Server と Data Center のお客様向けクラウド移行トライアル

クラウド移行トライアルは、Cloud への移行を希望する Atlassian Server と Data Center のお客様を対象としています。これらは、Server または Data Center サブスクリプションのユーザー階層と残りの有効期間(最大 12 か月)と一致するトライアル用 Cloud ライセンスなので、移行プロセスでライセンスを二重払いすることはありません。

Cloud 移行トライアルは次の目的で使用することをお勧めします。

  • 評価: 機能の違いをテストして新しい Cloud 機能を試用する。

  • 概念実証を作成: 移行の概念実証を構築、初期プロジェクトをセットアップ、またはビジネス ケースを社内関係者と構築。 

  • テスト: 完全な本番環境で、無制限で複数のテスト移行を実行します。

  • 移行: データをクラウドに移行します。移行完了後に、新しい本番サイトとして維持する予定の URL でご登録ください。

Cloud 移行トライアルは、現在の Server ライセンスには一切影響しません。このトライアルで Cloud にアクセスして評価を行うために、新しい URL (yoursitename.atlassian.net) を作成します。

使用可能な製品とプラン

Cloud 移行トライアルは次で利用できます。

  • Jira Work Management Cloud (サーバーでは Jira Core と呼称)

  • Jira Software Cloud

  • Jira Service Management Cloud

  • Confluence Cloud

  • 選択した Marketplace アプリ

Jira Work Management は Standard プランでのみご利用になれます。Jira Software、Jira Service Management、Confluence は、Standard プランと Premium プランを提供しています。Enterprise プランを試用するには、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Cloud 移行トライアルの利用資格

Server と Data Center のお客様は、アトラシアン製品と一部の Marketplace アプリの両方で、クラウド移行トライアルを無料で利用できます。トライアルは既存のサポート資格番号 (SEN) に関連付けられて、現在の保守期間に統一されます。

  • トライアル期間: クラウド移行トライアルは、Server ライセンスまたは Data Center サブスクリプションの残りの期間中継続します。Server ライセンスまたは Data Center サブスクリプションの期間が終了すると、トライアルも終了します。これは、オプトインしている Marketplace パートナーの製品とアプリの両方に当てはまります。

  • トライアルに含まれるユーザー階層: トライアルは現在のユーザー階層と同じ数をご利用になれます (最大 20,000 ユーザー)。ユーザー数が 20,000 人を超えており、アトラシアンのクラウド製品のトライアルをご希望の場合はお問い合わせください

  • トライアルの対象となるユーザー階層: 対象となるには、11 人以上のユーザーがいる商用ライセンスまたはアカデミック ライセンスが必要です。スターター階層 (10 ユーザー以下) とコミュニティ ライセンスの所有者は対象外となります。この場合は、アトラシアンの Free Cloud プランの試用をお勧めします。Free Cloud プランの詳細をご確認ください。

  • 期限切れのライセンス: Server 保守または Data Center ライセンスの残り期間が 60 日未満の場合、または保守が失効しているか、期限切れになっている場合でも、60 日間のクラウド移行無料トライアルをご利用になれます。これはアトラシアン製品にのみ適用されます。Marketplace アプリの場合、トライアル版は常にアプリの残りのライセンス期間と一致します。期限切れライセンスでの移行方法をご確認ください

Cloud 移行トライアルの使用方法

Cloud 移行トライアルを利用するうえでの最善の方法は、移行の複雑さによって異なります。

簡単な移行

よりシンプルな移行:

  • 1,000 人未満のユーザー

  • 1 ~ 6 個のアプリ

  • 100 未満のカスタム フィールド

次の方法でトライアルをご利用ください。

  1. 移行プロセスの初期段階 (Cloud を検討し始めた時や、移行を計画する時) に、トライアルを有効化します。

  2. テスト移行や本番での移行を含む、移行の全過程でトライアルを使用しましょう。

  3. Cloud への移行後、ステップアップ クレジットで残りのライセンスを Cloud サブスクリプションに変換します。

ステップアップ クレジットとは

携帯電話を下取りに出す時のように、ステップアップ クレジットによって、Server (または Data Center) の残りのライセンスを Cloud のクレジットと交換できます。ステップアップ クレジットは、年間サブスクリプションでのみ使用可能です。ステップアップ クレジットの詳細をご確認ください。

複雑な移行

次のいずれかを含む、複雑な移行:

  • 1,000 人以上のユーザー

  • 6 個以上のアプリ

  • 100 以上のカスタム フィールド

次の方法でトライアルをご利用ください。

  1. 移行プロセスの初期段階 (Cloud を検討し始めた時や、移行を計画する時) に、トライアルを有効化します。

  2. Cloud 製品を評価して移行を計画する評価フェーズと計画フェーズの全体でトライアルを使用します。

  3. テスト移行と本番での移行の準備ができたら、デュアル ライセンスを購入します。これによって、サーバーと Cloud の両方を使用して、自分のペースで移行できます。

デュアル ライセンスとは

デュアル ライセンスでは、Cloud 年間サブスクリプションを購入することで、追加費用なしで Server または Data Center ライセンスを同じ期間に延長できます。これによって、Server (または Data Center) 製品と Cloud 製品の両方を使用して、段階的にテストや移行を実行できます。デュアル ライセンスは年間サブスクリプションでのみ使用可能です。デュアル ライセンスの詳細をご確認ください。


Cloud 移行トライアルと請求

Cloud 移行トライアルには、請求情報は不要です。Cloud の使用を継続するには、トライアル終了時に、月間または年間の請求サイクルを選択する必要があります。

  • 月間サブスクリプション: トライアルが終了する前に、請求情報を追加するためのメールが届きます。トライアル期間の終了後から 7 日間までは、請求情報を追加できます。請求情報が追加されると、Cloud トライアルは月額プランとして継続されます。

  • 年間サブスクリプション: admin.atlassian.com から [サブスクリプションを管理] > [年払いを選択] の順に移動すると、見積を入手できます。

トライアル終了時に登録しないと、トライアル中のすべての製品が登録解除されます。また、お客様のデータは 15 日後に削除されます。

Cloud 移行トライアルは、アトラシアンの「Cloud のサービス利用規約」に従って他の Cloud トライアルと同様に扱われます。価格とライセンスに関する FAQ で詳細をご確認ください。

Cloud 移行トライアルと既存の計画

次にクラウド移行トライアルを追加できます。

  • Standard または Premium の Cloud トライアル

  • 既存の無料クラウド プラン

  • 既存の 7 日間のクラウド評価

  • 有効な製品を持たない既存の Cloud ドメイン

  • 新しい Cloud サイト

クラウド移行トライアルは、ご利用中の有料クラウド サブスクリプションには適用できません。

Atlassian から固有のサインアップ リンクがメールで届くことがあります。このリンクは組織内外のすべてのユーザーが使用できるため、転送しないようにご注意ください。

既存のクラウド サブスクリプションをリセット、削除、または再アクティブ化する際は、クラウド移行トライアルが有効期間内であり失効していない限り、自動で引き継がれます。

クラウド移行トライアルとユーザー制限

クラウド移行トライアルは、サーバー ライセンスと同じユーザー制限に紐付けられています。たとえば、ライセンスの上限が 50 ユーザーの場合、トライアルにも同じ制限があります。サーバー製品とクラウド製品のユニーク ユーザーの合計がそれを超えると、移行は失敗し、次のメッセージが表示されます。

Jira Software のユーザー数の上限に達しているため、ユーザーを移行できませんでした。クラウド プランをアップグレードして、もう一度お試しください。

例を挙げると、サーバーに 50 人のアクティブ ユーザーがいて、クラウドに (サーバーに存在しない) アクティブ ユーザーが 5 人いる場合、移行は失敗します。移行後のユーザー数が 55 人になり、制限の 50 人を超えるからです。

この問題は、クラウド内の追加ユーザーの製品アクセスを取り消すか、ユーザーを削除することで解決できます。

移行トライアルがあるその他のアトラシアン製品

既定で、Atlassian Access には 30 日間の無料トライアルが含まれています。また、チケットをアトラシアンのサポート・チームに送信すると、Access トライアルをお客様の Cloud 移行トライアル期間に合わせて延長できます。Atlassian Access について詳細をご確認ください

クラウド移行トライアルをアクティブ化する

クラウド移行トライアルにサインアップするには、移行の段階に応じていくつかの方法があります。

Atlassian の Web サイトからトライアルを有効化する

  1. http://atlassian.com/migration/cloud/free-license/options に移動します。

  2. (まだログインしていない場合は) プロンプトが表示されたら Atlassian アカウントにログインします。

  3. 一覧からライセンスを選択します。

  4. [トライアルを有効化する] を選択します。

この操作が完了したら、新しいクラウド サイトを作成するか、既存のサイトを選択してクラウド移行トライアルを適用できます。

my.atlassian.com からトライアルを有効化する

  1. my.atlassian.com に移動します。

  2. 該当するサーバーまたはデータ センター製品のライセンスを展開します。

  3. Cloud トライアルのオファー ボックスで [トライアルをアクティブ化] を選択します。

この操作が完了したら、新しいクラウド サイトを作成するか、既存のサイトを選択してクラウド移行トライアルを適用できます。

トライアルを Migration Assistant 内でアクティブ化する

Cloud 移行トライアルは、Jira および Confluence の移行アシスタント内から有効にすることもできます。

  1. Migration Assistant のホーム画面で [データを移行] カードを選択します。これによって移行ダッシュボードが表示されます。

  2. [新しい移行を作成] を選択します。

  3. クラウド サイトを接続する」ステップで [Jira Cloud トライアルを取得] または [Confluence Cloud トライアルを取得] を選択します。

Marketplace アプリのクラウド移行トライアルを有効化

クラウド移行トライアルは、一部の Marketplace アプリでご利用いただけます。対象外のアプリには、引き続き既定で 30 日間の無料トライアルが用意されています。

アプリのクラウド移行トライアルを有効化するには、次の手順を実行します。

  1. Atlassian Marketplace またはクラウド製品の [アプリ] セクション内でアプリを見つけます。

  2. アプリがトライアルの対象かどうか確認します。トライアルに関する情報はアプリのリストに表示されます。

  3. トライアルを有効化して、アプリをインストールします。アプリが対象である場合、Server または Data Center からの残りのアプリのライセンス期間に合わせて、既定の 30 日間のトライアル期間を自動的に延長します。それ以外の場合は、30 日間の無料トライアルを引き続きご利用いただけます。

アプリの条件

  • アプリをインストールするクラウド製品で、クラウド移行トライアルを有効化する必要があります。

  • Server または Data Center 内のアプリと同等の有効なライセンスが必要です。

  • アプリはクラウド移行トライアルの対象でなければなりません。

考慮事項

  • Server または Data Center 内のアプリ ライセンスが 1 つしかない場合は、1 つのクラウド製品のアプリに対してのみクラウド移行トライアルを使用できます。

Forge アプリ

アプリが Forge アプリであり、そのアプリの有効な Server ライセンスまたは Data Center ライセンスをお持ちの場合は、サポート フォームからクラウド移行トライアルをリクエストできます。以下のステップに従ってフォームを記入してください。

  1. [Product Trials (製品トライアル)] を選択してから、[Extend product trials (製品トライアルの延長)] トピックを選択します。

  2. [クラウド] を選択し、製品の SEN または EN を入力します。

  3. [質問内容] フィールドに、「<アプリ名> のクラウド移行トライアルを有効化したい」といった詳細を、ライセンスの SEN 番号を含めて追記できます。

複数の Cloud 移行トライアルをアクティブ化する

それぞれの Cloud 移行トライアルは、Server または Data Center ライセンスに関連付けられ、SEN ごとに 1 回のみ有効化できます。複数のオンプレミス用ライセンスを所有している場合は、それぞれに対して個別の Cloud 移行トライアルを有効化できます。

Cloud 移行トライアルを複数の製品で開始する場合は、Cloud 移行トライアルごとに個別にサインアップする必要があります。2 番目 (以降) の製品のサインアップ プロセス中に、最初の製品用に作成したサイト URL を使用することを選択できます。

詳細情報とサポート

移行をサポートするための多数のチャンネルをご用意しています。

 

その他のヘルプ