重複したメール アドレスを修正する

Cloud では、すべてのユーザーが一意のメール アドレスを所有する必要があります。この評価では、他のユーザーとメール アドレスを共有しているすべてのユーザーが表示されます。

はじめる前に

始める前に、以下の情報を確認してください。

無効なメール アドレスを修正するためのベスト プラクティス

移行アシスタントを使用した重複したメール アドレスの修正は、古いアカウントや重要でないアカウントの問題を解決するために実行します。Cloud を使用する実際のユーザーは、ユーザー ディレクトリ内で更新する必要があります。

移行のためのユーザーの評価と準備に関する詳細を確認する

修正は Jira Cloud Migration Assistant を使用して移行した場合にのみ適用される

移行時にユーザーを修正するオプションを選択した場合、修正は Jira Cloud Migration Assistant の [移行対象を選択] オプションを使用して移行した場合にのみ適用されます。以下の場合、修正は適用されません。

  • Jira Cloud Migration Assistant の [Migrate all data at once (すべてのデータを一度に移行する)] オプション (現在開発中)

  • Jira サイト インポート

Active Directory

アクティブ ディレクトリが Jira に接続している場合は、アクティブ ディレクトリ内で重要なユーザーを修正し、残りのユーザーに [重複するユーザーをマージ] オプションを適用することをお勧めします。同じメール アドレスを持つユーザーを 1 人のユーザーとして扱い、移行することで、ディレクトリを Cloud と同期した際の問題を回避できます。

または、別の構成で、新しいメール アカウントを作成するオプションを選択することもできます。アクティブ ディレクトリ と Cloud で同じユーザーが異なるメール アドレスを持っていると、次の問題が発生する可能性があります。

  • Cloud では、ユーザーはメール アドレスで照合されるため、ディレクトリのユーザーは、新しいメール アドレスを保有する移行先のアカウントにはリンクされません。

  • ディレクトリ内のユーザーのメール アドレスを後で修正し、そのメール アドレスがここで生成されたメール アドレスと異なる場合は、新しいアカウントとしてプロビジョニングされます。

移行時におけるオプションの変更

重複したメール アドレスについては、1 つのオプションを選択したら、移行がすべて完了するまでオプションを変更しないでください。移行中 (一部のプロジェクトのみを移行した後) にオプションを変更すると、データが不整合になり、一部のユーザーが Cloud で重複する可能性があるため、避ける必要があります。オプションを変更する必要がある場合は、以下の記事を参照してリスクを確認してください。

重複したメール アドレスの修正時におけるオプションの変更について詳しく確認する

移行時にユーザーを自動的に修正するオプションを選択する

重要なユーザーを特定してユーザー ディレクトリで更新したら、移行時に残りのユーザーを修正する自動オプションの 1 つを選択します。

  • 変更は、元のユーザーではなく、Cloud で作成されたユーザーに適用されます。

  • 変更はすぐには適用されず、移行を開始した後にのみ適用されます。

移行アシスタントで利用できるオプション

以下に、選択できるオプションの概要を示します。


何もしない

何も変更しません。ユーザー ディレクトリのユーザーを更新しない限り、移行はブロックされます。


重複するユーザーをマージ

同じメール アドレスを共有する複数のユーザーを 1 つのアカウントにマージします。

  • 1 つのアカウントがメイン アカウントとしてランダムに選択され、残りのアカウントのコンテンツとアクティビティを保有します。

  • 権限とグループもマージされます。1 人のユーザーが管理者権限を持っていた場合、マージされたアカウントは Cloud で引き続き権限を保有します。これには、Server または Data Center で無効化されたアカウントも含まれます。

  • ユーザー プロファイルはマージされないため、アバターや設定は含まれません。

Server または Data Center

がクラウドにあること

  • charlie1 (user@atlassian.com)

  • charlie2 (user@atlassian.com)

  • user@atlassian.com (charlie1 には charlie2 のコンテンツとアクティビティが含まれます)


重複するユーザーを特定の日付までにマージ

最後にログインした日付が選択した日付より前のユーザー、またはログインしたことがないユーザー:

  • 1 つのアカウントにマージされます。詳細については、上記の「重複するユーザーをマージ」のオプションを参照してください。

選択した日付以降にログインしたユーザー:

  • 事前生成されたメール アドレスを受け取り、個人のアクティブ ユーザーとして移行されます。詳細については、以下の「Create new emails (新しいメールアドレスを作成)」のオプションを参照してください。


Create new emails (新しいメールアドレスを作成)

ユーザーは、移行をブロックしない、有効で一意の事前生成されたメール アドレスを受け取ります。そのようなメール アドレスを保有するユーザーの特徴は以下の通りです。

  • アクティブな個人ユーザーとして移行される

  • 製品にアクセスできるグループに移行された場合は、ライセンスを消費します

  • コメントや履歴などのすべてのアクティビティを保持し、名前で正しく表示されます

  • メール アドレスにアクセスできないため、ログインできません

このオプションは、ユーザーのアクセスではなく、ユーザーの ID を維持するために使用します。メール アドレスは、userID とユーザー ディレクトリで最も一般的なドメインに基づきます。

Server または Data Center

がクラウドにあること

  • charlie1 (user@atlassian.com)

  • charlie2 (user@atlassian.com)

  • useri_10101@atlassian.com (charlie1)

  • useri_10102@atlassian.com (charlie2)


ユーザーを CSV ファイルに基づいて更新

重複したユーザーのリストを含む CSV ファイルをダウンロードして、修正したファイルをアップロードし直すことができます。これにより、上記のオプションをさらにきめ細かく適用できます。たとえば、大多数のユーザーに対して新しいメール アドレスを生成または入力しつつ、旧ユーザーとして移行する必要がある一部のユーザーを選択できます (重複したユーザーの場合、このオプションは CSV ファイルを使用する場合にのみ使用できます)。

CSV ファイルに基づいたユーザーの更新について確認する


次のステップ

[変更を確認] を選択し、更新された結果を表示します。そうすることで、アシスタントで作成したすべての移行に変更を適用するオプションを利用できます。移行を開始すると、Cloud で作成されたユーザーに、ここで選択した変更が反映されます。

 

その他のヘルプ