Jira Cloud Migration Assistant による移行のトラブルシューティング

このページは、Jira Cloud Migration Assistant を使用する際に発生する可能性のある問題のトラブルシューティングにお役立てください。

このページの使用方法

Ctrl+F または Command+F (Mac の場合) このページで押してエラー メッセージの詳細を検索フィールドに入力し、関連する KB 記事を検索します。

このページは、移行のどの段階にあるかに応じて、いくつかのカテゴリに分割されています。

  • 既知の問題

  • 移行実行前

  • 移行実行後

  • アトラシアン サポートへの問い合わせ方法

既知の問題

移行または移行済みのデータに影響する可能性のある既知の問題の一覧を次に示します。

トピック

説明

データの整合性

ご利用の Jira Server サイトが高度にカスタマイズされている場合、移行時に他の問題が発生する可能性があります。たとえば、必須フィールドに null 値が使用されている場合、これは Cloud サイトではサポートされていないため、移行は失敗します。移行前にインスタンス データのクリーン アップを行うことをお勧めします。

不完全な移行とプロジェクト

incomplete (不完全) ステータスが表示される場合、一部の情報は移行されていますが、少なくとも 1 個のエンティティの移行が行えていません。たとえば、プロジェクトの移行には成功したが、カスタム フィールドの値に null 値が使用されているために 1 件の課題の移行に失敗している可能性があります。このような場合、実際のすべてのデータは完了していても、プロジェクトは incomplete (不完全) と表示されます。多くの場合、このステータスが表示されても移行に問題はありません。エラー ログをダウンロードして問題の原因を確認できます。 

移行前のサーバーでの変更

サーバー サイトへの変更を行った場合は、すべてのデータを最新の状態にするため 10 分以上待ってから移行を行うようにします。 

プロジェクト キーの変更

移行前または移行中にサーバーでプロジェクト キーを変更することを選択した場合、すべての構成、フィルター、およびボードが新しいプロジェクト キーで更新されていることを確認してから新しい移行を試行するようにします。 

移行に含まれていないプロジェクトや課題へのリンク

小規模なバッチでの移行を行うことを選択した場合、未移行のプロジェクトまたは課題へのリンクは、リンクされた項目が移行されるまでは欠落した状態になります。 

履歴エントリでの参照情報の欠落

履歴エントリが、欠落しているリンクまたは添付ファイルを参照している場合、履歴エントリは移行されません。リンクされた課題またはプロジェクトが後から移行された場合、履歴エントリが更新されます。 

Jira Software ボードでの結果の不一致

移行アシスタントでは、ボードの JQL 課題フィルターが移行後に適切な結果を返しているかどうかのチェックを行いません。ボードのフィルターが未移行のプロジェクトまたはフィールドをメンションしている場合は、移行後にそのボードで同じ結果が返されない可能性があります。この問題を解決するには、移行後にボードの JQL フィルターを編集します。ボード フィルターの詳細をご確認ください。

移行後の Jira Align に関する問題

Jira Align を使用する場合は、移行前、移行中、移行後に追加の手順を完了する必要があります。問題がある場合は、リンク先のページを参照するか、アトラシアン サポートに連絡してください。Jira Align を移行する方法をご確認ください

移行実行前

移行を実行する前に確認できることが 2 つあります。

  • 移行前チェック

  • 移行前のレポート

移行前チェック

移行前チェックは、すべての移行で必須のステップです。ここでは、設定が正しく行われており、データを Cloud に移行できることを確認します。移行前チェックを実行して、その結果を確認してから Jira 移行を行いましょう。

ステータスをチェックする

ここでは、移行前チェックで表示されるステータスを簡単にご説明します。

記号

説明

チェックに成功しました。

チェックに合格しました。移行を続行できます。

警告メッセージを展開して詳細と関連リンクを表示する

移行を続行できますが、潜在的な問題に注意する必要があります。警告メッセージを展開すると詳細が表示されます。

エラー メッセージを展開して詳細と関連リンクを表示する

エラーが解決されるまで、移行を続行できません。エラー メッセージを展開すると詳細が表示されます。

このメッセージが引き続き表示される場合は、更新してもう一度チェックするかサポートにお問い合わせください。

予期しないエラーのため、チェックが完了しませんでした。チェックを更新するか、アトラシアン サポートにお問い合わせください。

チェックによって表示される一般的な問題

チェックによって表示される一般的な問題と、それを解決するために必要なステップをご説明します。

メッセージ

修正/KB 記事

現在、移行サービスを更新しています。

Jira Cloud Migration Assistant の認証トークンの有効期限が切れている可能性があります。

認証トークンの更新方法をご確認ください。

ユーザー数の上限をチェックできませんでした。

Jira Cloud Migration Assistant の認証トークンの有効期限が切れている可能性があります。

認証トークンの更新方法をご確認ください。

クラウド サイトのプロジェクトをチェックできませんでした。

Jira Cloud Migration Assistant の認証トークンの有効期限が切れている可能性があります。

認証トークンの更新方法をご確認ください。

クラウド サイトのプロジェクトをチェックできませんでした。

クラウド サイトが移行できない可能性があります。理由と修正方法は次のとおりです。

理由 1: サンドボックスが削除されました。

修正:

  1. 次のようにして、サンドボックスが削除されていないかご確認ください。

    1. admin.atlassian.com にアクセスして、複数の組織がある場合は組織を選択します。

    2. [製品] > [サンドボックス] の順に選択します。

  2. 削除された場合は、サポートに連絡して支援をご依頼ください。

理由 2: クラウド サイトが見つからなかったか、使用していないために Jira Cloud サブスクリプションが非アクティブ化されました。
修正:

  1. 次のようにして、クラウドサイトのサブスクリプションがキャンセルされたかどうかをご確認ください。

    1. admin.atlassian.com にアクセスして、複数の組織がある場合は組織を選択します。

    2. [請求] を選択します。

  2. キャンセルされた場合は、キャンセルされたサイトを復元してください。

プロジェクトはクラウド サイトにすでに存在します

JCMAt (Jira Cloud Migration Assistan) による移行時のプロジェクト名とプロジェクト キーの競合

複数のユーザーが同じメール アドレスを持っています。

重複したメール アドレスを修正する

無効なメール アドレスです

無効なメール アドレスを修正する

You’ve reached the limit of email aliases for a single email address (1 つのメール アドレスのメール エイリアスの上限に達しました)

このチェックは、1 つのメイン メール アドレスに関連するメール エイリアスの数が 10 個の制限を超えた場合に表示されます。 エイリアスはメイン メール アドレスのバリエーションです (例: charlie+suffix@atlassian.com charlie@atlassian.com)。

クラウド側には制限があり、1 時間に作成できるエイリアスは 10 個だけです。

CSV ファイルをダウンロードする

チェックを確認する際、問題の解決に役立つ CSV ファイルをダウンロードできます。 ファイルの内容は以下の通りです。

  • 制限を超えた場合のすべてのメール エイリアス (最初の 10 個を含む) を一覧表示します。 複数のメイン メール アドレスに関連するエイリアスが含まれる場合があります。

  • メインのメール アドレス自体は含まれません。

目標

目標は、エイリアスを個別のメール アドレスに変更するか、対応するユーザーを削除することです。 制限を超えたエイリアスに対してだけ行えば十分です。 ただし、クラウド サブスクリプションはユーザーごとに請求されるため、余分なユーザーを削除または非アクティブ化することをお勧めします。

問題を解決する

この問題を解決するには、CSVファイルを使用して対応するユーザーを特定し、更新または削除します。

  • Jira でユーザーを管理している場合、[管理] > [ユーザー管理] で更新できます。

  • 外部ディレクトリでユーザーを管理している場合は、エイリアスがクラウドにプロビジョニングされないように、ディレクトリのユーザーを更新することをお勧めします。

データ準備エラー

データ準備チェックに関連するエラーと、それを解決するために必要なステップをご説明します。エラーはログ ファイル (ダウンロード可能な zip ファイル) に記録されます。

エラー コード

エラー

修正/KB 記事

JCMA 124

エラー [JCMA 124] <プロジェクト キー> プロジェクトのエクスポート: ボード「<ボード名>」に無効な管理者が割り当てられています: 「<グループ名>」。

ボードに有効な管理者を割り当てるには、次の手順に従ってください。

  1. 管理者を割り当てるボードを開きます。

  2. [ボード] > [設定] の順に移動します。

  3. [管理者] フィールドで、編集アイコンにカーソルを合わせてクリックします。

  4. エラー ログに記載されている無効なグループを削除します。

  5. ユーザーまたはグループの名前を入力します。名前を入力し始めると、ユーザーとグループの候補リストが表示されます。

  6. 編集が完了したら Enter キーを押します。

JCMA 149

エラー [JCMA 149] <プロジェクト キー> プロジェクトのエクスポート: ワークフロー「<ワークフロー名>」にある課題キー「<課題キー>」の課題タイプ「<課題タイプ名>」に「<課題ステータス>」ステータスがありません。

有効なステータスを割り当てるには、次の手順に従います。

  1. [設定] > [課題] の順に選択します。 

  2. [ワークフロー] で [ワークフロー スキーム] を選択します。

  3. ワークフロー 列で、影響を受けるワークフローを探してください。

  4. ワークフローを開いて、[リンクされたステータス] 列に有効なステータスのリストを表示します。

  5. 無効なステータスが割り当てられた課題を開きます。

  6. [ワークフロー] リストから有効なステータスを選択します。

JCMA 510

エラー [JCMA 510] <プロジェクト キー> プロジェクトのエクスポート: ID <課題タイプ ID> の課題タイプにリンクされた ID <リクエスト タイプ ID> のリクエスト タイプを移行できませんでした

解決するには、ID <issueTypeId> の課題タイプを ID <projectId> のプロジェクトの課題タイプ スキームに追加します

このエラーを修正するには、ステップ A とステップ B を実行します。

ステップ A: Jira Service Management プロジェクトのリクエスト タイプに使用される課題タイプのリストを作成します。

リストを作成するには、次の手順に従ってください。

  1. Jira Server または Data Center で [設定] > [プロジェクト] の順に移動します。

  2. エラーが見つかった Jira Service Management プロジェクトを検索します。

  3. クリックして [プロジェクト設定] 画面を開きます。

  4. [リクエスト タイプ] を選択します。

  5. [課題タイプ] 列で、すべての課題タイプをリストダウンします。たとえば、タスク、サービス リクエストなどです。

ステップ B: ステップ A で作成した課題タイプのリストに基づいて、[現在のスキームの課題タイプ] リストに不足している課題タイプを確認して追加します。

不足している課題タイプを追加するには、次の手順に従ってください。

  1. [設定] > [課題] の順に移動します。

  2. 左のパネルから、[課題タイプ スキーム] を選択します。

  3. Jira Service Management プロジェクトの関連する課題タイプ スキームについて、[編集] を選択します。

  4. 不足している課題タイプを [利用可能な課題タイプ] から [現在のスキームの課題タイプ] にドラッグします。

  5. 保存をクリックします。

ステップ A とステップ B を実行したら、移行を再試行できます。

JCMA 147

エラー [JCMA 147] <プロジェクト キー> プロジェクトのエクスポート: カンバン/スクラム ボード「<ボード名>」はクラウド上のビジネス プロジェクト「<プロジェクト名>」にリンクできません。

エラー XXX プロジェクトのエクスポート: カンバン/スクラム ボード [XXXX] を Cloud 上のビジネス プロジェクト [XXXX] にリンクできません。

JCMA 151

エラー [JCMA 151] <プロジェクト キー> プロジェクトのエクスポート: トランジション「<トランジション名>」のワークフロー「<ワークフロー名>」は、無効な画面にリンクされています。

ワークフロー トランジションに有効な画面を割り当てる方法は次のとおりです。

  1. [設定] > [課題] の順に選択します。 

  2. [ワークフロー] で [ワークフロー] を選択します。

  3. 影響を受けたワークフロー名を探して、[編集] を選択します。

  4. 図から、影響を受けたトランジションを選択します。

  5. 画面の右側で [編集] を選択して画面名を変更します。

  6. [保存] を選択します。

  7. 手順 4 から 6 を繰り返して、複数のトランジションを修正します。

JCMA 701

エラー CROSS-PROJECT-DATA project-export Exception Message generated on executing query for fetching arPlanPermissions -> <例外メッセージ>
例外の原因 -> <例外の原因>

エラーを解決するには、次のナレッジベース記事を使用してください。

JCMA 152

エラー <project key> プロジェクトエクスポート: 課題 <issue type> に無効な課題タイプが割り当てられています。

課題タイプを割り当てるには、次の手順に従います。

  1. [プロジェクト] に移動します。

  2. 課題タイプを追加するプロジェクトを開きます。

  3. [プロジェクト設定] を選択します。

  4. [課題タイプ] で課題タイプ スキームを選択します。

  5. [アクション] > [別のスキームを使用] の順に移動します。

  6. [新しいスキームを作成して現在のプロジェクトに関連付ける] を選択します。

  7. 利用可能な課題タイプから、関連するすべての課題タイプを追加します。

  8. OK を選択します。

  9. [プロジェクトのインデックス再作成] > [プロジェクトのインデックス再作成を開始] の順に選択して、変更を保存します。

  10. [更新] > [確認] の順に選択して、プロセスを完了します。

アプリ チェック

Cloud Migration Assistant は、アプリの移行に影響する可能性のある問題がないか、アプリをチェックする際に、エラーと警告を一覧表示します。アプリの移行前チェックに関する詳細をご確認ください。

アプリの移行前チェックに関する詳細をご確認ください。

また、アプリ ベンダー チェックも提供しています。これは、アプリ ベンダー (Marketplace パートナー) がインスタンスで実行するチェックで、アプリのデータをクラウドへ移行する際に影響する可能性のある問題を特定して、解決手順を提示します。

アプリベンダー チェックに関する詳細をご確認ください。

移行前のレポート

移行前のレポートは、移行された項目、注意が必要な事項、ユーザー、グループ、設定項目の概要など、移行の詳細を含む zip アーカイブです。これによって、移行の開始前に移行対象となるデータの検証や潜在的な問題の検出に使用できます。

移行前のレポートをダウンロードするには、次の手順に従います。

  1. 移行計画を開きます。

  2. [移行を確認する] 画面に進みます。

  3. [ログとレポート] タブを選択します。

  4. 移行前のレポートをダウンロードします。

移行実行後

移行が失敗した場合や移行が不完全である場合は、次の項目を確認します。

  • エラー ログ

  • アプリ移行の進捗ログ

  • 移行後のレポート

エラー ログ

エラー ログをダウンロードするには、次の手順に従います。

  1. 移行計画を開きます。

  2. [移行を確認する] 画面に進みます。

  3. [ログとレポート] タブを選択します。

  4. エラー ログをダウンロードします。

一般的なエラー

エラー ログに表示される一般的なエラーのリストを次に示します。

エラー

修正/KB 記事

 ERROR <Project_Key> project-import
We couldn't import Project Component <Project_Component_Name>.
Reason: name: A component with the name <Project_Component_Name> already exists in this project...
This caused <Number_of_Items> other items to fail.

プロジェクト コンポーネントをインポートできない - JCMA エラー

ERROR <Project_Key> project-import 依存関係が <Number_of_Occurrences> 個が欠落しているため、プロジェクト バージョン <Version_Name> をインポートできませんでした: プロジェクト <Project_Key>
これによって他のアイテム <Number_of_Issues> 個が失敗しました。サーバー サイトの依存関係が欠落している理由をご確認ください。

依存関係が欠落しているため、プロジェクト バージョンをインポートできない: プロジェクト - JCMA エラー

 <Project Key> project-import
依存関係が 1 つ欠落しているため、課題 <Project Key>-<Issue Number> をインポートできませんでした:
カスタム フィールド「スプリント」これによって他のアイテム <Number of Ocurrences> 個が失敗しました。
サーバー サイトの依存関係が欠落している理由をご確認ください。

1 つの依存関係が欠落しているため、課題をインポートできない: カスタム フィールド「スプリント」

 com.atlassian.jira.migration.orchestratorclient.OrchestratorClientErrorException: 移行連携のリクエストが失敗しました
com.atlassian.jira.migration.orchestratorclient.OrchestratorServerErrorException: サーバーへのリクエストの送信に失敗しました

サーバーまたは移行連携へのリクエストが JCMA で失敗する

 ERROR <Project_Key> project-export
ワークフロー: [Workflow_Name] トランジション [Transition_Name] ワークフローのルール条件/バリデーターまたは事後操作 [Workflow_Rule_Name] で [Value_Reference_Name] を参照する [Config_Name] の設定値が欠落しています。
ワークフロー ルールで欠落している設定値または参照がないか再確認してください。

Workflow missing config values or references - JCMA エラー

ERROR <project-key> project-import コメント <comment-id> (課題: <issue-key>、ユーザー: <user>、日時: <timestamp>) をインポートできませんでした。理由: コメント本文の文字数を超過している例外: メッセージがありません。

ERROR <project-key> project-import 課題 <issue-key> をインポートできませんでした。理由: 説明: 入力されたテキストが長すぎます。最大 32,767 文字の制限を超えています。

JCMA のエラー メッセージ「コメント本文の文字数を超過している例外: メッセージがありません」または「入力されたテキストが長すぎます。最大 32,767 文字を超えています」

 ERROR <Project_Key> project-import
依存関係が 1 つ欠落しているため、課題 <Issue_Key> をインポートできませんでした: プロジェクト <Project_Dependency_Key>
これによって他のアイテム <Number_of_Items> 個が失敗しました。
サーバー サイトの依存関係が欠落している理由をご確認ください。

依存関係が欠落しているため、課題をインポートできませんでした: プロジェクト - JCMA エラー

ERROR <Project_Key> project-export
ワークフロー: [Workflow_Name] トランジション: [Transition_Name]
には、ワークフロー ルール バリデーター [Validator_Name] の構成 hidFieldsList
でサポートされていないカスタム フィールド参照があります。
ワークフロー ルールで欠落している設定値または参照がないか再確認してください。

Jira Cloud Migration Assistant 経由で移行されるワークフロー ルール

ERROR <Project_Key> project-export
課題 <Issue_ID> をエクスポートできませんでした。
理由:
com.atlassian.greenhopper.manager.lexorank.LexoRankIntegrityException:
ランク フィールド [id=<Field_ID>] の最大マーカー行と最低ランク行が <X> 行と一致する必要があります。

既知のすべてのアジャイル LexoRank エラーのリスト

Jira Server がインデックスの再作成中、または再ランク付けの操作中に LexoRankIntegrityException エラーをスローする

sun.security.validator.ValidatorException:
PKIX パスの構築に失敗しました:
sun.security.provider.certpath.SunCertPathBuilderException:
要求されたターゲットへの有効な証明書パスが見つかりません

"PKIX Path Building Failed" エラーによって SSL サービスに接続できない

java.net.UnknownHostException: <AMAZON_S3_URL>
java.net.ConnectException: 接続が拒否されました (接続が拒否されました)

Jira Cloud Migration Assistant を使用した移行に備えてファイアウォールを準備する

課題 ABCD-12345 をインポートできませんでした。理由: DataAccessException: java.sql.SQLException: すでに PSQL_TOO_MANY_CONNECTIONS 例外がこのワークコンテキストで発生しています。次の getConnection をスキップします。これによって他のアイテム X 個が失敗しました。

PostgreSQL データベースの使用時にユーザー固有の接続制限が原因で「致命的な接続が多すぎます」エラーが発生する

java.lang.OutOfMemoryError: Java ヒープ領域

OutofMemory Java ヒープ スペース エラーが発生して Jira サーバーがクラッシュする

Jira Service Management 固有のエラー

Jira Service Management 固有のエラーを次に示します。

エラー

修正/KB 記事

ERROR <Project_Key> project-export
課題 <Issue_ID> をエクスポートできませんでした。
理由: com.querydsl.core.QueryException:
<SQL_QUERY> の SQLServerException がキャッチされました

Jira の Microsoft SQL Server データベースの照合を手動で修正する方法 | Jira | アトラシアン ドキュメント

 

アプリ移行の進捗ログ

このセクションでは、アプリ移行の進捗ログに表示される警告メッセージの詳細と、それらの解決方法に関する提案を示します。

アプリのログ ファイルに複数の警告メッセージが表示される場合や、アプリ移行が停滞しているように思える場合は、次を行ってください。

  • Marketplace パートナーに連絡して、ログ ファイルとクラウド サイトの URL を提供する。

  • Marketplace パートナーが警告を解決するためにアトラシアンシアンの支援を必要とする場合は、アトラシアン サポートに連絡する。

警告メッセージ

詳細

修正

Server アプリで例外が発生しました

サーバー アプリでエラーが発生した可能性があります。サーバー アプリでのその後の移行処理も停止し、アプリ移行がタイムアウトする可能性があります。

アプリの移行が完了しない場合は、Marketplace パートナーに連絡して、次の情報を提供してください。

サーバーの例外に関してアトラシアンのサポートが必要な場合、Marketplace パートナーがアトラシアン サポートへの連絡をあなたに指示する場合があります。

アプリ移行の開始について Cloud アプリに通知できませんでした。

アプリの移行が開始されたことを Cloud アプリで通知しようとしたときに、失敗エラーが発生しました。Cloud アプリに通知するために複数回再試行したことにより、正常な応答として返されませんでした。

Marketplace パートナーがアプリの移行を開始できるようにするには、クラウド アプリに通知する必要があります。このエラーにより、アプリの移行がタイムアウトする可能性があります。

Cloud アプリのアップデートが完了しない場合は、Marketplace パートナーに連絡して、次の情報を提供してください。

移行後のレポート

移行後のレポートは、移行された項目と移行されなかった項目、注意が必要な事項など、移行の詳細を含む zip アーカイブです。移行後のレポートを移行前のレポートと比較して、重要な項目がすべて移行されたことを確認することもできます。

移行後のレポートをダウンロードするには、次の手順に従います。

  1. 移行計画を開きます。

  2. [移行を確認する] 画面に進みます。

  3. [ログとレポート] タブを選択します。

  4. 移行後のレポートをダウンロードします。

アトラシアン サポートへの問い合わせ方法

このページを参照しても問題を解決できない場合は、サポートにお問い合わせください

サポート チームが迅速に対応できるように、サポート zip をアトラシアン サポート チームと共有することをおすすめします。サポート zip の作成方法をご確認ください。

詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャンネルをご用意しています。

アトラシアン サーバー製品のサポートは 2024 年 2 月に終了します。サーバーのサポート終了スケジュールで詳細をご参照ください。

その他のヘルプ