クラウドへの移行方法の比較

データをサーバーまたは Data Center 製品からクラウド製品に、またはクラウド製品からクラウド製品に移動するにはさまざまな方法を利用できます。最適な方法は、個々の移行のニーズによって決まります。主要な方法とそれぞれのメリット、要件、制限事項をご確認ください。

環境を評価する

移行元と移行先のサイトを事前に評価し、ニーズに合う最適な移行タイプを選択することにより、マイナスの影響を最小限に抑えられます。

一部の移行方法は特定のシナリオでのみ実行可能です。技術的には複数の移行方法を選択できても、技術面以外の要素が選択肢に影響を及ぼすことがあります。特に移行の一環として複数のサーバー インスタンスやクラウド サイトを統合する必要がある場合、複数の方法の使用が必要となることがあります。ニーズに最適な移行方法を決めるには、次のヒントが役に立ちます。

  • 移行先の把握: 推奨事項の一部は、クラウド サイトにデータがすでに存在するかどうかに応じます。データがすでに存在する場合は、それを既存のクラウド サイトと呼びます。新しいクラウド サイトは、まだデータがなくて本番環境で使用されていないものです。

  • クラウド製品で必要な情報の定義: 適切な移行方法を選択する前に、移行が必要な情報を明確に定義する必要があります。たとえば、すべてを移行する必要があるのか、それとも選択したプロジェクトやスペースのみを移行する必要があるのかを知ることで、クラウド製品で不要なデータの移行を回避して、移行の時間や移行中のエラーのリスクを削減できます。

  • 移行する製品: どの製品を移行するのか。

  • 統合する: 複数のサーバーまたはクラウド インスタンスを移行する必要があるかどうかを判断します。

  • ダウンタイムを見積もる: 一般に、所有データとユーザー数が多いほど、予想されるダウンタイムは長くなり、段階的な移行に対応する移行方法のメリットは大きくなります。 

  • 戦略: 一度にすべて移行させるか段階的に移行するかを検討します。段階的な移行は一度に移行するデータが少ないため、移行を妨げるエラーや問題が発生するリスクの低減、ダウンタイムの短縮、または移行直後の数日間にユーザーへの手厚いサポートの提供を行う場合に役立ちます。より詳細なガイダンスについては、「移行戦略の選択」をご覧ください。

  • アプリの移行の把握: ここで説明する一部の方法で、アプリやアプリ データを移動できます。この記事には、現在利用できるアプリ移行方法についての情報が記載されています。

    アトラシアンはアプリの自動移行機能に関して、最大手のマーケットプレイス パートナーと共同で取り組んでいます。実現すると、Jira および Confluence の Cloud Migration Assistant を使用してアプリのデータを移行できるようになります。

パートナーの利用を検討すべきタイミング

Atlassian ソリューション パートナーは、顧客チームの専門知識のレベル、移行の複雑さ、スケジュールに応じて、最小限のシステム停止でクラウド製品への移行を実現できるように訓練されています。移行要件が複雑な場合や Atlassian のサポート チームが提供するガイダンスの実行に支援が必要な場合は、パートナーと連携することをお勧めします。

次の場合には、ソリューション パートナーに協力を求めることを検討しましょう。

  • このプロジェクトを支援する内部リソースが制限されている場合

  • ユーザー受け入れテスト、サーバーのアップグレード、ユーザーのトレーニングなどの、アトラシアン サポートのスコープを超えた取り組みへの支援が必要な場合

  • 移行プロジェクトの管理、計画、および実行に支援が必要な場合

  • 複雑な統合シナリオがある場合

  • 5 つ以上のビジネス クリティカルなアプリを移行する必要がある場合

  • 特定のセキュリティおよびコンプライアンス要件がある場合

  • 1,000 人を超えるユーザーの移行が必要な場合

  • 特定の短いスケジュールで移行を実行する必要がある

移行を支援するパートナーをお探しの場合はご連絡ください

方法を選択する

Jira または Confluence の移行の際には、実現したい内容に応じて、以下の方法を 1 つまたは複数使用する必要が生じる可能性があります。

アトラシアンでは、Advanced Roadmaps の移行、クラウド間移行、アプリの自動移行などを含む、Jira と Confluence の Cloud Migration Assistant の機能向上に積極的に取り組んでいます。最新の移行ツールについては、クラウド ロードマップの「クラウドに移行」セクションをご参照ください。

Jira Cloud Migration Assistant (JCMA) は、アトラシアンが構築および維持する無料のアプリで、Jira Server インスタンスにインストールできます。アトラシアンではこの移行用アプリを常に改良して、サーバー製品から Jira Cloud に移行するためのもっとも簡単で信頼性の高い方法となるように取り組んでいます。

この方法が推奨される事例

  • 一部のプロジェクトのみをクラウドに移行したい場合

  • 新規または既存のクラウド サイトに移行する場合

  • 一度にすべてまたは段階的に移行する場合

  • すべてのデータを新しいクラウド サイトに移行したい場合

  • 複数の Jira Cloud サイトを統合する必要がある場合

メリット

制限事項

  • アシスタントを使用し、アプリの評価と移行を実施できます。

  • クラウド サイトの既存のデータを上書きしません

  • 移行するプロジェクトを選択できます

  • ユーザーとグループのみの移行を選択できます。外部ディレクトリで管理されているユーザーを移行します。

  • 移行する必要があるプロジェクトに関連するユーザーのみを移行することを選択できます。

  • Jira Service Management 顧客アカウントを移行できます

  • 段階的に移行できます

  • アプリをサーバー インスタンスにインストールして、移行前に問題を特定できます

  • 使いやすいインターフェイスで、手順を追って移行をサポートします

注: アトラシアンでは、将来的に上記の項目の多くに対応できるように積極的に取り組んでいます。

Jira Cloud Site Import

Site Import will no longer be available for server to cloud migrations

From February 1, 2022, we’ll discontinue server to cloud migrations using Site Import depending on the number of users you’re looking to migrate.

If you’re looking to migrate:

  • 1-10 users - Site Import will be available until 2022年01月31日

  • 11 - 100 users - Site Import will be available until 2022年02月28日

  • 101-250 users - Site Import will be available until 2022年03月31日

  • 251 - 1000 users - Site Import will be available until 2022年04月30日

  • More than 1000 users - Site Import will continue to be available until further notice.

To view the number of licensed Jira Server or Data Center users, see the Viewing your licensed user count section on the Licensing your Jira applications page.

We recommend you use the Jira Cloud Migration Assistant for all your migration needs. The Migration Assistant offers several benefits including Apps and Jira Service Management migrations. We’ll soon support Advanced Roadmaps migrations.

For more information on this announcement, read our community post. For any technical or compatibility concerns with this change, contact us.

Jira Cloud サイトのインポートは Jira Server または Cloud xml バックアップを使用して 1 つのサイトからクラウドにすべてをインポートします。この方法はクラウド サイトの既存のデータをすべて上書きするため、新しいクラウド サイトに移動する場合にのみ推奨されます。

メリット

制限事項

  • Advanced Roadmaps は移行されます

Jira Cloud CSV インポート

CSV インポートを使用して、Jira Server または Cloud からクラウド サイトに課題をインポートできます。

この方法が推奨される事例

  • Jira Cloud Migration Assistant または Jira Cloud サイトのインポートは、ニーズに合ったオプションではありません。

メリット

制限事項

  • 最も簡単なアプローチ

もっとも単純な方法で、移行するデータ量ももっとも少なくなります。制限事項は以下のとおりです。

  • アプリ データは移行されません。

  • この方法で移行できるユーザーもいます。インポートされるチケットの「担当者」または「報告者」フィールドにユーザーがいる場合、ユーザーはインポートの処理中にインポート ツールでそれらのユーザーをクラウドに自動的に作成することを選択できます。CSV からのデータのインポートに関するドキュメントをお読みください。

  • プロジェクト全体ではなく課題のみをインポートします (CSV のインポート前にプロジェクトをクラウド製品で再作成およびセットアップする必要があります)

  • 課題の履歴 (課題のトランジションや更新のタイムスタンプ) は保持されません。Jira Software のアジャイル レポートからは、バーンダウンやサイクル期間など、グラフを正しく表示するために必要な課題の履歴データがなくなります。

  • 課題ランクは保持されないので、Jira Software ボードの手動によるランク付けはすべて失われます

  • 既定ではスプレッドシートごとに 1,000 件の課題のみをエクスポートできます (回避策を確認)

  • 添付ファイルスプリント、およびバージョンをインポートするには、追加のステップの実行が必要となります

  • Jira 課題の [mentioned on] セクションにある Confluence ページへのリンクはインポートされません

  • 移行元と移行先で、グローバル レベルとプロジェクト レベルの構成が同じである必要があります

Jira Server での統合

サーバー インスタンスの統合または既存の Jira Cloud サイトとのマージが必要な場合は、Jira Server でサイトをマージする手順がクラウドへの移行の前提条件となる場合があります。ただし、選択した移行方法によってはこの手順をスキップできる場合があります。たとえば、CSV で課題をインポートする場合や Jira Cloud Migration Assistant を使用する場合は、クラウドに課題をインポートする前にサーバー インスタンスを統合する必要はありません。

この方法が推奨される事例

  • 複数の Jira Cloud サイトをマージする必要がある場合

  • 複数の Jira Server サイトをマージする必要がある場合。

  • 特定のプロジェクトのみをクラウド サイト間でインポートしたい場合。

メリット

制限事項

  • Jira Service Management (旧 Jira Service Desk) は移行できます

  • アプリとアプリ データは移行されません。そのために再インストールが必要であり、移行元のクラウド サイトにインストールされたアプリのデータは失われます

  • ユーザーは移行されません (オプションを参照)

  • サーバー アプリケーションのインストールおよびセットアップ方法についての知識が必要です

  • 特に大規模なサイトの場合、サイトのマージが完了するまでには時間がかかります

Confluence Cloud Migration Assistant (CCMA) は、アトラシアンが構築および維持する無料のアプリで、Confluence Server または Data Center インスタンスにインストールできます。Migration Assistant はサーバー製品から Confluence Cloud に移行する際のもっとも簡単で信頼性の高い方法です。

この方法が推奨される事例

  • サーバーまたは Data Center 製品から、新しいまたは既存のクラウド サイトに移行する場合。

メリット

制限事項

  • 移行に向けてアプリケーションを評価できます。

    • アプリ移行のアーリー アクセス プログラム (EAP) に参加することで、Confluence のアプリ データを移行できます。アプリ移行 EAP への参加に興味をお持ちの場合は、EAP アンケートを完了するとこちらから開始できます。

  • 移行するスペースを選択できます

  • ユーザーとグループのみの移行を選択できます

  • アプリをサーバー インスタンスに組み込んで、移行前に問題を特定できます

  • 使いやすいインターフェイスで、手順を追って移行をサポートします

  • アプリの評価機能が含まれます

  • 段階的に移行できます

  • バージョン 5.10 以上の Confluence Server がサポートされます

  • 移行のレポートが提供されます

注: 当社では将来的に、上記の項目に対応できるように積極的に取り組んでいます。

Confluence Cloud サイトのインポートと Confluence Cloud スペースのインポート

Confluence Cloud Migration Assistant は大部分の移行をサポートしますが、まれに別の方法が必要になる場合があります。他の 2 つのオプションは、Confluence Cloud サイトのインポートConfluence Cloud スペースのインポートです。

Bitbucket Cloud Migration Assistant (BCMA) は、Bitbucket Server からクラウドにリポジトリやプル リクエストを移動するために利用できるアプリです。Bitbucket Server インスタンス内のすべてのアクティブ ユーザーも Bitbucket Cloud のワークスペースに移行されます。それらにアクセスし、ワークフローを横断して適切な権限や設定を付与できます。 BCMA は、アトラシアンが構築と保守を行っており、無料でインストールして使用できます。

この方法が推奨される事例

  • サーバー製品から新規または既存のクラウド サイトに移行したい場合

メリット

制限事項

  • 移行するプロジェクトとリポジトリを選択できます

  • 移行アシスタント アプリがサーバー インスタンスに組み込まれているため、移行前に課題を特定するのに役立ちます

  • ユーザー インターフェイスが、移行プロセス全体をガイドします

  • サーバー インスタンスを段階的に移行したり、一度にすべてを移行したりすることができます

  • Bitbucket Cloud Migration Assistant をインストールして使うには、Bitbucket Server のバージョン 7.0 以降を使用している必要があります。

  • リポジトリのサイズ制限: 4GB

  • ユーザー権限とグループ メンバーシップは移行されません

  • 現時点では、アプリや統合は移行されません。Jira インスタンスを Bitbucket Cloud に接続する方法の詳細は、次のヘルプ ドキュメントをご参照ください。

  • プロジェクト設定と権限は移行されません。現在、Bitbucket Cloud においてプロジェクト設定と権限の実装に取り組んでいます。ロードマップをご確認ください

  • ブランチの権限は移行されません

  • 画像や動画などのプル リクエストの添付ファイルは移行されません

現在、Bitbucket Cloud Migration Assistant にこうした制限の一部を実装するための取り組みを行っています。

詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。

 

最終更新日 2021年11月19日)
次でキャッシュ 2:12 AM on Nov 27, 2021 |

その他のヘルプ