Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

Jira ワークフローとは

すべての Jira プロジェクトには課題が含まれ、チームはこの課題を表示し、作業を行い、作成から完了までの各作業段階をトランジションさせます。課題がたどるこのようなパスはワークフローと呼ばれます。それぞれの Jira ワークフローは、課題がそのライフサイクルの間に移動する一連のステータスとトランジションから構成されて、通常は組織内の作業工程を表します。 

企業管理対象プロジェクトのワークフロー

また、Jira はワークフロー スキームを使用して、課題タイプとワークフローの関係を定義します。ワークフロー スキームはプロジェクトに関連付けられており、プロジェクトと課題タイプの組み合わせに応じて、異なったワークフローの使用を可能にします。チームや組織の作業に適した詳細なワークフローの作成や編集を行う必要がある場合は、グローバル権限を持つ Jira 管理者としてログインして、ワークフローへのアクセスやワークフローの作成を行います。シンプルさを維持するためには、Jira 内で選択したプロジェクト タイプに用意されている初期設定のワークフローを使用します。ワークフローは、いつでも変更したり、後から新しく作成したりできます。

可能な操作

関連ドキュメント

  • 既存ワークフローの編集

  • 新規ワークフローの作成

  • 既存ワークフローの設定 

  • 企業管理対象プロジェクトでワークフローを表示する

ワークフローで作業する

  • ワークフロースキームの追加

  • ワークフロースキームの設定

  • ワークフロー スキームの管理

ワークフロースキームの設定をする

  • ワークフローのインポートとエキスポート

  • 無効ワークフローの有効化設定

ワークフローを管理する

  • カスタム イベントの追加

  • 初期ステータスの設定

  • テキストモードで作業する

  • ワークフロー トリガーの設定

  • バリデーターとカスタム フィールドの使用

  • XML を使用してワークフローを作成する

  • ワークフロー プロパティの設定

高度なワークフローの設定

チーム管理対象プロジェクトのワークフロー

プロジェクト管理者は、チーム管理対象プロジェクトでプロジェクト ワークフローを作成、編集、削除できます。プロジェクトの作成時に選択したテンプレートに用意されている初期設定のワークフローを使用することで、開始できます。ワークフローは、いつでも変更したり、後から新しく作成したりできます。課題タイプに独自のワークフローを割り当てることで、各プロジェクトに複数のワークフローを含められます。

可能な操作

関連ドキュメント

  • 新規ワークフローの作成

  • ワークフローを編集

チーム管理対象プロジェクトで複数のワークフローを作成して編集する

  • ワークフロー、ワークフロー ステータス、ステータス カテゴリの詳細

  • ワークフロー トランジションの詳細

  • 課題タイプのワークフローを表示または編集する

  • 課題タイプのワークフローへの変更を保存する

チーム管理対象プロジェクトでワークフローを管理する方法

  • 課題タイプのワークフローでステータスを作成または追加する

  • 課題タイプのワークフローでステータスの名前またはカテゴリを編集する

  • 課題タイプのワークフローでステータスを削除する

チーム管理対象プロジェクトでステータスを作成、編集、削除する

  • トランジションを作成、編集、削除する

チーム管理対象プロジェクトで課題のトランジションを管理する

  • 課題をユーザーに割り当てるルール

  • 課題のフィールドを確認するルール

  • 課題があるステータスを通過したかどうかを確認するルール

  • 課題フィールドを更新するルール

チーム管理対象プロジェクトで利用できるワークフローのルール

  • 新しいルールをトランジションに追加する

  • トランジション ルールを編集または削除する

チーム管理対象プロジェクトでワークフロー ルールを追加または削除する

 

その他のヘルプ