Jira Cloud Migration Assistant を使用した移行

テスト移行または UAT の場合、テスト クラウド サイトは、製品サイトもホストしている組織に含まれないものを使用することをお勧めします。製品サイトは、別の組織でホストするようにしてください。これは、関連するユーザーとグループのスムーズな移行を確保するためです。

Jira Cloud Migration Assistant は、次の移行をサポートします。

  • プロジェクト、ユーザー、グループをサーバー上の Jira Software、Jira Service Management、Jira Work Management (旧 Jira Core) からクラウドに移行する。

  • Jira Service Management 顧客アカウントをサーバーからクラウドに移行する。

  • リンクされた課題ソース (プロジェクトと単一プロジェクトのボード) を持つ Advanced Roadmaps プラン。課題ソースを非公開フィルターとして持つプランは移行されません。Advanced Roadmaps プランによって移行されるものと移行されないものに関する詳細についてご確認ください

このアプリの構築と保守はアトラシアンが行なっています。アプリは無料でインストールして使用できます。

インストール後、クラウドへの移動対象を選択し、好きなタイミングで移行を開始できます。移行プロセスの間は、すべての項目の進捗状況を監視できます。

Jira Cloud Migration Assistant を 使用する タイミング

次の場合に Jira Cloud Migration Assistant を使用します。

  • Jira Work Management (旧 Jira Core) または Jira Software をサーバーからクラウドに移行する場合。

  • Jira Service Management をサーバーからクラウドに移行する場合。

  • Advanced Roadmaps プランをサーバーからクラウドへ移行する場合

  • 一部のプロジェクトのみをサーバーからクラウドに移行する場合

  • 新規または既存のクラウド サイトに移行する場合

Jira Cloud Migration Assistant の互換性の詳細については、こちらを参照してください。

サーバーからクラウドへの移行に関する準備とプランには、弊社の移行ガイドをご利用ください。 

Jira Cloud Migration Assistant を使う前に

このツールを使用する前に、次の点をご確認ください。

  • データは上書きまたは削除されません
    Jira Cloud Migration Assistant でデータを移行すると、データはクラウド サイトにすでに存在するデータに追加されます。データは、サーバーまたはクラウドの各サイトから削除されません。

  • 重複を避けるためにデータがリンクされる場合があります
    複数回の移行を行う際は、重複を防ぐためにデータのリンク付けが試行されます。データのリンク方法についてご確認ください。 

  • サイト インポートと Jira Cloud Migration Assistant を使用すると、データの重複が発生する可能性があります
    まずは Jira サイト インポート、同じサーバーの Jira Cloud Migration Assistant または Data Center インスタンスの順に使用してデータを段階的に移行することで、共有構成エンティティ (ワークフロー、カスタム フィールド、スキームなど) がクラウド サイトに複製されます。この移行戦略では移行後に大量の手動クリーンアップ作業が必要になるため、お勧めしません。

  • Jira Software、Jira Service Management、Jira Work Management (旧 Jira Core) データのみ
    Jira Cloud Migration Assistant の最新バージョンでは、Jira Work Management、Jira Software、Jira Service Management のプロジェクトを移行できます。この際、ほとんどのフィールドがサポートされます。移行対象と対象外のデータに関する最新情報をご確認ください。

  • 企業管理対象プロジェクトのみ
    Jira Cloud にあるチーム管理対象プロジェクトへの移行は、サポートされていません。 

Jira Cloud Migration Assistant を使用して移行を実行する前に、このツールで移行可能なデータの種類をご確認ください。 

はじめる前に

テストまたは本番環境の移行を試行する前に、移行前のチェックリストで Jira Cloud Migration Assistant 用のすべてのステップを完了していることをご確認ください。このチェックリストは、移行に向けて環境やデータを準備し、移行の失敗となる一般的な原因を回避するのにも役立ちます。

Jira バージョン 8.14 を使用している場合、移行アシスタントはサーバー インスタンスに自動でインストールされます。

Jira Cloud Migration Assistant アプリをインストールする (Jira 7.6 以降)

アプリケーションのインストール手順は、次のとおりです。

  1. Jira Server または Data Center で [設定] > [アプリの管理] の順に移動します。

  2. [新しいアプリを見つける] を選択して「Jira Cloud Migration Assistant」を検索します。

  3. [インストール] を選択したら完了です。

Atlassian Marketplace からインストールすることもできます。

Migration Assistant を見つける

Migration Assistant を検索するには、次の手順に従います。

  1. [設定] > [システム] の順に移動します。

  2. 左側のパネルで [インポートとエクスポート] カテゴリを探して [クラウドに移行] を選択します。[Migration Assistant のホーム] 画面が表示されます。

注意

  • 移行アシスタントが見つからない場合は、Jira のサポート対象バージョンを利用しているかどうかを確認してください。

  • ご利用の Jira Server サイトがファイアウォールで保護されている場合は、ドメイン「atlassian.com」に対するアクセスを許可する必要があります。

移行ホームページ

このホームページには、移行パスの評価と作成に関する 3 つの段階が表示されます。

  1. アプリを評価する

  2. アプリを準備する

  3. データを移行する

以降のセクションでは、各段階の詳細について説明します。

 

1. アプリを評価する

「ステージ 1」と「ステージ 2」のアプリに関する注意

[アプリを評価] 画面では、「自動パス」のあるアプリを [ステージ 1] または [ステージ 2] のラベルで分けてリストできます。

  • ステージ 1: このステージのアプリは移行成功率が不明か低いことが判明しています。ステージ 1 のアプリを移行しようとしてアプリ データの移行に失敗する場合は、対応する Marketplace Partner (アプリのベンダー) に問い合わせてサポートを依頼する必要があります。

  • ステージ 2: このステージのアプリは移行成功率が高いことが判明しています。

アプリを評価する際は、こちらのドキュメントを読んで、自動移行パスのあるアプリのステージを理解することが重要です。

サーバー上で重要なデータを管理している場合は、そのデータの移行に最適なプロセスについてアプリのベンダーに確認してください。

サーバーにインストールしたアプリを確認して移行準備中のアプリを評価するには、Jira Cloud Migration Assistant を使用します。移行前にアプリを評価して (必要に応じて) クラウド サイトの代替アプリを選択すると、肝心なときにアプリによって移行がブロックされるようなリスクを排除できます。

アプリの評価を開始するには、次の手順に従います。

[Migration Assistant のホーム] 画面で [アプリを評価] を選択します。

screenshot-JCMA-home-Assess-your-apps-highlight
screenshot_JCMA-assess-your-apps

[アプリを評価] 画面の使用方法についてご参照ください。

アプリを評価し終えたら [完了] を選択します。[Migration Assistant のホーム] 画面に戻るので、次のステップとしてアプリの準備を選択できます。

2. アプリを準備する

この段階では 3 つのメイン タスクを実行します。

  • クラウド サイトに接続する

  • アプリをインストールする

  • アプリの移行に同意する

[Migration Assistant のホーム] 画面で [アプリを準備] を選択します。
これによって [クラウドに接続] 画面が表示されます。

screenshot_JCMA_step2-highlight

2.a. クラウド サイトに接続する

このステップでは、選択したクラウド サイトに接続します。これには 3 つの方法があります。

- ドロップダウンから既存のクラウド サイトを選択する。
- アトラシアンの Free プランにサインアップする (最大 10 ユーザー、無料のクラウド サイト)。
- 無料の製品トライアルを設定する

インストール先を選択したら [続行] をクリックします。これによって [アプリのインストール] 画面が表示されます。

2.b. アプリをインストールする

[アプリのインストール] 画面で、次の手順に従います。

  1. リストされている各アプリに対して [アプリのインストール] を選択して、クラウド サイトにインストールします。

  2. 各アプリのサポートとプライバシー ポリシーを読みます。

  3. [続行] を選択します。これによって [アプリの移行に同意] 画面が表示されます。

  • 評価フローを完了するには、この段階で必要なアプリをクラウドにインストールする必要があります。

  • 各アプリのプライバシー ポリシーを確認することを強くお勧めします。 

  • 次の操作を行っていない場合、[完了] ボタンは無効になります。

    • ([アプリを評価する] 画面で) 各アプリにステータスを割り当て

    • ([アプリのインストール] 画面で) クラウドに必要なアプリをインストール

    上記のタスクを完了して [完了] ボタンを有効にします。

2.c. アプリの移行に同意する

アプリの移行が実行されると、各サーバー アプリからクラウド サイト上のクラウド バージョンのサーバー アプリにデータが移動されます。各アプリを構築した Marketplace Partner (ベンダー) は、データを移動するための移行パスを作成しています。

このプロセスでアプリ データの移行を実際に実行するのは、アトラシアンではなく Marketplace Partner です。このため、各 Marketplace Partner の契約を確認して同意し、パートナーがデータにアクセスして移行できるようにする必要があります。

評価フローを完了するには、各アプリについてアプリの移行を承諾して同意する必要があります。

[アプリの移行に同意] 画面で、次の手順に従います。

  1. 同意が必要であることが表示されている各アプリの [ポリシーを表示] を選択します。
    次を記載したカードが表示されます。

    1. Marketplace Partner (ベンダー) がコア データを読み取りユーザー データを読み取りなどでアクセスできるすべての種類のデータ。

    2. Atlassian Marketplace 利用規約Marketplace Partner のプライバシー ポリシーMarketplace Partner 利用規約の各リンク。移行する各アプリについて、これらをお読みになることを強くお勧めします。

  2. このカードで [確認] を選択します。

  3. 該当するすべてのアプリに対して上記のアクションを実行したら、[完了] を選択して [Migration Assistant のホーム] 画面に戻ります。

これに関する詳細については「サードパーティの移行契約の概要」をご参照ください。

次を把握しておくことが重要です。

  • 移行に同意する必要があるのは、自動移行パスのあるアプリのみです。

  • サードパーティの移行に同意する場合は、同意をいつでも取り消せます。

  • サードパーティの移行に同意しない場合、そのアプリは Jira Cloud Migration Assistant を使用して移行できません。

  • Marketplace Partner がアプリを更新する場合は、移行に再度同意する必要があります。

  • アプリの移行に同意した後でも [同意を取り消す] を選択できます。これによって、サードパーティのデータ移行に対する同意が削除されます。もう一度同意するには、[ポリシーを表示] をクリックして同意を再確認します。

次の操作を行っていない場合、[完了] ボタンは無効になります。

  • ([アプリを評価する] 画面で) 各アプリにステータスを割り当て

  • ([アプリのインストール] 画面で) クラウドに必要なアプリをインストール

  • ([アプリの移行に同意] 画面で) 各アプリのポリシーを表示して同意した

準備が整えば、アプリ評価は完了です。[完了] をクリックしてホームページに戻ります。 

3. データを移行する

次の 5 つのステップでサーバーからクラウドへの移行をセットアップおよび実行します。 詳細は次のとおりです。

  • クラウド サイトに接続する

  • 移行オプションの選択

  • エラーの有無の確認

  • 移行の確認

  • 移行

以降のセクションでは各ステップを詳細に説明するとともに、発生する可能性がある一般的なエラーについて解説します。移行アシスタントの使用中に質問や問題があった場合、アトラシアンのテクニカル サポート チームにお問い合わせください。

データの移行を開始するには、次の手順に従います。

  1. [Migration Assistant のホーム] 画面で [データを移行] を選択します。
    これによって [移行ダッシュボード] が表示されます。

  2. [移行を新規作成] を選択します。
    これによって [動作の仕組み] 画面が表示されます。

  3. 画面の情報を確認して [クラウドに接続] を選択し、続行します。

screenshot_JCMA_step3-highlight

3.a. クラウド サイトに接続する

  1. [移行の名称を設定] フィールドに、移行の名称を追加します。

  2. [移行先のクラウド サイトを選択] フィールドで、移行先のクラウド サイトを選択します。

  3. 続行するには [Choose migration options (移行オプションを選択)] を選択します。
    これによって「移行オプションを選択」画面が表示されます。

  • クラウド サイトに接続するには、サーバーと移行先のクラウド サイトの両方の管理者である必要があります。

  • すでにクラウド サイトに接続済みの場合、ドロップダウンでそれを確認できます。何も表示されない場合、新しいクラウド サイトに接続するか、トライアルにサインアップする必要があります。 

  • 準備が整ったら、サーバー サイトからクラウド サイトへのデータの転送を Atlassian に許可するチェック ボックスをチェックします。このアクセスを Atlassian に許可できない場合は、この Migration Assistant を使用して移行できないので、代わりに手動でインポートを実行する必要があります。

  • ご利用の Jira Server サイトがファイアウォールの背後にある場合、ドメイン atlassian.com へのアクセスを許可する必要があります。また、他の Atlassian ドメインへのアクセスを許可する必要がある場合もあります。 

クラウドに接続

3.b. 移行オプションを選択する

すべてをまとめて移行することも、別の段階に分割することもできます。 選択肢は次のとおりです。

  • Advanced Roadmaps プランのすべて、または移行するプランなし

  • プロジェクト、ユーザー、グループ

  • ユーザーとグループのみ (プロジェクト データなし)

  • 顧客

  • すべてのアプリ、またはアプリなし

移行対象を選択する前に、Migration Assistant での移行対象のデータと移行対象外のデータをご確認ください。

移行オプションの選択

Advanced Roadmaps を移行する場合

  • まずプランを移行してから、他のすべてのプロジェクト、ユーザー、グループ、顧客、アプリを別々に移行することをお勧めします。Advanced Roadmaps プランの移行戦略に関する推奨事項の詳細については「Advanced Roadmaps プランを移行する」をご参照ください。

  • サーバー インスタンスに Jira Core がある場合は、移行先のクラウド サイトに Jira Work Management が追加されていることを確認します。サーバー インスタンスの Jira Core ユーザー数によっては、Jira Work Management Standard プランにアップグレードする必要がある場合があります。

  1. Advanced Roadmaps プランを選択するには [Advanced Roadmaps プラン] オプションを選択して [Advanced Roadmaps プランを選択] 画面を表示します。

    1. [Advanced Roadmaps プランを選択] 画面では、次のオプションが表示されます。

      • [すべて]: このオプションを選択すると、リンクされているすべての Advanced Roadmaps プランが移行されます。フィルターは移行されません。

      • [なし]: いずれの Advanced Roadmaps プランも移行対象として選択されません。

    2. 選択が完了したら [変更を適用] を選択して [移行オプションを選択] 画面に戻ります。

  2. プロジェクトを選択するには [プロジェクト] オプションを選択します (プロジェクトを移行しない場合は、ユーザーとグループの選択に進められます)。
    これによって「プロジェクトを選択」画面が表示されます。

    • ユーザーをすべて移行するか、一部を移行できます。

    • 特定のプロジェクトを選択することも、上部のボックスを選択してすべてのプロジェクトを選択することもできます。

    • 宛先の Jira Cloud サイトにすでに存在するプロジェクト キーを持つプロジェクトは移行できません。

    • 多数のプロジェクトや添付ファイルがある場合、いくつかの小規模な移行に分割することもできます。これにより、メンテナンス時間またはダウンタイムを短くすることができます。

    • また、他のプロジェクト データを移行する前に、プロジェクトの添付ファイルを移行できます。通常、添付ファイルの数が多いほど、予想されるダウンタイムも長くなります。最初に添付ファイルを移行することをお勧めします。これによって、残りのプロジェクト データ移行の時間枠を短縮できます。

      • 初期設定では、すべてのプロジェクト データ (設定、課題、添付ファイル) が移行対象として選択されます。添付ファイルとプロジェクト データの移行を異なる段階に分けるには、[添付ファイルのみ] を選択します。添付ファイルのみを移行してダウンタイムを短縮する方法についてご確認ください。次に、後の移行ですべてのプロジェクト データを移行する必要があります。これによって、課題とその添付ファイル間のリンクが復元されます。移行アシスタントによって、すでに移行された添付ファイルが認識されてスキップされます。新しい添付ファイルは移行されます。また、削除済みの添付ファイルのリンクも削除されます。 

    • 他のプロジェクトとは別に、アーカイブされたプロジェクトも移行できます。アーカイブされたプロジェクトは、検索またはフィルターを使用して探します。

      すべてのプロジェクトを選択したら [変更を適用] を選択します。
      これによって [移行オプションを選択] 画面に戻ります。

      プロジェクトを選択したら、ユーザーとグループを選択するオプションが表示されます。

  3. ユーザーとグループを選択するには、[ユーザーとグループ] オプションを選択します。

    • プロジェクトがないと、ユーザーのサブセットを選択できません。これは、Jira Cloud Migration Assistant がプロジェクト データを使用して、移行に追加するユーザーを決定する必要があるためです。ユーザーとグループの移行に関する詳細をご確認ください。 

    • Jira Cloud Migration Assistant は、[ユーザーとグループ] オプションを使用して Jira Service Management エージェントプロジェクト管理者も移行します。

    • アトラシアンは移行プロセス中にユーザーに招待メールを送信しません。

    • [Only users and groups related to the selected projects (選択したプロジェクトに関連するユーザーとグループのみ)] を選択すると、プロジェクトのロールとグループに基づいてユーザーを追加するオプションが表示されます。選択する際は、ガイドをご利用ください

    • 続行する前に、グループ メンバーシップを保持するか、ユーザーをグループに別途移行するかを選択する必要があります。

      • グループ メンバーシップを保持: このオプショによって、移行の一部としてユーザーをグループに追加します。ユーザーにはプロジェクトに対するアクセス権が付与されて、Jira Cloud ライセンスに追加されます。

      • ユーザーとグループを別々に移行: このオプションによって選択したユーザーとグループが移行されますが、ユーザーは移行の一部としてグループ追加されません。ユーザーには Atlassian アカウントが付与されますが、プロジェクトにアクセスできず Jira Cloud ライセンスには追加されません。

        選択が完了したら [変更を適用] を選択します。
        これによって [移行オプションを選択] 画面に戻ります。

  4. プロジェクトを選択すると、Jira Service Management 顧客を選択するオプションが表示されます。[顧客] オプションは、サーバー インスタンスに Jira Service Management がある場合にのみ使用できます。

    • すべての Jira Service Management の顧客を選択も、特定のプロジェクトに関連する顧客の一部を選択もできます。顧客の移行に関する詳細をご確認ください。

    • 顧客がクラウドに移行されても、顧客に対してメールは送信されません。

    • 顧客アカウントを移行しない場合は、[顧客なし] オプションを選択します。このオプションは、移行に Jira Software プロジェクトのみが追加されている場合や、プロジェクトが追加されていない場合にも使用できます。

  5. 移行するアプリを選択するには [アプリ] オプションを選択します。

次の画面では、Jira Cloud Migration Assistant によって次のオプションが表示されます。

  • すべて: このオプションによって、[クラウドで必要] でマークしたすべてのアプリを移行するように選択できます。移行は、Jira Cloud Migration Assistant を使用して実行できます。

  • なし: 移行するように選択されるアプリはありません。

    選択が完了したら [変更を適用] を選択します。
    これによって [移行オプションを選択] 画面に戻ります。

[移行オプションを選択] 画面で選択を完了したら、[エラーをチェック] を選択して続行します。

注: ユーザーとグループを移行する場合

  • ユーザーは、メール アドレスを使用して移行されます。以降の移行では、移行アシスタントはユーザーを再度移行するのではなく、メール アドレスを使用してユーザーをリンクさせます。「大量のユーザーを移行する際のヒント」をご確認ください。 

  • クラウドに移行する前に、すべてのユーザー アカウント (メール アドレス) を検証する必要があります。不明なユーザー アカウントを移行すると、クラウド サイトへの未承認のアクセスを許可することになる可能性があります。たとえば、“email@example.com” など、自分の組織が所有しないメール アドレスを使用するユーザーをサーバー インスタンスに含めると、“@example.com” を所有する何らかのユーザーをクラウドの自分のサイトに招き入れてしまう可能性があります。

  • Jira Cloud はサブスクリプション ベースで、ユーザー単位で請求が行われます。ユーザーの移行を予定している場合は、利用可能なライセンス オプションを確認することをお勧めします。 

  • 外部のユーザー管理システムを使用している場合は、移行前にローカル ディレクトリと同期させることをお勧めします。これは、データを転送する前にユーザーとグループが最新であることを確認するためです。

  • サーバー サイトにある無効ステータスのユーザーは、アクティブだがすべての製品アクセスを持たないユーザーとして移行されます。つまり、請求時にはアクティブな Jira ユーザーとしては計上されません

  • クラウド サイトにあるグループと同じ名前を持つグループがサーバー サイト内に見つかった場合、そのユーザーはサーバーのグループからクラウドのグループに統合されます。

  • グローバル設定とグローバル サイト権限はこのツールでは移行されません。これらは移行後に手動で設定する必要があります。

  • 宛先クラウド サイトにすでにユーザーが存在していて、このアプリでユーザーを移行することを選択した場合は、次のようになります。

    • ユーザーがクラウドで製品アクセスを持っているが、サーバー サイトでステータスが無効化されている場合は、移行後もクラウド内で製品アクセスを持ちます。

    • ユーザーがクラウドで製品アクセスを持っていないが、サーバー サイト内で有効化されている場合は、移行プロセスを通じて製品アクセスが付与されます。

Jira を Jira Service Management (旧 Jira Service Desk) のナレッジ ベースとして使用している場合は、Jira Service Management ユーザーが Jira ユーザーとともに移行される可能性もあります。これは、Jira の cwd_user テーブルに Jira Service Management ユーザーが表示される場合に発生します。

3.c. エラーをチェックする

このステップでは、Jira Cloud Migration Assistant が移行を確認して次をチェックします。

  • 移行アシスタントが最新かどうか

  • ユーザーが有効なメール アドレスを持っているかどうか

  • ユーザーが一意のメール アドレスを持っているかどうか

  • グループが統合されるかどうか

  • 顧客が有効なメール アドレスを持っているかどうか

  • 顧客が一意のメール アドレスを持っているかどうか

  • プロジェクトが競合するかどうか 

  • プロジェクト、ボード、フィルターは一般に公開されており、オンラインで検索可能です


すべてのチェックは、次の 4 つのグループに分けてリストされます (以下のスクリーンショットを参照)。

  • アプリのバージョン

  • ユーザーとグループ

  • カスタマー

  • プロジェクト

  • Advanced Roadmaps プラン

  • アプリ

エラーの有無の確認

移行プロセスでは、他の問題も発生することがあります。このステップでは上述の問題のみを確認します。

以下の表では、リストされた各メッセージの横にある記号の意味について説明します。

記号/メッセージ

説明

必要なアクション

screenshot_error-screen_green-tick

緑のチェックはチェックが合格したことを示します。

移行の次のステップに進んでください。

screenshot_error-message_yellow-warning

黄の警告サインが表示された場合は、このまま続行できますが潜在的な問題を含む可能性があります。

エラー メッセージまたは警告メッセージを展開して、詳細やリンクをご確認してください。

screenshot_error-message_red-error

赤のエラーは、移行を実行する前にエラーを解決する必要があることを意味します。

エラー メッセージまたは警告メッセージを展開して、詳細やリンクをご確認してください。

「チェック」メッセージを理解する

  • システム: 以下の表は、Jira Cloud Migration Assistant のバージョンに関連するエラーと警告メッセージのリストです。

メッセージ

説明

必要なアクション

Migration Assistant が最新ではありません

このメッセージは、使用している Cloud Migration Assistant が最新版ではないことを示しています。

サポートされている最新版の Cloud Migration Assistant にアップデートしてください。

移行するには Advanced Roadmaps をアップデートする必要があります。

このメッセージは、使用している Advanced Roadmaps のバージョンが古いことを示しています。

サポートされている最新バージョンの Advanced Roadmaps にアップデートしてください。

ご利用のクラウド サブスクリプションは Advanced Roadmaps をサポートしていません。

Advanced Roadmaps は、Jira Software Cloud の Premium と Enterprise のネイティブ機能です。移行後にプランにアクセスするには、Premium にアップグレードしてください。後でアップグレードすることを選択した場合でもデータはクラウドに移行されますが、Premium にアップグレードするまではデータにアクセスできません。

Jira Cloud Premium にアップグレードしてください。

  • ユーザーとグループ: 以下の表は、ユーザーとグループに関連するエラーと警告メッセージのリストです。

メッセージ

説明

必要なアクション

一部のグループがすでにクラウド サイトに存在しています

サーバー上のグループのユーザーは、クラウド上の同名のグループにマージされて権限を継承します。

すべてのユーザーを移行することを選択した場合、クラウド サイトに同じ名前のグループがないかどうかが確認されます。同じ名前のグループが見つかった場合、サーバー グループのユーザーが同じ名前のクラウド グループに統合されます。

このまま続行できますが、これを防ぐためにはサーバーとクラウド全体のすべてのグループに一意の名前を付けてください。詳細

この問題は修正せずに続行できますが、権限昇格が行われていないことを確認することをおすすめします。

複数のユーザーが同じメール アドレスを持っています

すべてのユーザーは、有効で一意なメール アドレスを持っている必要があります。無効なメール アドレスや複数のユーザーが同じメール アドレスを使用していることが検出された場合は、エラーが表示されます。

移行を実行する前に、これらのメール アドレスを修正する必要があります。

無効なメール アドレスです

すべてのユーザーは、有効で一意なメール アドレスを持っている必要があります。無効なメール アドレスや複数のユーザーが同じメール アドレスを使用していることが検出された場合は、エラーが表示されます。

移行を実行する前に、これらのメール アドレスを修正する必要があります。

移行するには、すべてのユーザーが有効で完全なメール アドレスを持っている必要があります (例: example.name@atlassian.com)。ユーザー名をクリックして、ユーザーのメール アドレスを更新してください。

次のグループは管理者アクセスを管理しているため、ブロックリストに登録済みです。

  • "site-admins"

  • "system-administrators"

  • "atlassian-addons"

  • "Atlassian-addons-admin"



これらのグループは一切移行されません。

これらのグループのユーザーは引き続き移行されます。

これらをブロックリスト グループのいずれかに含める場合は、移行後に手動で追加する必要があります。

ユーザーのサブセット移行を選択した場合、プロジェクト データをすべてスキャンする必要があるため、確認に時間がかかることがあります。

  • Advanced Roadmaps: 以下のテーブルは、Advanced Roadmaps プランに関連するエラーと警告メッセージのリストです。

メッセージ

説明

一部の課題ソース (プロジェクト) がすでに移行されています。

クラウド上の各プロジェクトにプランが再リンクされて、引き続き移行できます。または、クラウド サイトからこれらのプロジェクトを削除して、もう一度移行できます。

Advanced Roadmaps プランに追加されたユーザー定義のカスタム フィールドの一部が、
クラウドではサポートされていません。

ユーザー定義のカスタム フィールド タイプである [親のリンク]、[目標開始日]、[目標終了日]、[チーム] は、クラウドではサポートされていないため移行できません。次のいずれかを実行できます。

  • ユーザー定義のカスタム フィールドを完全に削除して、チェックを再実行する

  • 移行からこれらのフィールドを削除する

 

  • アプリ: 以下の表は、アプリに関連するエラーと警告メッセージのリストです。

メッセージ

説明

アプリの評価が不完全です

アプリの評価表に戻ります。評価にある各アプリにステータスを割り当ててください。表を完成してチェックを再実行すると、緑のチェックが表示されます。

[クラウドで必要] にマークされているサーバー上のアプリの一部が最新ではありません

サーバーのアプリをアップデートして、アプリの移行に対応するバージョンにする必要があります。アプリの移行に対応するアプリのバージョンについては、Marketplace Partner にお問い合わせください。

アプリ データの移行に同意していません

[同意する] 画面で、アプリの移行に同意する必要があります。

[クラウドで必要] にマークされているアプリの一部が、クラウド サイトにインストールされていません

[クラウドで必要] として選択したすべてのアプリを、クラウド サイトにインストールする必要があります。これは [インストール] 画面で実行できます。

[クラウドで必要] にマークされているアプリの一部は、移行成功率の基準を満たしていません

移行成功率が不明か低いステージ 1 にマークされたアプリを選択した場合は、次のオプションが表示されます。

  • 移行からアプリを削除する

  • 選択したステージ 1 アプリで移行を進める

[Continue and fix later] を選択した場合、移行を保存し、あとから再開してエラーを確認できます。

3.d. 移行をレビューする

これは移行のセットアップの最終ステップです。

screenshot_JCMA-review-your-migration
移行のレビューと保存

タブを切り替えて、移行に含まれるもの (ユーザーとグループ/プロジェクト/アプリ) の詳細を表示したり、移行前のレポート、移行後のレポート、エラー ログをダウンロードしたりできます。

[Logs and reports (ログとレポート)] タブでは、クラウド サイトに移行する前に移行前のレポート (.zip ファイル) をダウンロードしてデータをスキャンできます。レポートには次の情報が含まれます。

  • 概要 - 何が移行されるのか、何が移行されないのかに関する概要データを一覧表示します。

  • 留意事項 - 移行でサポート対象外の項目など、注意を要する項目の一覧が表示されます。

  • ユーザーとグループ - 移行に含めるユーザーとグループの一覧が表示されます。

  • 設定項目 - 移行の一部であるすべてのカスタム フィールドとワークフローの一覧が表示されます。

すべてが適切に指定されており、移行を開始して問題ない場合は、[Run] をクリックします。後で移行を開始する場合、または修正が必要なエラーがある場合は、[Save] をクリックします。

移行を実行するよう選択した場合も、移行は引き続き移行ダッシュボードに保存されます。ここで、すべての移行の進捗状況と詳細を確認できます。

移行が完了したら、移行後のレポート (.zip ファイル) をダウンロードして、クラウド サイト内の移行後データのステータスを確認できます。レポートには次の情報が含まれます。

  • 要約 - このリストは、正常に移行されたものと移行されなかったものに関する要約データを示します。

  • 留意事項 - このリストは、移行のサポート対象外だったアイテムなど、注意する必要があるアイテムを示します。

3.e. 移行を管理して実行する

保存した移行は移行ダッシュボードに一覧表示されます。ここで、移行の詳細を表示したり、移行を実行したりすることができます。移行のステータスの確認、進捗の監視、新しい移行の作成を行うこともできます。

移行はいくつでも作成できます。現時点では、移行を編集または削除することはできません 。不要な移行を作成した場合、新しい移行を作成します。

screenshot_migrations-dashboard

移行に関するステータスを以下のテーブルに示します。

ステータス

説明

保存済み

移行が保存済みで実行できる状態です。

実行中

現在、移行が進行中です。

完了

移行のすべてのタスクが完了しています。

STOPPED

移行処理が手動で停止されています。停止された移行は再開できません。移行が完全に停止しているものとして表示されるには、すでに進行中のすべてのステップを先に終了する必要があります。一部のプロジェクト、ユーザー、グループは、Jira Cloud サイトにすでに移行されている場合があります。

未完了

一部のタスクは完了していますが、エラーまたは移行できなかった内容があります。このステータスが表示される場合、一部のデータ (ユーザー、グループ、プロジェクト、課題など) は移行されており、同じプロジェクトを再移行する場合はクラウド サイトからこのデータを削除しなければならない可能性があることにご注意ください。

失敗

移行を完了できませんでした。移行先のサイトにプロジェクト キーがすでに存在しているか、移行で予期せぬエラーが発生した可能性があります。

 

移行の詳細

移行ダッシュボードで [View details] を選択することで、移行のすべての詳細情報を確認できます。詳細ページでは、移行の概要と、移行に含まれる各プロジェクトの詳細な進捗を確認できます。 

移行の実行
移行完了

アプリの移行を管理

移行ページに、アプリの移行の進捗状況を監視する [アプリ] セクションが表示されます。この進捗トラッカーから、各アプリのデータ移行に関する進捗状況を監視できるほか、移行の完了時にステータスを確認できます。

screenshot_JCMA_app-migration-progress

以下の表では、アプリ移行のさまざまな進捗状況を説明します。

ステータス

説明

成功

アプリ データの移行が完了して成功しました。

未完了

アプリ データの移行は完了していません。

失敗

アプリ データの移行に失敗しました。

実行中

アプリ データの移行はまだ実行中で完了していません。

準備完了

アプリ データの移行を実行する準備ができています。

タイムアウト

アプリ データの移行は完了していません。これは、アプリがデータの移行に許可された期間を超えたためです。アプリのデータの移行を進める方法については、それぞれのアプリのベンダーにお問い合わせください。

移行を完了しない、失敗するなど、アプリの問題がある場合は、Marketplace Partner (アプリのベンダー) に直接連絡してサポートを受ける必要があります。

エラー ログ

移行が未完了か失敗した場合は、エラー ログをダウンロードしてエラーの詳細を確認できます。移行が実行を停止すると、詳細ページの上部にエラー ログをダウンロードできるリンクが表示されます。

失敗した移行

移行後

プロジェクト データの移行が完了したら、添付ファイルの移行が完了していない場合であっても、クラウド サイトでプロジェクトを確認できます。移行の詳細ページでプロジェクト名を選択します。

移行のタイプによっては、移行の完了後に実行が必要な操作があります。移行後の推奨事項の完全な一覧については、「移行計画ガイド」を参照してください。

ユーザーとグループ

ユーザーとグループが正しくセットアップされていることを確認するには、次の手順を実行します。

  • [管理] > [ユーザー管理] に移動して、グループのメンバーを確認し、権限を承認します。

  • 必要に応じ、汎用の管理グループにユーザーを追加します。汎用グループの例: "site-admins"、"system-administrators"、"atlassian-addons"、 "atlassian-addons-admin"。

  • 外部のユーザー管理システムを使用している場合は、ユーザーが正しく同期されていることを確認します。

  • 準備が整ったら、ユーザーを招待します。[管理] > [ユーザー] > [詳細の表示] の順に選択し、[招待の再送] を選択します。ユーザーが初めて ログイン すると、新しいパスワードを設定し、個人情報を追加するように求めるメッセージが表示される場合があります。

ユーザー管理エクスペリエンスの向上を行っている場合は、[管理] > [ディレクトリ] > [ユーザー] > [詳細の表示] > [招待の再送] の順に選択します。

プロジェクト

プロジェクトの移行が正常に完了したことを確認するには、次の手順を実行します。

  • プロジェクトおよび課題を確認するか、ユーザーに自身のプロジェクトの確認を依頼します。

  • Former User が意図せず表示されている箇所がないかどうかを確認します。これは、コンテンツをユーザーに関連付けられなかったことを意味します。

  • JQL およびクイック フィルターに (migrated) フレーズがあるかどうかを確認します。これが見つかった場合、フィルターを動作させるには、(migrated) フィールドをクラウドの既存のバージョンに統合する必要があります。 

  • [設定] (歯車アイコン) > [Jira 設定] > [製品] > [アプリケーション リンク] に移動し、他のアトラシアン製品にリンクします。

  • その後、必要な他のアプリをインストールして、ユーザーのオンボーディングを実行できます。


既知の問題およびトラブルシューティング

トピック

説明

データの整合性

ご利用の Jira サーバー サイトが高度にカスタマイズされている場合、移行時に他の問題が発生する可能性があります。たとえば、必須フィールドに null 値が使用されている場合、これはクラウド サイトではサポートされていないため、移行は失敗します。移行前にサーバー データのクリーン アップを行うことをおすすめします。

特に大規模なプロジェクト

1 つのプロジェクトに 100,000 件以上の課題がある場合、Jira Cloud Migration Assistant がタイムアウトする可能性があります。100,000 件未満の課題を持つプロジェクトのみを移行することをお勧めします。複数の小規模なプロジェクトが合計で 100,000 件を超える課題を含む場合、それらは引き続き移行できます。 

すべてのユーザーとグループの移行

移行を実行するたびに、すべてのユーザーとグループが移行されます。ユーザーとグループの数が多い場合は、大幅な時間がかかる可能性があります。

最大 20,000 人のアクティブ ユーザーと無制限の非アクティブ ユーザーを移行できます。しかしながら、移行するユーザーの数が増えるほど問題が発生する可能性が高まり、移行にかかる時間も長くなります。

不完全な移行とプロジェクト

incomplete (不完全) ステータスが表示される場合、一部の情報は移行されていますが、少なくとも 1 個のエンティティの移行が行えていません。たとえば、プロジェクトの移行には成功したが、カスタム フィールドの値に null 値が使用されているために 1 件の課題の移行に失敗している可能性があります。このような場合、実際のすべてのデータは完了していても、プロジェクトは incomplete (不完全) と表示されます。多くの場合、このステータスが表示されても移行に問題はありません。エラー ログをダウンロードして問題の原因を確認できます。 

移行前のサーバーでの変更

サーバー サイトへの変更を行った場合は、すべてのデータを最新の状態にするため 10 分以上待ってから移行を行うようにします。 

プロジェクト キーの変更

移行前または移行中にサーバーでプロジェクト キーを変更することを選択した場合、すべての構成、フィルター、およびボードが新しいプロジェクト キーで更新されていることを確認してから新しい移行を試行するようにします。 

移行に含まれないプロジェクトと課題へのリンク

小規模なバッチでの移行を行うことを選択した場合、未移行のプロジェクトまたは課題へのリンクは、リンクされた項目が移行されるまでは欠落した状態になります。 

履歴エントリでの参照情報の欠落

履歴エントリが、欠落しているリンクまたは添付ファイルを参照している場合、履歴エントリは移行されません。リンクされた課題またはプロジェクトが後から移行された場合、履歴エントリが更新されます。 

Jira Software ボードでの結果の不一致

移行アシスタントは、移行後にボードの JQL フィルタが適切な値を返しているかどうかの確認は行いません。ボードのフィルターが未移行のプロジェクトまたはフィールドを参照している場合、移行後にそのボードで同じ結果が返されない可能性があります。この問題を解決するには、移行後にボードの JQL フィルタを編集します。 

Jira の新しい課題ビュー

クラウド サイトで新しい課題ビューを使用している場合は、ユーザーが 2 つのビューの違いを確認できるようなトレーニングやチュートリアル ビデオを用意できます。従来と新しい各課題ビューを切り替えるには、こちらの手順に従ってください。 

詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。

アトラシアン サーバー製品のサポートは 2024 年 2 月に終了します。サーバーのサポート終了スケジュールで詳細をご参照ください。

その他のヘルプ