Jira Service Management 顧客アカウントを移行する

Jira Cloud Migration Assistant によって、ライセンスのないユーザー (ポータル、メール、またはウィジェットを介してリクエストを登録する顧客) を、Jira Service Management サーバーからクラウドに移行できます。

Jira Cloud Migration Assistant は [ユーザーとグループ] オプションによって、Jira Service Management エージェントプロジェクト管理者を移行します。ユーザーとグループの移行に関する詳細をご確認ください。 

顧客移行オプション

Jira Cloud Migration Assistant には、顧客のアカウントを移行するためのオプションが 2 つあります。

オプション 1: すべての Jira Service Management 顧客 - カスタマー ポータルまたはメール チャネル経由でリクエストを作成したことのあるすべての顧客が含まれます。

オプション 2: 選択したプロジェクトに関連する顧客のみ - リクエストを作成した顧客、または Jira Service Management プロジェクトのセットにおける特定のセットのリクエストを参照された顧客が含まれます。

顧客がクラウドに移行されても、顧客に対してメールは送信されません。

顧客アカウントを移行しない場合は、[顧客なし] オプションを選択します。このオプションは、移行に Jira Software プロジェクトのみが追加されている場合や、プロジェクトが追加されていない場合にも使用できます。

顧客データの移行方法

Migration Assistant を使用して移行すると、クラウド サイトに各顧客の新しいアカウントが作成されます。クラウド サイト内にメール アドレスがすでに存在する場合、そのメール アドレスは移行されません。代わりに、その顧客に接続されているすべてのデータがクラウド内のアカウントにリンクされます。

サーバーとクラウドにおいて、同じユーザーが異なる方法で識別されるシナリオが考えられます。

  • ユーザーがサーバーで「ライセンス ユーザー」として識別されて同様の顧客アカウントがクラウドに存在する場合は、Jira Cloud Migration Assistant はそのユーザーを Atlassian アカウントとしてクラウドに移行します。これによって、クラウドに 2 つのアカウントが生成されます。

  • ユーザーがサーバーで「ポータルのみ」のユーザーとして識別されて同様の Atlassian アカウントがクラウドに存在する場合は、移行後も Atlassian アカウントとして扱われます。

顧客の移行を最適化して、ダウンタイムを短縮する

プロジェクト データの前に顧客を移行すると、移行日に時間を節約できます。これは、Migration Assistant がこれらの顧客を再移行不要になるためです。特に、すべての顧客を移行する場合に役立ちます。

削除済みまたは非アクティブな顧客

Jira データで参照されている削除済みの顧客や非アクティブなディレクトリの顧客は、移行後に Former customer (元顧客) として表示されます。

すべての顧客がクラウドに移行したかどうかを確認する方法

簡単に確認できる方法の 1 つは、サーバーと移行後のクラウドの顧客数を一致させることです。サーバーで、移行ダッシュボードにアクセスして顧客数を表示する移行について [詳細を表示] を選択します。

クラウドでは、次のステップに従って移行した顧客を表示できます。

  1. admin.atlassian.com にログインします。

  2. 組織から、Jira Service Management を含むサイトを選択します。

  3. [ユーザー管理] > [Jira Service Management] の順に移動します。

その他のヘルプ