Confluence の移行前のチェックリスト

移行は、複雑で困難なプロセスになることがあります。アトラシアンではお客様を支援するため、データを Confluence Server または Data Center からクラウドに移行する準備が整っていることを確認するために必要なすべての項目を示したチェックリストを作成しました。 

一般的なエラーを防ぐため、移行を試す前に次の確認を完了します。

はじめる前に

1. 移行方法を確認する

確認する内容は、利用する移行方法によって異なります。このチェックリストでは次の方法を網羅しています。

  1. Confluence Cloud Migration Assistant

  2. スペース単位のインポート (XML)

  3. サイトのインポート (XML)

次に、選択した移行メソッドに対応した移行前のチェックに従います。

2. 準備する

移行前のチェックを完了するには、以下へのアクセス権が必要な場合があります。

  • Confluence Server または Cloud のユーザー インターフェイスへのアクセス

  • 展開されていない Confluence Space エクスポートへのアクセス

  • 展開されていない Confluence サポート Zip へのアクセス

  • ソース インスタンスで SQL を実行する方法

Confluence Cloud Migration Assistant のチェックリスト

移行アシスタントは、データに一般的なエラーがないかどうかを自動で確認します。次の内容を確認します。

  • Migration Assistant アプリが最新かどうか

  • ユーザーに有効で一意のメール アドレスが紐付けられているかどうか

  • 移行プロセスでのグループの統合

  • クラウド サイトにすでに存在するスペース

ただし、移行アシスタントはすべてを確認するわけではありません。このため、移行を開始する前に次のリストを使用したチェックを行う必要があります。

1. ユーザーの移行プランを確認する (必須)

アシスタントはユーザーやグループを移行できますが、アシスタントには、Confluence のみを移行するのか、Jira も同様に移行するのかを判断する機能は備わっていません。

Jira もサーバーからクラウドに移行する、または将来その可能性がある場合は、ユーザーの移行戦略を用意することが重要です。これによって、移行後に、ユーザー管理の問題やコンテンツの所有状況に関する問題が発生するのを防ぎます。

ユーザー移行戦略を作成するには、移行する対象と Jira 移行に使用する方法を把握しておく必要があります。 

移行予定に応じて次のようなものが考えられます。

  • Confluence のみを移行

  • Jira Cloud Migration Assistant を使用して Jira も移行

    • 移行アシスタントはユーザーとグループを移行しますが、Jira と Confluence でメール アドレスが同じユーザーに割り当てられていることを確認する必要があります。たとえば、userA (usera@example.com) は Confluence と Jira にアクセスできますが、両方のアプリケーションがデータベース内に UserA 用の同じメール アドレスを持っている必要があります。これは、移行アシスタントが移行中にユーザーのメール アドレスを使用してコンテンツをマッピングするためです。

  • Jira サイト インポート (XML バックアップ) を使用して Jira も移行

    • この場合は 2 つのオプションがあります。

      1. 最初にユーザーの移行する

        1. ユーザーの移行戦略の決定」に記載されているように、Atlassian のサポート チームのサポートを利用してすべてのユーザーを事前に移行して、次に Confluence または Jira を任意の順序で移行します。または、

      2. 最初に Jira を移行する

        1. Confluence Cloud Migration Assistant 経由で Confluence を移行する前に、Jira を移行します。Jira のサイト インポートはサーバー ユーザーを Atlassian アカウントに関連付けませんが、Confluence と Jira Cloud Migration Assistant は関連付けを行います。つまり、アシスタントはすべてのユーザーを作成してそれらをデータベース テーブルにある Atlassian アカウントのハッシュに関連付けるため、Confluence Cloud Migration Assistant を使用したあとに Jira サイトの XML がインポートされた場合は、コンテンツの所有権が失われる可能性があります。XML インポーターはこれらを読み取れないため、ユーザーがすでにクラウドに存在するかどうかを判断できず、すべての Jira 課題とコメントを「Uknown User (不明なユーザー)」に関連付けます。これは、移行の完了後には元に戻せません。

        2. 一方、Confluence Cloud Migration Assistant を実行する前に Jira Server の XML をインポートする場合、移行アシスタントは既存のサーバー ユーザー名をクラウド内の Atlassian アカウントにマッピングすることができます。

2. クラウド ユーザーの上限を超えていないことを確認する (必須)

Free プランの Confluence Cloud サイトに移行する場合、移行アシスタントは移行によってユーザーの上限を超えないことを確認します。つまり、サーバーから移行されるユーザーの合計と、クラウドにすでに存在するユーザーの合計は 10 人を超えられません。10 人を超えると移行は失敗します。 

Confluence Cloud サイトが別のプランの年間サブスクリプションを使用している場合、サーバーから移行されるユーザーの合計と、クラウドにすでに存在するユーザーの合計が、サブスクリプションのユーザー階層を超えないことを確認する必要があります。たとえば、51 ~ 100 ユーザーのサブスクリプションを契約しているときに 110 人のアクティブなユーザーをインポートしようとすると、移行は失敗します。 

これを修正するには、次の手順を実行します。

SQL を使用した確認 (Postgres でテスト済み)

移行を実行する前に次のクエリを使用し、移行するユーザーの数とご利用のクラウド プランのユーザーの上限とを照合します。必要に応じ、ユーザー数の削減、クラウド プランのアップグレード、サブスクリプションへのユーザー数の追加などを行います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 --USER LIMITS - TESTED ON POSTGRESQL SELECT u.lower_user_name, d.directory_name FROM cwd_user u JOIN cwd_membership m ON u.id = child_user_id JOIN cwd_group g ON m.parent_id = g.id JOIN SPACEPERMISSIONS sp ON g.group_name = sp.PERMGROUPNAME JOIN cwd_directory d on u.directory_id = d.id WHERE sp.PERMTYPE='USECONFLUENCE' AND u.active = 'T' AND d.active = 'T' GROUP BY u.lower_user_name, d.directory_name ORDER BY d.directory_name;

サポート Zip を使用した確認

移行を実行する前に次のクエリを使用し、移行するユーザーの数とご利用のクラウド プランのユーザーの上限とを照合します。必要に応じ、ユーザー数の削減、クラウド プランのアップグレード、サブスクリプションへのユーザー数の追加などを行います。

1 grep '<users>' application.xml

3. 適切な権限があることを確認する (必須)

移行を実行するユーザーが、次の権限を持っていることを確認します。

4. Confluence Server のバージョンを確認する (必須)

移行アシスタントが機能するには、サポート対象のバージョンの Confluence Server または Data Center を使用している必要があります。

サーバーの UI から確認する

Confluence のバージョンを検証するには、次の手順を実行します。 

  1. アプリケーションの右上にある歯車アイコンをクリックします。

  2. [一般設定] を選択します。

  3. 左側のナビゲーション パネルにある [システム情報] を選択します

  4. 最後に、Confluence のバージョンを確認します。

また、Linux および Windows では次の方法も使用できます。

Linux で確認する

これは次のコマンドを使用して検証できます。返される数字が 7901 (Confluence 6.13.x) 以上であることを確認します。

1 grep 'createdByBuildNumber' exportDescriptor.properties

Windows で確認する

これは次のコマンドを使用して検証できます。返される数字が 7901 (Confluence 6.13.x) 以上であることを確認します。

1 cat exportDescriptor.properties | Select-String -Pattern createdByBuildNumber

サポート Zip を使用した確認

これは次のコマンドを使用して検証できます。返されるバージョンが 5.10.x 以上であることを確認します。

1 grep '<product name="Confluence" version=' application.xml

5. アプリまたはアドオンのメール アドレスを修正する (必須)

この確認は、2 つ以上の Confluence Cloud サイトの統合を試行する際に適用されます。よくあるシナリオの 1 つとして、いずれかのサイトを XML バックアップとしてエクスポートして Confluence Server インスタンスにインポートし、Confluence Cloud Migration Assistant を活用して目的のクラウド サイトに統合する方法があります。これにより、クラウド サイトからサーバー インスタンスにアプリ (アドオン) ユーザーが移動されます。サーバーの世界においてアドオン ユーザーは一般的ではないため、クラウドに戻す移行の際にいくつかの問題が発生する可能性があります。移行の前に、これらのユーザーを削除または更新します。

SQL を使用した確認 (Postgres でテスト済み)

次のクエリを使用してこれらのユーザーを見つけ、削除するかメール アドレスを @connect.atlassian.com 以外のものに更新します。

1 2 --ADD-ON USERS - TESTED ON POSTGRESQL select * from cwd_user where lower_email_address like '%connect.atlassian.com%';

6. 重複しているメール アドレスを修正する (必須)

移行アシスタントは重複しているメール アドレスにフラグを付け、すべてのユーザーが一意のメール アドレスを持つまで移行を実行しません。プロアクティブな手順として、あらかじめ見つけて修正することをおすすめします。ユーザー情報が LDAP サーバー内で管理されている場合、移行前に LDAP サーバー内でメールを更新し、Confluence に同期しておく必要があります。ユーザー情報がローカルで管理されている場合、メールは Confluence Server の UI 経由で修正できます。

SQL を使用した確認 (Postgres でテスト済み)

次のクエリを使用して、重複しているメール アドレス、それらのアドレスの重複回数、およびそのメール アドレスに割り当てられたユーザーを見つけることができます。

1 2 3 --DUPLICATED EMAIL ADDRESSES - TESTED ON POSTGRESQL select lower_email_address, count(lower_email_address), array_agg(user_name) as "Users with Dupe E-Mail" from cwd_user group by lower_email_address having count(lower_email_address) > 1;

7. 重複しているユーザー名を修正する (必須)

移行アシスタントは重複しているユーザー名にフラグを付け、すべてのユーザーが一意のユーザー名を持つまで移行を許可しません。これは、Confluence の内部ディレクトリと Confluence の LDAP ディレクトリ内に同じユーザー名のユーザーが存在する場合に発生する可能性があります。その場合は、移行を開始する前に、ユーザーの名前を変更するか、いずれかを削除します。

SQL を使用した確認 (Postgres でテスト済み)

次のクエリを使用して重複しているユーザー名を特定します。

1 2 3 --DUPLICATED USERNAMES - TESTED ON POSTGRESQL select lower_user_name, count(lower_user_name) from cwd_user group by lower_user_name having count(lower_email_address) > 1;

8. 制限されるグループの名前を変更する (必須)

クラウド内に既に存在していたり、クラウドの関連機能に固有のグループだったりするために、移行されないグループがあります。これらのグループが移行前にサーバー インスタンスに存在している場合、グループベースのアクセスが保持されるよう、グループの名前を変更することが重要です。

SQL を使用した確認 (Postgres でテスト済み)

次のクエリを使用して、サーバー インスタンスにこのようなグループが存在するかどうかを確認します。存在する場合は、移行前にサーバーで名前を変更します。

1 2 3 --RESTRICTED GROUPS - TESTED ON POSTGRESQL select lower_group_name from cwd_group where lower_group_name in ('site-admins', 'system-administrators', 'atlassian-addons', 'atlassian-addons-admin');

9. ファイアウォールの許可ルールを更新する (必須)

移行アシスタントは、移行を実行するために Atlassian のドメインに接続します。ファイアウォールまたはリバース プロキシによってドメインがブロックされると、移行は失敗します。移行前に、Atlassian Cloud 製品の IP アドレスとドメインがセキュリティ ルールによってブロックされていないことを確認します。

10. アプリの移行方法を決定する (必須)

Confluence Cloud Migration Assistant は、アプリまたはアドオン データを移行しません。移行するアプリ データがある場合、データを適切に移行する方法を事前にベンダーに問い合わせてください。これには、Confluence Questions や Team Calendars for Confluence などのアトラシアン製のアプリが含まれます。これらのアプリのいずれかを移行する必要がある場合、関連する機能リクエストをウォッチして最新情報を受け取ることができます。

サポート Zip を使用した確認

次のクエリを使用して、Team Calendars または Questions for Confluence をインストールしたかどうかを確認します。

1 grep -e '<key>com.atlassian.confluence.plugins.confluence-questions</key>' -e '<key>com.atlassian.confluence.extra.team-calendars</key>' -- application.xml

11. パブリック アクセス設定を確認する (必須)

Confluence Server またはクラウド サイトをインターネットで公開するように構成できます。移行前に、これまでに公開済みのスペースがサーバー内にあるかどうかを確認して、それらの匿名アクセスのセットアップを削除します (コンテンツを公開することが想定されている場合を除く)。パブリック アクセス設定の確認に関する詳細をご確認ください。 

SQL を使用した確認 (Postgres でテスト済み)

次のクエリを使用して、自分のスペース権限を確認します。

1 2 3 select spaces.spacekey, spaces.spaceid, spacepermissions.permtype from public.spacepermissions inner join public.spaces on spacepermissions.spaceid = spaces.spaceid where spacepermissions.permtype = 'VIEWSPACE' and spacepermissions.permgroupname is null and spacepermissions.permusername is null;

12. ヒープ割り当てを確認する (必須)

移行するデータの量によっては、Confluence Server で OutOfMemory エラーが発生する場合があります。これによって、移行全体がクラッシュします。これを防ぐため、アプリケーションが 4GB 以上のヒープ割り当てで実行していることを確認します (この値未満である場合は可能な限り近づけます)。

Linux で確認する

/confluence-installation-directory/bin/setenv.sh ファイルに移動して、次の両方のパラメーターが 4096m または 4g (メガバイトではなくギガバイトで設定されている場合) を上回っていることを確認します。

1 -Xms4096m -Xmx4096m

また、オープンなファイルの制限を確認します。32768 になるべく近い数が理想的です。システムに設定されるオープンなファイルの数は、Linux ディストリビューションに応じて異なる場合があります。これをシステム コマンド経由で確認する方法が不明な場合、サポート Zip を作成し、application-propperties/application.xml ファイルを開いて、<max-file-descriptor> を検索します。この数が 32768 に近い場合は、必要に応じて調整します。

詳細は、「Too many open files エラー」ドキュメントで確認できます。これは、Windows を実行している場合には適用されません。

Windows で確認する (サービスとして実行している場合)

/confluence-installation-directory/bin/setenv.sh ファイルに移動して、次の両方のパラメーターが 4096m または 4g (メガバイトではなくギガバイトで設定されている場合) を上回っていることを確認します。

1 -Xms4096m -Xmx4096m

Windows で確認する (サービスとして実行していない場合)

次の手順の最初のステップに従います (ステップ内の Windows サービスを探します)。

サポート Zip を使用した確認

次のクエリを使用して、4 GB 以上のヒープ割り当てを実行していることを確認します。

1 grep '<max-heap>' application.xml

13. クラウド サイトのバックアップを作成する (推奨)

移行先のクラウド サイトに既存のデータがある場合は、スペースのインポート前にバックアップします。

14. テスト移行を実行する (推奨)

テストまたはステージング クラウド サイトへのテスト移行を行ってから最終移行を行うことを、強く推奨します。移行テストのガイダンスをご参照ください。

15. 移行プランをサポートに通知する (推奨)

週末や祝日に移行を行う、またはクラウド上のユーザーが 1,000 人以上になる場合は、2 週間以上前にお知らせください。弊社で人員を用意して、移行をサポートいたします。クラウド移行のサポートについてご確認ください。

スペース単位のインポート (XML) のチェックリスト

サーバーからクラウドに移行する際には Confluence Cloud Migration Assistant を使用することを強くおすすめします。この製品を使用できない場合や、Confluence Cloud にインポートするスペースが別のクラウド サイトからエクスポートされている (例: クラウドからクラウドへの移行) 場合は、移行を実行する前に次のチェックリストを使用します。

1. ユーザーの移行プランを確認する (必須)

スペース エクスポートの XML は移行先のクラウド サイトに、ユーザー、グループ、またはグループのメンバーシップをインポートしません。つまり、これらのユーザーまたはグループに制限されているページがある場合、移行先のサイトでそのユーザーおよびグループを再作成しない限り、それらのページを参照することはできません。

2. 適切な権限があることを確認する (必須)

移行を実行するユーザーが宛先のクラウド サイト内に存在し、サイト管理者権限を付与されていることを確認します。

3. アプリの移行方法を決定する (必須)

スペース エクスポートの XML は、アプリのデータ (Team Calendars などのアトラシアン製アプリを含む) は移行しません。移行が必要なアプリを評価したあとに、アプリ データを移行できるかどうかをアプリの開発元に確認する必要があります。

サポート Zip を使用した確認

次のクエリを使用して、Team Calendars または Questions for Confluence をインストールしたかどうかを確認します。

1 grep -e '<key>com.atlassian.confluence.plugins.confluence-questions</key>' -e '<key>com.atlassian.confluence.extra.team-calendars</key>' -- application.xml

4. Confluence Server のバージョンを確認する (必須)

インポートするスペースが別のクラウド サイトのものである場合は、バージョンを確認する必要はありません。 

Confluence Server または Data Center からスペースをインポートする場合、インスタンスがバージョン 6.13.x 移行を実行中であることを確認します。バージョンが古い場合、インポートは正常に機能しません。以前のバージョンを実行している場合、最初にアップグレードする必要があります。

サーバーの UI から確認する

Confluence のバージョンを検証するには、次の手順を実行します。 

  1. アプリケーションの右上にある歯車アイコンをクリックします。

  2. [一般設定] を選択します。

  3. 左側のナビゲーション パネルにある [システム情報] を選択します

  4. 最後に、Confluence のバージョンを確認します。

また、Linux および Windows では次の方法も使用できます。

Linux で確認する

これは次のコマンドを使用して検証できます。返される数字が 7901 (Confluence 6.13.x) 以上であることを確認します。

1 grep 'createdByBuildNumber' exportDescriptor.properties

Windows で確認する

これは次のコマンドを使用して検証できます。返される数字が 7901 (Confluence 6.13.x) 以上であることを確認します。

1 cat exportDescriptor.properties | Select-String -Pattern createdByBuildNumber

5. XML の構造を確認する (必須)

スペース エクスポートの XML が破損していないことを確認します。

XML のスペース エクスポートを使用して確認する

クラウドにインポートする前に次のコマンドを実行して、破損しているデータがないことを確認します。

1 xmllint --noout entities.xml

XML が適切に構成されている場合、コマンドは何も返しません。値が返される場合、インポートを実行する前に報告された問題を修正します。

6. エクスポートが適切な種類であることを確認する (必須)

インポートするファイルがスペース エクスポート (完全なサイト エクスポートでない) ことを確認します。スペース エクスポートではない場合、インポート プロセスは失敗します。

Linux で確認する

XML ファイルをクラウドにインポートする前に次のコマンドを実行して、exportType=space が返されることを確認します。

1 grep 'exportType' exportDescriptor.properties

これが返されない場合、ご利用のファイルはサイトのエクスポート ファイルで、代わりにスペース エクスポートを作成する必要があります。

Windows で確認する

XML ファイルをクラウドにインポートする前に次のコマンドを実行して、exportType=space が返されることを確認します。

1 cat exportDescriptor.properties | Select-String -Pattern exportType

これが返されない場合、ご利用のファイルはサイトのエクスポート ファイルで、代わりにスペース エクスポートを作成する必要があります。

7. 重複しているスペース キーを確認する (必須)

各スペースは一意のスペース キーに関連付けられています。インポートするスペースがクラウド内にすでに存在しているスペース キーを持つ場合、インポートは失敗します。

Linux で確認する

次のコマンドを実行してスペース キーを確認し、宛先のクラウド インスタンスに存在していないことをインポート前に確認します。

1 grep 'spaceKey' exportDescriptor.properties

Windows で確認する

次のコマンドを実行してスペース キーを確認し、宛先のクラウド インスタンスに存在していないことをインポート前に確認します。

1 cat exportDescriptor.properties | Select-String -Pattern spaceKey

8. ヒープ割り当てを確認する (必須)

移行するデータの量によっては、Confluence Server で OutOfMemory エラーが発生する場合があります。これによって、移行全体がクラッシュします。これを防ぐため、アプリケーションが 4GB 以上のヒープ割り当てで実行していることを確認します (この値未満である場合は可能な限り近づけます)。

Linux で確認する

/confluence-installation-directory/bin/setenv.sh ファイルに移動して、次の両方のパラメーターが 4096m または 4g (メガバイトではなくギガバイトで設定されている場合) を上回っていることを確認します。

1 -Xms4096m -Xmx4096m

また、オープンなファイルの制限を確認します。32768 になるべく近い数が理想的です。システムに設定されるオープンなファイルの数は、Linux ディストリビューションに応じて異なる場合があります。これをシステム コマンド経由で確認する方法が不明な場合、サポート Zip を作成し、application-propperties/application.xml ファイルを開いて、<max-file-descriptor> を検索します。この数が 32768 に近い場合は、必要に応じて調整します。

このエラーの詳細については、こちらをご参照ください。これは、Windows を実行している場合には適用されません。

Windows で確認する (サービスとして実行している場合)

/confluence-installation-directory/bin/setenv.sh ファイルに移動して、次の両方のパラメーターが 4096m または 4g (メガバイトではなくギガバイトで設定されている場合) を上回っていることを確認します。

1 -Xms4096m -Xmx4096m

Windows で確認する (サービスとして実行していない場合)

次の手順のステップ 1 に従います (ステップ内の Windows サービスを探します)。

サポート Zip を使用した確認

次のクエリを使用して、4 GB 以上のヒープ割り当てを実行していることを確認します。

1 grep '<max-heap>' application.xml

9. クラウド サイトのバックアップを作成する (推奨)

移行先の Cloud サイトに既存のデータがある場合、スペースをインポートする前にそれらのデータをバックアップします

10. テスト移行を実行する (推奨)

テストまたはステージング クラウド サイトへのテスト移行を行ってから最終移行を行うことを、強く推奨します。移行テストのガイダンスをご参照ください。

11. 移行プランをサポートに通知する (推奨)

週末や祝日に移行を行う、またはクラウド上のユーザーが 1,000 人以上になる場合は、2 週間以上前にお知らせください。弊社で人員を用意して、移行をサポートいたします。クラウド移行のサポートについてご確認ください。

サイト インポート (XML) チェックリスト

この方法は、クラウド サイトに Confluence のみが存在する場合にのみ使用できます。この方法は多数の制限があるため、移行に使用するのは推奨されません。 

Confluence Cloud Migration Assistant またはスペース単位でのインポートを活用する代わりにこの方法を使用する必要がある場合は、サポートにお問い合わせください。お客様の移行に最適なアプローチの決定をサポートさせていただきます。

詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。

最終更新日 2021年04月30日)
次でキャッシュ 2:12 AM on Nov 27, 2021 |

その他のヘルプ