Jira Cloud Migration Assistant でアプリを評価する

このページでは、移行をテストして実行する前にアプリを評価する方法を紹介します。このプロセスでは、サーバーにインストールしたアプリにクラウドが必要かどうか、またはクラウドに代替アプリを選択してインストールする方がよいかどうかなどの意思決定プロセスを合理化できます。

サーバー上のアプリで重要なデータを管理している場合は、そのデータの移行に最適なプロセスについて Marketplace Partner (アプリのベンダー) にご確認ください。

 

アプリの評価を開始する

Migration Assistant のホーム画面で [アプリを評価] を選択します。
これによって [アプリを評価] 画面が表示されて、サーバーにインストールしているすべてのアプリが表示されます。

screenshot-JCMA-home-Assess-your-apps-highlight
screenshot_JCMA-assess-your-apps

 

[アプリを評価] 画面を理解する

初めてアプリを移行する場合、[アプリを評価] 画面は難しく感じることがあります。この画面には記号と用語が分類されて (列ごとに) リストされています。

この画面には 5 つの列があります。

  • ユーザーがインストールしたアプリ: サーバー アプリケーションにインストールされているすべてのアプリをリストします。

  • ステータス: アプリの現在のステータスを表示します。この列のオプションの詳細は次の表で説明します。

  • クラウドに存在: クラウド バージョンのアプリが利用できるかどうかを表示します。この列のオプションの詳細は次の表で説明します。

  • 移行可能: クラウドに移行するアプリ データの移行パスが存在するかどうかを表示します。この列のオプションの詳細は次の表で説明します。

  • メモ: 各アプリ行の横に関連するメモを追加できます。

 

[ステータス] 列を理解する

この列のオプションによって、アプリの移行をどのように進めるかに基づいて各アプリにステータスを割り当てられます。

また、Jira Cloud Migration Assistant によって、[アプリを評価] 画面に戻ってアプリに割り当てたステータスを変更できます。

ステータス オプション

説明

No decision made 

表内の各アプリはこの状態から開始します。状況が不明な場合や、まだ決定を行っていない場合は、準備が整うまでアプリをこの状態のままにしておくことができます。

アプリをこの状態のままにして続行すると、アシスタントはこのアプリを移行に進めません。

Needed in cloud

アプリとアプリのデータをクラウド インスタンスに移行する必要があることがわかっている場合にこのステータスを使用できます。 

Not needed in cloud

アプリをクラウド インスタンスに移行する必要がない場合、このステータスを使用できます。この原因として以下のことが考えられます。

  • 既存のクラウド サイトにアプリがすでにインストールされている 

  • クラウドに、アプリの要件を実現するネイティブ機能がある 

  • エンド ユーザーがサーバーでアプリを使用していないため、移行が不要に見受けられる   

監査でが、アプリが有益で必要かどうか、エンドユーザーの意見を聞く必要があります。表の列 (appears on や viewed by など) を確認して、使用状況を確認できます。

代替アプリを使用

Atlassian Marketplace で利用可能なサーバー アプリを提供しているすべての Marketplace パートナー (旧称アプリ ベンダー) がクラウド バージョンを作成しているわけではありません。また、特定の機能に関する要件が変更されている可能性があります。このような場合は、サーバーにインストールされているアプリとは異なるアプリをクラウドで使用することをお勧めします。 

アプリにこのステータスを割り当てると、フローで後から代替アプリを選択することができます。

代替アプリの使用に関する詳細については、このページの最後の方をご参照ください。

 

[クラウドに存在する] 列を理解する

この列は、サーバーにインストールされているアプリのクラウド バージョンを、Marketplace Partner が構築済みかどうかを示します。

ステータス オプション

説明

screenshot_view-differences

記号: 緑のチェックは、アプリのクラウド バージョンが存在することを示します。

違いを表示: このテキスト リンクをクリックすると、関連する Marketplace Partner (アプリのベンダー) のページに移動して、アプリのクラウド バージョンとサーバー バージョンの違いを確認できます。

screenshot_view-listing

記号: 緑のチェックは、アプリのクラウド バージョンが存在することを示します。

View listing (リストを表示): このテキスト リンクをクリックすると、Atlassian Marketplace のアプリがリストされます。

screenshot_contact-vendor

記号: 灰色の疑問符は、クラウド アプリが存在するかどうかについて、Jira Cloud Migration Assistant がサーバー アプリから情報を取得できないことを示します。通常は、技術的な理由によるものです。

ベンダーに問い合わせる: このテキスト リンクをクリックすると Marketplace Partner サポート ページが表示されて、クラウド アプリが利用できるかどうかについて直接問い合わせられます。

screenshot_red-cross

記号: 赤の X 印は、クラウド バージョンのアプリが存在しないことを示します。

 

[移行可能] 列を理解する

この列には、顧客がアプリ データをサーバーからクラウドに移行するために使用できる移行パスを、Marketplace Partner (アプリのベンダー) が用意しているかどうかが表示されます。

ステータス オプション

説明

screenshot_stage1-app

このステータスはステージ 1 のアプリ用です。

記号: 灰色のチェックは、このアプリを Marketplace Partner (アプリのベンダー) が構築した自動パスを使用して、Jira Cloud Migration Assistant に従ってクラウドに移行できることを示します。

ステージ 1 のアプリは移行成功率が不明か低いことが判明しているため、ご注意ください。

ステージ 1 のアプリを移行しようとしてアプリ データの移行に失敗する場合は、対応する Marketplace Partner (アプリのベンダー) に問い合わせてサポートを依頼する必要があります。

自動パス: このテキスト リンクをクリックすると、対応する Marketplace Partner のドキュメントが表示されるため、利用できる自動移行パスについて確認できます。

 

screenshot_stage2-app

このステータスはステージ 2 のアプリ用です。

記号: 緑のチェックは、このアプリを Marketplace Partner (アプリのベンダー) が構築した自動パスを使用して、Jira Cloud Migration Assistant に従ってクラウドに移行できることを示します。

ステージ 2 のアプリは移行成功率が高いことが判明しています。

自動パス: このテキスト リンクをクリックすると、対応する Marketplace Partner のドキュメントが表示されるため、利用できる自動移行パスについて確認できます。

screenshot_automated-path-linked

このステータスはインストール専用アプリ用です。

記号: 緑のチェックは、このアプリをクラウドに移行できることを示します。ただし、これはインストール専用アプリであるため、Jira Cloud Migration Assistant を使用してアプリのクラウド バージョンをインストールするだけで済みます。これらのアプリのデータはプロジェクトや課題などの「コア製品データ」に埋め込まれていて、「コア製品データ」の移行時に移行されます。

自動パス: このテキスト リンクをクリックすると、対応する Marketplace Partner の移行ドキュメントに移動します。

screenshot_view-path-greytick

記号: 灰色のチェックは、このアプリを Marketplace Partner が開発した移行パスを使用して、Jira Cloud Migration Assistant なしでクラウドに移行できることを示します。

パスを表示: このテキスト リンクをクリックすると、Marketplace Partner の移行手順が表示されます。

screenshot_upgrade-path

記号: この記号は、このアプリには同等のクラウド アプリがあるが、Jira Cloud Migration Assistant (JCMA) と互換性のないバージョンのサーバー アプリを使用していることを示します。

推奨されるアクション:

  • JCMA をサポートするバージョンのサーバー アプリにアップグレードする必要があります。

  • サポートされているサーバー アプリのバージョンにアップグレードした後に、このアプリを評価し直す必要があります。この時点で、この列の [アプリのアップグレード] ステータスが [自動パス] に変更されます。

アプリをアップグレード: このテキスト リンクをクリックすると、サーバー インスタンス内の [アプリの管理] セクションにアップグレード オプションが表示されます。

screenshot_contact-vendor

記号: この記号は、アプリに同等のクラウド アプリはあるが、Marketplace Partner がアプリ データをクラウド アプリに移行するための移行パスをおそらくまだ構築していないことを示します。

: このステータスは、Jira Cloud Migration Assistant が技術的な理由でサーバー アプリから情報を取得できない場合にも表示されます。

ベンダーに問い合わせラベルは、Marketplace パートナー リストのサポート セクションにリンクします。

screenshot_red-cross

記号: 赤の X 印は、クラウド バージョンのアプリが存在しないことを示します。つまり、Marketplace Partner がクラウド アプリと移行パスを構築するまで、このアプリについてはアプリ データをクラウドに移行できません。

 

代替アプリを使用する

 [ステータス] 列でいずれかのアプリに [代替を使用] ステータスを割り当てると、必要な代替アプリを選択するように求められます。以下のスクリーンショットをご参照ください。

screenshot_use-alternative-screen1
screenshot_use-alternative-screen2

クラウド インスタンスでアプリが不要になった場合は、画面を 1 つ戻り、ステータスを not needed in cloud に変更します。これにより、代替アプリが必要なアプリの一覧からアプリが削除されます。

 

詳細情報

アプリの評価と移行のステップの概要については、サーバーからクラウドへの移行ガイドの「アプリと統合の監査と評価」セクションをご確認ください。

移行前にサーバー上でアプリを監査してそれらを評価し、必要に応じてクラウド サイトの代替アプリを選択すると、肝心なときにアプリによって移行がブロックされるようなリスクを排除できます。

その他のヘルプ