。

Cloud における動作

Forge を始める

Connect を始める

影響を受けるユーザー

組織管理者
Confluence、Jira Software、Jira Service Management


Team Calendars

選択したプランで Cloud で利用できます。

違い

以前、Team Calendars は Confluence Server の有料アプリとして利用できて Confluence Data Center にバンドルされていましたが、Cloud では Confluence Premium と Enterprise の各プランで利用できます。Confluence コンテンツを移行する際に、カレンダー データは移行内容に含まれません。保持するカレンダーは、.ics 形式でエクスポートして再びインポートする必要があります。  

Cloud における動作

Team Calendars for Confluence を使用する

影響を受けるユーザー

組織管理者
Confluence


監査とガバナンス


監査ログ

Cloud では動作が異なり、追加のサブスクリプションが必要になる場合があります。

違い

すべての有料の Confluence プランで利用できる監査ログは、Confluence Server で提供される監査ログと似ています。ただし、Cloud 監査ログには、Confluence Data Center のように詳細なカバレッジ領域やレベルを設定する機能はありません。Enterprise プランまたは Atlassian Access サブスクリプションでは、ユーザー管理と組織レベルのイベントに関する追加の監査ログを利用できます。

Cloud における動作

監査ログの表示

影響を受けるユーザー

組織管理者
Confluence


ピープル ディレクトリ

Cloud では動作が異なります。

違い

組織にいるすべてのユーザーがリストされるピープル ディレクトリでは、ユーザーをチームにグループ化してユーザーを共有またはメンションできます。Cloud では、ピープル ディレクトリを非表示またはアクセスを制限できません。

Cloud における動作

ユーザーやチームの検索

影響を受けるユーザー

組織と製品の各管理者
Confluence、Jira Software、Jira Service Management


メールとメール サーバー


送信メール サーバー

Cloud では動作が異なります。

違い

Confluence Data Center と Server では独自に用意したメール サーバーに接続していましたが、ご利用の Cloud アプリには、通知を送信するように構成済みの内部 SMTP サーバーが付属しています。内部 SMTP サーバーは構成できません。

Cloud における動作

N/A

影響を受けるユーザー

組織と製品の各管理者
Confluence


一般管理


添付ファイルのストレージ

Cloud では動作が異なります。

違い

初期設定では、添付ファイルの最大ファイル サイズは 100MB です。この制限は設定できます。プランによっては、ストレージ制限が適用される場合があります。

Cloud における動作

添付ファイルのサイズを設定する

影響を受けるユーザー

組織管理者
Confluence


バックアップ

Cloud では動作が異なります。

違い

バックアップは Cloud で管理されます。必要な場合は、データの XML エクスポートも作成できます。

Cloud における動作

ストレージを追跡し、製品間でデータを移動する

影響を受けるユーザー

組織と製品の各管理者
Confluence、Jira Software、Jira Service Management


ベース URL

Cloud では動作が異なります。

違い

Cloud サイトには example.atlassian.net からアクセスできます。example は、サインアップ時に指定する一意の識別子です。有料プランをご利用の場合はこの ID を変更できますが、atlassian.net ドメインは変更できません。

Cloud における動作

製品 URL を新しい URL に更新する

影響を受けるユーザー

組織と製品の各管理者
Confluence、Jira Software、Jira Service Management


コンテンツ インデックス管理

Cloud では不要です。

違い

Cloud ではインデックス作成の動作が異なり、インデックスの手動管理は不要です。検索結果に問題がある場合は、アトラシアン サポートがサイトを調査して必要に応じてサイトを再インデックスします。

Cloud における動作

N/A

影響を受けるユーザー

組織と製品の各管理者
Confluence


外部ユーザー ディレクトリ

Cloud で利用できますが、追加のサブスクリプションが必要な場合があります。

違い

別の Cloud もしくは Server のインスタンス、または Data Center インスタンスによってユーザー管理はできません。ID プロバイダーや LDAP ディレクトリからユーザーをプロビジョニング、または G Suite などのサービスに接続するなど、ユーザーの管理にはさまざまなオプションがあります。こうした機能の一部では、Enterprise プランまたは Atlassian Access サブスクリプションが必要な場合があります。  

Cloud における動作

ユーザー プロビジョニングの構成

Atlassian Access について理解する

影響を受けるユーザー

組織管理者
Bitbucket、Confluence、Jira Software、Jira Service Management


モバイル アプリとアプリ管理

Cloud では動作が異なります。

違い

サーバー アプリによって Cloud 製品には接続できません。ユーザーは Cloud 専用モバイル アプリをインストールする必要があります。アプリで利用できる機能は Server や Data Center の各アプリと同様です。MAM (モバイル アプリ管理) と MDM (モバイル デバイス管理) は統合できますが、Enterprise プランまたは Atlassian Access サブスクリプションが必要になる場合があります。

Cloud における動作

Atlassian モバイル アプリのモバイル アプリ管理 (MAM)

Atlassian モバイル アプリのモバイル デバイス管理 (MDM)

影響を受けるユーザー

組織管理者、製品管理者、ユーザー
Confluence、Jira Software、Jira Service Management


読み取り専用モード

Cloud では不要です。

違い

トラブルシューティングまたはアップグレードやその他のメンテナンスの準備のために、読み取り専用モードでは Confluence Data Center サイトを読み取り専用にできました。Cloud では、必要なすべてのメンテナンスとアップグレードを予定されたメンテナンス時間内で実行します。

Cloud における動作

アトラシアンの組織で行った製品の変更を管理する

影響を受けるユーザー

組織管理者
Confluence


シングル サインオン

Cloud で利用できますが、追加のサブスクリプションが必要な場合があります。

違い

Enterprise プランまたは Atlassian Access をご利用の場合は、シングル サインオンを利用できます。IdP (ID プロバイダー) の接続手順は Data Center で行った手順と同様です。

Cloud における動作

組織のユーザーのシングル サインオンを構成する

影響を受けるユーザー

組織管理者
Bitbucket、Confluence、Jira Software、Jira Service Management


スパム対策

Cloud では動作が異なります。

違い

Confluence Cloud では、CAPTCHA が初期設定で無効になっています。サイトが公開されていて匿名ユーザーにコメントやコンテンツの作成を許可する場合は、アトラシアン サポートが CAPTCHA を有効化できます。

Cloud における動作

スパム防止用に Captcha (キャプチャ) を設定する

影響を受けるユーザー

組織管理者
Confluence


アップグレード

Cloud では不要です。

違い

すべての必要なメンテナンスとアップグレードを予定されたメンテナンス時間内で実行します。ニーズに最も適したリリース トラックを選択して、本番環境インスタンスの前に変更を取得するサンドボックス インスタンスを作成できます。

Cloud における動作

メンテナンス時間を追跡する

製品のリリース トラックを管理する

製品サンドボックスを管理する

影響を受けるユーザー

組織管理者
Confluence、Jira Software、Jira Service Management


ルック アンド フィール


レイアウトと CSS

Cloud では動作が異なります。

違い

Confluence Server や Data Center で行っていたような方法で CSS またはレイアウト ファイルを編集してサイトの外観を変更はできませんが、テーマ アプリをインストールすることでサイトの外観を大幅に変更、さらには独自のテーマ アプリを開発できます。

Cloud における動作

Confluence Cloud のルック アンド フィールを変更する

影響を受けるユーザー

組織管理者
Confluence


ページとスペース


ファイルをディスクからインポートすることでページを作成する

Cloud では利用できません。

違い

Confluence Data Center と Server では、スペース管理者はホーム ディレクトリに保存されているテキスト ファイルからページを作成できましたが、Confluence Cloud ではサーバーにアクセスできないため、このオプションは利用できません。ただし、Word 文書をブラウザーからインポートすることでページを作成できます。

Cloud における動作

コンテンツを Confluence Cloud にインポートする

影響を受けるユーザー

製品とスペースの各管理者
Confluence


ユーザーマクロ

Cloud では利用できません。

違い

ユーザー マクロは Confluence Cloud では作成できません。これは、ユーザー マクロによって HTML と JavaScript を実行できますが、パフォーマンスとセキュリティに影響する可能性があるためです。独自のマクロを開発する場合は、Forge または Connect の各プラットフォームによってアプリを構築のうえ、Marketplace に追加してください。アプリを公開することで他のユーザーが使用できるように、またはシークレット トークンによって非公開で表示できます。

Cloud における動作

ダイナミック コンテンツ マクロの作成

影響を受けるユーザー

組織と製品の各管理者
Confluence


制限されたページを表示する

Cloud では動作が異なり、追加のサブスクリプションが必要になる場合があります。

違い

Confluence Data Center と Server では、confluence-administrators スーパー グループのメンバーは制限されたページとスペースを表示できました。Confluence Cloud Premium と Enterprise の各プランでは、管理者キーによって制限されたコンテンツの表示をリクエストできます。リクエストは作成者に通知されて、アクションは監査ログに記録されます。

Cloud における動作

管理者キーを使用してページにおけるアクセス制限を迂回する

影響を受けるユーザー

製品管理者
Confluence


ユーザー向け表示の違い

このページでは、管理者に影響のある主な違いを重点的に説明します。ただし、ユーザーに影響を与える違いは他にもあります。そのような違いについては、チームの変更管理やオンボーディング アクティビティの計画時に考慮することをお勧めします。

エンド ユーザー向けの Cloud の違いと最適なセットアップ方法に関する詳細については「Cloud 導入ツールキット」をご確認ください。


エディタ

Cloud では動作が異なります。

違い

Confluence Cloud のエディターは、従来のエディターである Confluence Data Center や Server のエディターよりも遥かに先進的でユーザー フレンドリーです。従来のエディター テンプレートを特に選択しない限り、新しいページは新しいエディターによって作成されます。Confluence Cloud に移行する際に、新しいエディターで利用できない書式設定やマクロ データが失われないように既存のページでは従来のエディターが使用されて、ページごとに新しいエディターに変換するかどうかを選択するオプションが表示されます。

Cloud における動作

ページの作成、編集、公開

Confluence Cloud エディタのロードマップ

影響を受けるユーザー

ユーザー
Confluence


マクロ

Cloud では動作が異なります。

違い

Confluence Cloud でのマクロの動作は、Confluence Data Center および Server よりも遥かにユーザー フレンドリーです。マクロはスラッシュ (/) コマンドによって追加されます。その多くはプレースホルダーとしてではなく、エディターで視覚的にレンダリングされます。マクロによっては結合されているものや、利用できないものがあります。さらに大きな違いとして、ネストできないマクロがあります (例: コード マクロをパネル マクロ内に配置できない)。Confluence Data Center および Server のマクロの多くは、レガシー エディターのテンプレートと移行したコンテンツで引き続き利用できます。

Cloud における動作

マクロとは

削除されるマクロについて学ぶ

影響を受けるユーザー

ユーザー
Confluence


Companion によってファイルを編集する

Cloud では利用できません。

違い

Confluence Data Center と Server では、Companion アプリによって互換性のある任意のアプリで添付ファイルを編集できました。このオプションは Confluence Cloud では利用できません。添付ファイルを編集するには、ファイルをダウンロードして互換性のあるアプリで編集のうえ、ページに手動で再アップロードしてください。

Cloud における動作

N/A

影響を受けるユーザー

ユーザー
Confluence


ページと子ページを削除する

Cloud では利用できません。

違い

Confluence Server や Data Center では、現在のページまたは現在のページと子ページを削除できました。この機能は Confluence Cloud では利用できません。1 ページずつゴミ箱に移動する必要があります。ただし、特定のプランではページとそのすべての子ページをアーカイブできます。

Cloud における動作

ページを削除、復元、または完全に削除する

ページをアーカイブする

影響を受けるユーザー

ユーザー
Confluence


選択にお困りの場合は

クラウドと Data Center のどちらが自分たちの組織に適しているかをまだご検討中の場合は、比較ページでそれぞれのメリットをご確認ください。

Cloud と Data Center の比較

 

その他のヘルプ