ユーザーを評価して無効なメール アドレスと重複したメール アドレスを見つける

クラウドでは、サーバー ユーザーと同等の Atlassian Cloud アカウントの作成に一意のメール アドレス使用されるため、すべてのユーザーに有効かつ一意のメール アドレスが必要です。適切なメール アドレスを持っていないユーザーは移行の妨げとなります。

移行アシスタントで評価を行うことで、無効なメール アドレスや重複したメール アドレスを持っているユーザーを確認できます。

はじめる前に

次の重要な情報をご確認ください。

機能と制限

  • Jira と Confluence のどちらのクラウド移行アシスタントでもユーザーを評価できますが、これらのページでも紹介しているとおり、機能にはいくつか違いがあります。

  • Jira の場合、重複したメール アドレスを修正するオプションの 1 つ (ユーザーのマージ) が [すべてのデータを一度に移行] 移行オプションと互換性がありません。

評価されるユーザーとディレクトリ

ユーザーを評価する際には次の点が確認されます。

  • すべてのディレクトリ: 内部ディレクトリのユーザーと、Jira または Confluence に接続されている任意のアクティブ ディレクトリのユーザー。ディレクトリ自体ではなく、こうしたディレクトリと同期した後に Jira で作成されたユーザーのコピーを評価します。

  • すべてのユーザー: Jira または Confluence でアカウントを持つユーザー、および Jira Service Management のカスタマー。

ユーザーを評価してメール アドレスが間違っているユーザーを見つける

ユーザー ベースをより深く理解するためにいつでもユーザーを評価できますが、変更や新規ユーザーを見つけるには、移行日が近づくにつれて評価を繰り返す必要があります。

ユーザーを評価するには、次の手順に従います。

  1. 次の手順で移行アシスタントを開きます。

    • Jira の場合は [管理] > [システム] > [クラウドに移行] の順に移動します。

    • Confluence の場合は [管理] > [移行アシスタント] の順に移動します。

  2. ホーム画面で [ユーザーの評価と準備] カードを見つけて [評価を開始] を選択します。

  3. 空の結果のページが表示されます。評価を開始するには、[評価を開始] をもう一度選択します。

評価が完了すると、次のような結果が表示されます。

Jira Cloud Migration Assistant のユーザー評価の結果
  • 無効なメールアドレス: メール アドレスが無効なユーザーの数。

  • 重複したメール アカウント: 複数のユーザーが共有しているメール アカウントの数。この指標では、重複は個別にカウントされません。

メール アドレスが無効で重複している場合は、無効としてカウントされます。

メール アドレスを修正して移行に向けてユーザーを準備する

移行前に、特定されたユーザーをどのように修正するかを選択する必要があります。

1. ユーザー ディレクトリ内で重要なユーザーのメール アドレスを手動で修正する

クラウドで実際に作業する重要なユーザーはユーザー ディレクトリ内で更新する必要があります。これは、アシスタントの自動修正では元のユーザーは修正されず、移行時にクラウドで作成されたコピーのみが修正されるためです。これらの修正は、使用されなくなり、数が多すぎて手動で更新できない古いアカウントの問題を解決することを目的としています。

評価の結果 (ユーザーのリスト) を使用して重要なユーザーを見つけることができます。たとえば、[最終認証日] 列で並べ替えることができます。

メール アドレスが無効なユーザーのリスト

2. 移行時に残りのユーザーを自動的に修正する

残りのユーザーについては、クラウドでアカウントを作成するときに適用される自動修正のうちいずれか 1 つを選択してください。たとえば、ユーザーの無効化や重複のマージなどです。これらのオプションを表示するには、評価を実行した後に [Fix invalid emails (無効なメール アドレスを修正)] と [Fix duplicated emails (重複したメール アドレスを修正)] を選択します。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。