移行のためのユーザー受け入れテスト

テスト移行と本番移行の一環として、何らかのユーザー受け入れテスト (UAT) を実施する必要があります。ユーザー受け入れテストでは、一部のエンド ユーザーにテスト サイトを使用して一般的な日常タスクを模倣してもらいます。これによって、予期していない問題を把握できるだけでなく、組織が変更に対して準備することができます。

関与する必要があるユーザー

これは組織ごとに異なりますが、次のようなユーザーと一緒にテストすることをご検討ください。

  • 特定のチームのメンバー

  • ヘビー ユーザーとライト ユーザーの組み合わせ

  • Cloud サイトに移行する各チームから選定されたメンバー

明確で建設的なフィードバックを提供できるユーザーの選定もご検討ください。一般に、インプットを得るために、Cloud サイトを使用するすべての主要なユーザー タイプまたはロールを招待することをお勧めします。

テストの対象

慣れ親しんだ機能が移行で変更されることによる、ユーザーへの次のような問題を記録するようにします。

  • 新機能

  • 新しいユーザー インターフェイス

  • 異なるアプリ

  • 新しい URL とブックマークの変更

  • ユーザー管理の違い

製品固有の推奨事項

Jira Software と Jira Work Management の場合 

  • スプリントの作成、バックログへの課題の追加、ボードの表示などをテストします。

Jira Service Management (旧 Jira Service Desk) の場合 

  • エージェントに依頼して、キューの表示、ポータル ビューの確認、その他の一般的なアクティビティを確認します。

Confluence の場合: 

  • ユーザーに依頼して、新しいスペースの作成、ページの作成と編集、添付ファイルのアップロードを試します。

ユーザーが混乱した領域や機能変更を記録します。これらはローンチ前やオンボーディング時に提供するコミュニケーションとトレーニングに含めることができます。 

ユーザー受け入れテストの例をいくつか示します。

  • 製品のサイト管理領域を見直して、グローバル権限、プロジェクトとスペースの権限、および製品の監査ログに問題がないことを確認することをお勧めします。

  • これらの項目を比較して、正しく移行されたかどうかを確認することをお勧めします。これには、ユーザー、権限、添付ファイル、その他の詳細が含まれます。注意: 「サーバーと同じ番号」というサブタスクがある場合、この項目は、移行サポート エンジニア (MSE) が移行後に共有するテスト後移行検証レポートに含まれます。

  • アプリケーション リンクやその他の統合を再作成してテストし、クラウドで期待どおりに機能することを確認することをお勧めします。

また、本番移行後は、別の UAT を実施してすべてのデータが正常に移行されたことを確認することをお勧めします。



その他のヘルプ