クラウド間移行のためにサイトを準備する

クラウド間移行を開始する際には、いくつかの事前作業を行ってサイトとデータを準備する必要があります。

アトラシアンのサイトと組織について理解する

アトラシアンの組織では、全社的な管理者設定を確認できます。サイトには、使用している各アトラシアン製品のインスタンスが 1 つ含まれています。組織にはすべてのクラウド サイトと製品が含まれており、複数のサイトを同じ組織に含めることができます。サイトには独自の管理者設定もあります。

クラウド間移行は、同じ組織内のサイト間、または異なる組織内のサイト間で実行できます。

クラウド間移行における移行元サイトと移行先サイトについて理解する

クラウド間移行では、移行元サイトと呼ばれる 1 つのクラウド サイトから、移行先サイトと呼ばれる別のクラウド サイトにデータがコピーされます。移行先サイトは、新しいサイトでも、既存のデータを含むサイトでもかまいません。

自分の権限を確認する

移行元サイトの組織またはサイトの管理者のみが、クラウド間移行機能にアクセスできます。同じ組織内のサイトに移行するには、移行先サイトのサイト管理者である必要があります。別の組織内のサイトに移行するには、移行先サイトが属する組織と移行元サイト両方の組織管理者である必要があります。管理者権限の詳細を確認する

移行先サイトを選択する際には、移行を実行するために必要な権限 (前述のとおり) があるかどうかに基づいて、選択できるサイトが決定されます。

移行先サイトに Jira 製品を追加する

Jira のクラウド間移行の実行準備を進めている場合は、他の製品からデータを移行しない場合でも、移行先サイトに移行元サイトと同じ Jira 製品が存在することを確認してください。これにより、移行が失敗する可能性が低くなります。移行後に使用しない製品がある場合は、その製品の無料トライアルを設定して、移行完了後にトライアルを無効化してください。

移行元サイトに Jira Software、Jira Work Management、Jira Service Management があり、Jira Software からのみデータを移行する場合でも、移行先サイトに Jira Work Management と Jira Service Management を追加する必要があります。

移行先サイトにアプリをインストールする

移行元サイトにユーザーがインストールしたアプリがある場合は、移行を実行する前に、移行先サイトにもそのアプリがインストールされていることを確認してください。現時点ではアプリ データは移行されませんが、これによってエラーが発生する可能性が低くなります。アプリ データを移行するには、それぞれの Marketplace パートナーに連絡する必要があります。

移行が請求に与える影響を理解する

移行するユーザーの数と、移行元サイトと移行先サイトが現在使用中のサブスクリプションプランによっては、移行先サイトでの請求とエクスペリエンスが移行によって影響を受ける場合があります。次の表を使用して、これらの変更の内容を理解してください。Jira Cloud プランの詳細を見る

移行元サイトのプラン

移行先サイトのプラン

変更

Free

Free

変更なし

Free

有料

移行後にグループに追加されたユーザーについては、移行先サイトで請求されます。

移行元サイトでは請求されません。

有料

Free

すべてのユーザーを移行できますが、グループに追加することはできません。そのためには、移行先サイトを有料プランにアップグレードする必要があります。

引き続き移行元サイトで請求されます。

有料

有料

引き続き両方のサイトで請求されます。移行後にグループに追加されたユーザーについては、移行先サイトで請求されます。

移行後に移行元サイトを維持しない場合は、移行元サイトから移行先サイトにクレジットを転送できるよう計らっています。請求についてカスタマー アドボケートに問い合わせる

移行後は、移行元サイトを無料プランにダウングレードすることを忘れないでください。

移行の準備はできましたか?

Jira のクラウド間移行に関する詳細をご確認ください:

その他のヘルプ