Advanced Roadmaps プランを移行

Jira Cloud Migration Assistant では、プロジェクトや単一プロジェクトのボードなどの課題ソースを含む Advanced Roadmaps プランを Advanced Roadmaps サーバーからクラウドに移行できます。Jira Cloud Migration Assistant を使用して Advanced Roadmaps プランを移行する方法をご確認ください。

Advanced Roadmaps プランの移行は現在開発中です。移行時にすべてのデータがクラウド サイトに移行されるわけではありません。

移行されるものと移行されないもの

移行される情報

移行されないデータ

  • 課題ソースをプロジェクトとして含むプラン

  • 課題ソースを単一プロジェクトまたはプロジェクト横断型のボードとして含むプラン

  • 課題ソースをフィルターとして持つプラン

  • ユーザーとグループ

  • グローバル構成

  • カスタム課題タイプ、カスタム フィールド、カスタム階層マッピング

  • ライブ プランはインターフェイスが改善されたプランとして移行されます。

  • クラシック プラン

  • 課題ソースを非公開フィルターとして持つプラン

  • 未保存のシナリオ データ

  • 保存済みビュー

  • ユーザー定義のカスタム フィールド タイプ

    • Parent link

    • チーム

    • Target start

    • Target end

サポートされている Advanced Roadmaps のバージョン

次の適切な Advanced Roadmaps プランのバージョンがインストールされていることをご確認ください。

  • JSW DC 8.15 以降の場合は、対応する ARJ のバンドル バージョンです。

  • JSW DC 8.14 以前 (および Jira Core と JSW Server) の場合は、3.17.0 以上です。

Advanced Roadmaps の移行戦略に関する推奨事項

  1. 複数のフェーズで移行する、たとえば今日は Jira Software プロジェクトを、明日は Advanced Roadmaps プランを移行する場合は、次の手順をお勧めします。

    1. まず、Advanced Roadmaps プランを移行します。プロジェクト、ボード、フィルター (非公開フィルターを除く) として課題ソースを持つすべてのプランが移行されます。

    2. 次に、他のすべてのプロジェクトを移行する予定がある場合は移行します。

  2. 移行中に課題ソースやプロジェクト間のリリースをアップデートした場合、最新の変更は移行されません。移行を決めたら、課題ソースやプロジェクト間のリリースをアップデートしないことをお勧めします。

    課題ソースをアップデートした場合にプランへの変更を反映するには、移行を再実行する必要があります。

    プロジェクト間のリリースをアップデートする場合は、移行先のクラウド サイトでそれらを削除してから、移行を再実行してプランに変更を反映する必要があります。

  3. 未保存のシナリオは移行されないため、移行前にすべてのシナリオを保存しておくことをお勧めします。

はじめる前に

移行先のクラウド サイトに Jira Work Management があることをご確認ください。

移行後のタスク

Jira Cloud Migration Assistant を使用して Advanced Roadmaps プランを移行し終えたら、クラウド サイトで既定の開始日と終了日を設定する必要があります。

サーバーでは、プランの既定の開始日と終了日は [目標開始日] と [目標終了日] です。クラウドでは、既定の開始日と終了日は [開始日] と [終了日] です。

サーバーで既定の開始日と終了日を使用している場合は既定のフィールドが異なるため、移行後はクラウドで日付が表示されません。これを解決するには、クラウド サイトで既定の開始日と終了日を [目標開始日] と [目標終了日] に設定する必要があります。

 

その他のヘルプ