移行のためにユーザーを評価および準備する

アトラシアン オンプレミス製品では、ユーザーはユーザー名で識別されます。有効なメール アドレスを持っていないユーザーが多いのは、そのためです。Cloud では、メール アドレスが主要な識別子です。すべてのユーザーは、有効で一意のメール アドレスを持っている必要があります。メール アドレスを持っていないユーザーは、Cloud への移行を妨げます。

Jira Cloud Migration Assistant でユーザーを評価して、要件を満たしていないユーザーを特定します。次に、こうしたユーザーを手動で更新するか、自動オプションのいずれかを選択すると、移行中の問題を解決できます。

はじめる前に

ユーザーの評価と準備は、Jira Cloud Migration Assistant でのみ実行できます。

移行前にユーザーを評価する

直近で移行の計画がない場合でも、評価はいつでも実行できます。移行を実行する前に、ユーザーの状態と更新が必要なユーザー数を把握するのに役立ちます。移行が妨げられないように、移行日が近くなったら再評価を行いましょう。

ユーザーを評価するには、次の手順に従います。

  1. Jira Cloud Migration Assistant を開きます。[管理] > [システム] > [クラウドへの移行] の順に移動すると見つかります。

  2. ホーム画面の [Assess and prepare users (ユーザーの評価と準備)] カードで、[Begin assessing (評価を開始)] を選択します。これにより、空の結果のページが開きます。

  3. 評価を開始するには、[Begin assessing (評価を開始)] を選択します。

評価の仕組み

ユーザーを評価する際には、次の点が確認されます。

  • すべてのディレクトリ: Jira 内部ディレクトリのユーザーと、Jira に接続されている任意のアクティブ ディレクトリのユーザー。ディレクトリ自体ではなく、こうしたディレクトリと同期した後に Jira で作成されたユーザーのコピーを評価します。つまり、Jira の [管理] > [ユーザー] にいる全員をチェックします。

  • すべてのユーザー タイプ: Jira のアカウントを持つユーザーと、Jira Service Management の顧客 (カスタマー ポータルにアクセスできるユーザーのみ)。

結果

評価が完了すると、次のような結果が表示されます。

無効なメール アドレスや重複したメール アドレスの数を示すユーザー評価の結果。
  • 無効なメールアドレス: メール アドレスが無効なユーザーの数。

  • 重複したメール アカウント: 複数のユーザーが共有しているメール アカウントの数。この指標では、重複は個別にカウントされません。

メール アドレスが無効で重複している場合は、無効としてカウントされます。

移行のためにユーザーを準備する

評価が完了したら、次の画面に進み、特定されたユーザーの詳細を確認できます。ユーザーの重要度に応じて、次の 2 つの方法で修正する必要があります。

  • ユーザー ディレクトリ内で重要なユーザーを更新する

  • 移行時に残りのユーザーを自動的に修正する

アシスタントを使用した無効なメール アドレスや重複したメールアドレスの自動修正は、移行をブロックする古いアカウントや重要でないアカウントの問題を解決するために実行されます。これによってディレクトリ内のユーザーが更新されることはありません。移行時に Cloud で作成されたユーザーだけが更新されます。Cloud で作業する実際のユーザーは、ユーザー ディレクトリ内で更新する必要があります。

ユーザー ディレクトリ内で重要なユーザーを特定して更新する

評価が完了したら、[無効なメール アドレスを修正する] 画面と [重複するメール アドレスを修正する] 画面間で移動できます。これらの画面には、重要でないアカウントを修正するために適用できる自動オプションと、ユーザーのリストが含まれます。リストを並べ替えて、ユーザー ディレクトリで修正する必要があるアカウントを見つけられます。

重要なユーザーを特定するには、以下を実行します。

  1. 評価が完了したら、[無効なメール アドレスを修正する] を選択します。

  2. [無効なメール アドレスを修正する] 画面で、無効なメール アドレスのユーザー リストまでスクロールします。

  3. [最終認証] 列を選択して、最近ログインしたユーザーを見つけます。

  4. ユーザー リストを準備して、ユーザー ディレクトリ内でメール アドレスを更新します。

  5. 無効なメール アドレスの修正後、[重複するメール アドレスを修正する] を選択すると、重複したアカウントについても同様の画面が表示されます。同じ手順を繰り返して、重要なユーザーを特定します。いつでもこれらの画面間を移動できます。

最終認証順に並べられた、無効なメール アドレスのユーザー リスト。

各画面で [ユーザーを CSV ファイルに基づいて更新] を選択して、全ユーザーのリストをダウンロードすることもできます。

移行時に残りのユーザーを修正する

重要なユーザーを特定して修正したら、残りのユーザーに対して、移行時に自動オプションのいずれかを適用できます。無効なメール アドレスや重複したメール アドレスを修正するオプションの詳細については、以下のページを確認してください。

その他のヘルプ