移行後にクラウドでユーザーの利用を開始する

どんな移行においても、歓迎の気持ちを示し、ユーザーがクラウドを上手く利用できるようにすることが重要です。

適切に処理できれば、ユーザーの生産性が向上して決定内容を実行できます。

ユーザーの準備をサポートするため、ユーザーを引き付けるための主な変更の一部を紹介するクイック ガイドを用意しました。ぜひ、関連性の高い項目をコピー アンド ペーストしたり、ページ全体を共有したりしてください。

Confluence と Jira の主な変更

変更 1: 新しい URL でサイトへアクセスする

移行後、ユーザーは、以下のような形式の新しい URL を通してサイトにアクセスします。

  • Confluence: https://yourcloudsite.atlassian.net/wiki/home

  • Jira: https://yourcloudsite.atlassian.net/jira/your-work

  • Bitbucket: https://bitbucket.org/yourworkspace

ヒント 1: Jira または Confluence でサイト全体のバナーを適用して、ユーザーを新しい URL にリダイレクトできます

プロのヒント 2: 管理者はあなたの「サイト ホーム」(ユーザーが yourcloudsite.atlassian.net に移動するときにリンクされる製品) を設定できます。

たとえば、hello.atlassian.net は Confluence にリンクされていますが、デフォルトでは Jira にリンクされていました

ヒント 3: ユーザーに URL ブックマークの更新を依頼しましょう

変更 2: メール アドレスでログインする

エンドユーザーにとってのログイン時の主な違いの 1 つが、サーバー製品とは異なりユーザー名ではなくメール アドレスでログインする点です。

  • クラウドで SSO を使用している場合、ユーザーは SSO を通してログインし、同じパスワードを使用します

  • SSO がない場合、「パスワードを忘れた場合」を選択し、新しいパスワードを入力する必要があります

  • メール アドレスは必須で、クラウド内で一意である必要があります

  • 新しいアバターを追加する必要があります

変更 3: 出先でアクセスするためのモバイル クラウド アプリをダウンロードする

モバイル端末からのリアルタイムでの計画、追跡、コラボレーションをサポートするため Atlassian アプリをユーザーに紹介します。

チームがすでにモバイル アプリを使用している場合は、移行後にクラウド バージョンをダウンロードしてください。アプリのサーバー バージョンは機能しません。

jiranativeAppsDark
CloudNativeAppsDark

Confluence の主な変更

変更 1: 新しいホーム ページのより素早いナビゲーション

新しい Confluence ホーム ページとナビゲーション機能は、ユーザーにとって最も重要な移動先、コンテンツ、アクティビティを 1 つにまとめてあるので便利です。ホームは、Confluence を開始し、新しい作業に移る前に新たに方向を定めるには最高の場です。

ホーム機能:

  • 最近のページに戻る: 最近、下書き、公開、アクセス、またはスター追加をしたページが分かります。

  • 最も頻繁にアクセスするスペースへの移動: スター付きや最近アクセスしたチーム、プロジェクト、およびナレッジ ベース ワークスペースに移動します。

  • アクティビティ フィードの把握: 個人やチームのサイトで発生したアクティビティのフィードを閲覧します (カスタマイズ関連フィードの機能も後日追加予定)。

Confluence のホームページ


変更 2: よりすっきりしたページ編集エクスペリエンスをお楽しみください

新しいページは、Confluence Cloud エディターを使用して作成されます。レガシー エディターを使用して作成されたページは、新しいエディターに変換されるまで、同じエクスペリエンスのままとなります。

プロのヒント 1: 製品に対する変更を毎週お知らせする Atlassian ブログを定期的にご確認ください。

2021 年 3 月 31 日以降、Jira Cloud 製品 (Jira Software、Jira Service Management、Jira Core) で古い課題ビューを使用しているすべてのユーザーを、新しい課題ビューに移行しています。原則として古いビューには戻せませんが、期間限定で、Jira Cloud から完全に削除する前であれば、古いビューを一時的にクリック スルーできます。その後は、Jira Cloud で利用できるのは新しい課題ビューだけになります。新しい課題ビューの詳細

Jira の主な変更

変更 1: チーム管理対象プロジェクト

管理者かどうかに関わらず、すべてのユーザーはチーム管理対象プロジェクトを作成できます。Jira 管理者がこれを制限するには、「チーム管理対象プロジェクトの作成」権限を削除する必要があります。グローバル権限の詳細については、グローバル権限の管理をご参照ください。

変更 2: 新しい課題ビュー

新しい課題ビューは、ユーザーが課題を解決する場所です。つまり、1 日に数百回も (またはそれ以上) その課題を目にする可能性があります。幸い、管理者は各課題タイプについて、新しい課題ビュー上にあるフィールドの配置をカスタマイズできます。デフォルトの課題レイアウトをそのまま使用する必要はなく、チームの課題エクスペリエンスを最適化できます。課題レイアウトの構成に関する詳細

Jira Server から Jira Cloud に移行に関する、エンド ユーザー向けのチュートリアルをご参照ください。このチュートリアルでは、クラウドとサーバーの違いを中心に、Jira で一般的なタスクを実行する方法について説明します。動画プレイリストへアクセス

Bitbucket の主な変更点

コード レビュー機能

レビュアーが変更を迅速に評価できるように、これまでプル リクエスト ビュー (プル リクエストにおけるレビューと作業) では「コード中心」の設計アプローチを採用してきました。ユーザー テストを何度か繰り返すことで、コンテキストの切り替えの必要性を減らしつつ、レビュアーの操作性向上の観点から新しいデザインを最適化しました。 

さらに、強制マージ チェック、タスク作成、To Do リスト、横並び差分ビューなどの機能によって、サーバー製品とクラウド製品の同等性の実現にも努めています。その他の機能、改善点、利用可能となる時期については、Bitbucket Cloud ロードマップをご確認ください

組み込みの CI/CD

Bitbucket Pipelines は、UI に組み込まれ、リポジトリに付属する Bitbucket Cloud 用の CI/CD です。Pipelines を使用してコード、アプリケーション、またはアーティファクトをデプロイする場合、Bitbucket でデプロイメント環境のステータスを確認し、各環境でのコード変更を参照することができます。また、特定のブランチまたは管理者のみがデプロイできるようにデプロイメント環境を設定することもできます。Bitbucket Pipelines のデプロイの設定および監視の詳細については、こちらをご確認ください

Bitbucket Pipes を使用すると、自動化された強力な CI/CD ワークフローを、面倒な統合管理に悩まされることなく、すぐに利用可能な形で簡単に構築できます。アトラシアンでは、Microsoft、AWS、Slack、Google Cloud などの主要プラットフォームと連携し、CI/CD パイプラインの自動化に役立つパイプを構築しています。また、独自のパイプを簡単に作成し、リポジトリで重複する設定をまとめることもできます。Pipelines の Bitbucket Pipes の使用方法の詳細をご確認ください

統合とアプリ

Bitbucket Cloud アプリ エコシステムは Bitbucket Server とは異なります。一部の Server アプリは、Webhook やスニペットなど、すでに Bitbucket Cloud に必ず含まれる機能であるため、クラウド製品では不要です。

Bitbucket Cloud には、多数の人気のアプリや連携機能が入っています (今後も随時追加予定)。Bitbucket Cloud は、Slack、SonarCloud、Snyk、JFrog、AwesomeGraphs、AWS Code Guru をはじめとする、人気のコード スキャン、品質、セキュリティ、アーティファクト管理ツールと連携しています。以下は、Bitbucket Cloud で利用可能な、アトラシアン製品別の連携機能です。他製品との連携の詳細と総合的なリストについては、Marketplace のサポート対象のアプリと連携機能のリストを参照してください。

Bitbucket Cloud の機能が Server 製品と異なる点に関する詳細については「Bitbucket Cloud の機能の違い」をご参照ください。

最終更新日 2021年10月29日)
次でキャッシュ 2:11 AM on Nov 27, 2021 |

その他のヘルプ