Jira の Cloud 移行方法

ニーズに応じて、Jira Cloud に移行する次の方法を 1 つ以上使用する必要が生じる場合があります。ニーズに合った移行方法の選択方法に関するアドバイスは「Cloud 移行方法を選択する」をご覧ください。

Jira Cloud Migration Assistant 1.7.3 以降へのアップグレード

より安定した信頼性の高い移行体験を提供するために、添付ファイルやその他のメディア ファイルの移行方法を改善しました。

2022 年 9 月 19 日以降、今後のすべての移行ニーズに合わせて、Jira Cloud Migration Assistant 1.7.3 以降にアップグレードすることをお勧めします。

2023 年 1 月 31 日以降は、Jira Cloud Migration Assistant 1.7.1 以前をご利用いただけなくなります。

このお知らせとアップグレード方法に関する詳細をご確認ください。

さらなる詳細や技術的な懸念については、お問い合わせください

Jira Cloud Migration Assistant は無料の Atlassian アプリで、Jira Server または Data Center インスタンスにインストールできます。Migration Assistant は、Server または Data Center から Jira Cloud に移行する際の最も簡単で信頼性の高い方法です。

この方法によって移行できる内容は次のとおりです。

  • 一部のプロジェクトを Cloud に移行する

  • すべてを新しい Cloud サイトに移行する場合

  • 新規または既存の Cloud サイトに移行する

  • データを一度または段階的に移行する

Jira Cloud Migration Assistant により移行される内容について詳細をご確認ください

メリット

制限事項

  • アプリを評価して移行する

  • この移行アシスタントでは、Cloud サイトの既存のデータは上書きされない

  • 移行するプロジェクトを選択する

  • ユーザーとグループのみの移行を選択できる。また、外部ディレクトリで管理されているユーザーを移行できる

  • 移行するプロジェクトに関連するユーザーのみを移行することを選択できます。

  • Jira Service Management 顧客アカウントを移行する

  • Advanced Roadmaps を移行する

  • 使いやすいインターフェイスで、手順を追って移行をサポートします。

  • 移行前にデータの問題を特定します。

  • 必要に応じて段階的に移行できます。

  • 移行前後のレポートをダウンロードします。

  • サポート対象のオンプレミス バージョンの Jira を使用している必要があります。

Jira Cloud のサイト インポート

サイト インポートは、Server から Cloudへの移行では利用できなくなります。

2022 年 2 月 1 日から、移行を検討しているユーザー数に応じて、サイト インポートによる Server から Cloud への移行を終了します。

移行を検討している場合:

  • 1 - 10 ユーザー - サイト インポートは 2022年01月31日 まで利用可能

  • 11 - 100 ユーザー - サイト インポートは 2022年02月28日 まで利用可能

  • 101 - 250 ユーザー - サイト インポートは 2022年03月31日 まで利用可能

  • 251 - 1,000 ユーザー - サイト インポートは 2022年04月30日 まで利用可能

  • 1,000 ユーザーを超える場合 - サイト インポートは終了の通知があるまで引き続きご利用いただけます。

Jira Server または Data Center でライセンスを持つユーザー数を表示するには、[管理] > [アプリケーション] > [バージョンとライセンス] に移動します。

すべての移行ニーズには、Jira Cloud Migration Assistant を使用することをお勧めします。アプリや Jira Service Management の移行など、Migration Assistant にはいくつかのメリットがあります。間もなく Advanced Roadmaps の移行がサポートされる予定です。

このお知らせの詳細については、コミュニティ投稿をご覧ください。この変更に関する技術的または互換性に関する懸念については、お問い合わせください

Jira Cloud Migration Assistant は、「すべてのデータを一度に移行」をサポートするようになりました。

Jira Cloud Migration Assistant 1.7.7 では、既存のプロジェクト単位の移行機能に加えて、すべてのデータを一度に移行できます。 

この初回リリース (アルファ版) では、Migration Assistant の「すべてのデータを一度に移行」する機能により、Site Import が現在サポートしているのと同じタイプのデータが移行されます。 

Migration Assistant の今後のリリースでは、すべてのデータを一度に移行する機能の信頼性とパフォーマンスを高めると同時に、移行できるデータのタイプを増やしていく予定です。

このお知らせの詳細については、コミュニティ投稿をご覧ください。

Jira サイト インポートを使用する Server から Cloud への移行では、Jira Server または Cloud XML バックアップによってすべてを 1 つのサイトから Cloud にインポートします。この方法は Cloud サイトにある既存のデータをすべて上書きするため、新しい Cloud サイトに移動する際にのみお勧めします。

Jira サイト インポートの使用方法をご確認ください

メリット

制限事項

  • Advanced Roadmaps を移行する

  • アプリ データは移行されません。

  • 移行は Cloud サイトにあるすべての既存データ (ユーザーとグループを除く) を上書きします。

  • ユーザーを個別にインポートする必要が生じる場合があります。

  • 外部ディレクトリのユーザーは移行されません。

  • サポート対象のオンプレミス バージョンの Jira を使用している必要があります。

  • 移行対象と対象外のデータを選択できません (例: 特定のプロジェクトのみ選択して移行)

  • タイムアウト エラーを回避するため、添付ファイルを 2 ~ 5 GB のチャンクに分割する必要があります。

  • この方法はすべてを移行するかしないかのいずれかのため、データ量が多いとダウンタイムが長くなる可能性があります。

Jira Cloud CSV インポート

制限があるためこの移行方法は推奨されません。Jira Cloud Migration Assistant または Jira サイト インポートがニーズに合うオプションでない場合にのみご利用ください。

この方法では、Jira Server または Cloud から Cloud サイトへ課題をインポートできます。CSV インポートの使用について詳細をご確認ください

Jira Server でマージする

複数の Server または Data Center インスタンスを管理している場合は、それらをマージすることが、Cloud への移行の前提条件となることがあります。ただし、選択した移行方法によってはこのステップをスキップできる場合があります。たとえば、Jira Cloud Migration Assistant を使用する場合は、課題を Cloud にインポートする前に Server インスタンスを統合する必要はありません。

Jira Server でのインスタンスのマージについて詳細をご確認ください

この方法は次のような場合に使用します。

  • 複数の Jira Cloud サイトをマージする

  • 複数の Jira Server インスタンスをマージする

  • ある Cloud サイトから別の Cloud サイトに特定のプロジェクトをコピーする

メリット

制限事項

  • Jira Service Management (旧 Jira Service Desk) は移行できます

  • アプリとアプリ データは移行されないため、アプリの再インストールが必要です。また、移行元のサイトにインストールされたアプリのデータは失われます。アプリの評価について詳細を確認する

  • ユーザーは移行されません。ユーザー移行のオプションについて確認する

  • サーバー アプリをインストールしてセットアップする方法に関する知識は必須です。

  • 特に大規模なサイトの場合は、一般的にサイトのマージが完了するまでに時間がかかります。

詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。

 

その他のヘルプ