アシスタントですべての Jira データを一度に移行する

このオプションでは、特定の項目を選択しなくても、すべてのデータを一度に移行できます。このオプションを使用して、すべてのプロジェクト、ユーザーとグループ、顧客、アプリを移行できます。

評価に関する情報をお探しですか?

データを移行する前に、アシスタントに用意されている次の評価を完了する必要があります。

はじめる前に

これらのステップを完了します。

  • このオプションで移行できるものをチェックします。詳細をご確認ください。

  • アシスタントをアップデートして、必要な IP とドメインを許可リストに登録します。詳細をご確認ください。

  • 移行前チェックリストを完了して、環境を整えます。詳細をご確認ください。

  • ダウンタイムを短縮するために、ユーザー、グループ、添付ファイルを事前に移行します。詳細をご確認ください。

  • Jira スキーマへの権限とアクセス権のみが Jira データベース ユーザーに付与されていることを確認してください。詳細

  • このオプションには空のクラウド サイトが必要です。ここでは次のことを実行できます。

    • Jira Cloud から既存のプロジェクトを削除します。詳細をご確認ください。

    • 空のクラウド サイトから始めるか、クラウド サイトの既存のデータを上書きします。データを上書きする前に、Jira Cloud のバックアップ (過去 14 日以内) を作成する必要があります。

権限:

  • 移行するには、移行元インスタンスのシステム管理者であり、移行先クラウド サイトの組織管理者である必要があります。

参考情報

  • Jira Align を Jira インスタンスに接続している場合は、移行する前に追加の手順を完了する必要があります。詳細

  • このオプションでは、重複ユーザーのマージ(「ユーザーの評価と準備」からの自動修正)はサポートされません。詳細

  • このオプションでは、移行後に Jira 課題や Confluence ページへのリンクを更新するときに REST API を使用する必要があります。admin.atlassian.com から直接リンクを更新することはサポートされていません。詳細

移行計画を作成して、クラウド サイトに接続します

移行計画を作成する手順は、次のとおりです。

  1. Jira Cloud Migration Assistant を開きます。

  2. [新しい移行を作成] を選択します。

  3. [クラウド サイトに接続する] 画面で、次のデータを入力します。

画面

フィールド

[クラウド サイトに接続する] 画面。
  • 移行の名称を設定

  • 移行段階を選択: 本番またはテスト。このオプションは移行には影響しません。ダッシュボードでさまざまな移行計画を見分けるのに役立ちます。

  • 移行先のクラウド サイトを選択: まだ持っていない場合は、無料の Cloud 移行トライアルを有効にして、サイトを作成できます。

4. [移行オプション] 画面で、[すべてのデータを一度に移行] を選択します。

2 つの移行オプション。そのうち [すべてのデータを一度に移行] がハイライトされています。

次のステップ

完了したら、移行にエラーがないかチェックします。移行時のエラーのチェック方法をご確認ください。


詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャンネルをご用意しています。

アトラシアン サーバー製品のサポートは 2024 年 2 月に終了します。サーバーのサポート終了スケジュールで詳細をご参照ください。

 

その他のヘルプ