CSV ファイルからデータをマッピングする

Jira Work Management でデータをマッピングすると、インポート列の情報をプロジェクトの課題フィールドに結び付けられます。これにより、データの表示方法や整理方法をカスタマイズできます。たとえば、CSV ファイルの日付をビジネス プロジェクトの課題の「開始日」または「終了日」にマッピングできます。

データをマッピングするには、プロジェクトを作成する前に、CSV インポート列をプレビューし、プレビュー画面でデータのマッピングを調整するだけです。これにより、特定のニーズに合わせてプロジェクトを柔軟に調整でき、データが正確で関連性があることを確認できます。

管理者は、企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの両方にデータを作成してインポートできます。

プロジェクト作成権限があるユーザーは、チーム管理対象プロジェクトにのみデータを作成してインポートできますが、ユーザーを新しいプロジェクトに移動することはできません。新しいプロジェクトのユーザーフィールドはすべて割り当てが解除され、コメント内のユーザー タグはプレーン テキストで表示されます。

Jira のグローバル権限についてご一読ください

列をフィールドにマッピング

CSV ファイルをアップロードすると、CSV に含まれる最初の 30 行のデータを示す動的なプレビュー テーブルが表示されます。

このテーブルでは、列データをフィールドにマッピングして、ビジネス プロジェクトでデータをどのように表示するかを確認できます。データ行ごとに、新しいビジネス プロジェクトに課題が作成されます。

テーブルの最初の行では、データをマッピングできます。テーブルの 2 行目には、CSV ファイルのデータのヘッダーが表示されます。

  1. ファイルのほとんどのデータは、列名と既存の Jira フィールド名に基づいて自動的にマッピングされます。列が正しくマッピングされていることを再確認する必要があります。

  2. データをフィールドにマッピングするには、プレビュー テーブルの最初の行で [フィールドにマッピング] を選択します。

  3. その列のデータへのマッピングに最適なフィールド タイプをドロップダウンから選択します。インポートからデータを除外するか、特定の情報用のカスタム フィールドを作成するか、あるいはデータを Jira フィールドまたは以前に作成したカスタム フィールドにマッピングするかを、ドロップダウンから選択できます。

注意: マッピングしたフィールドのうち 1 つ以上に、課題の要約フィールドのデータが含まれている必要があります。

マッピングされていない列は、自動的にインポートから除外されます。

インポーターのプレビュー テーブルにあるドロップダウンのスクリーンショット

日付と時刻をインポート

Jira に日付と時刻のデータをインポートするには、日付と時刻の形式オプションを CSV ファイルに合わせて調整し、ファイルで使用される日付形式を Java SimpleDateFormat 構文で指定します。Jira は、CSV に設定された言語設定と地域設定に基づいて日付と時刻を読み取ります。

カスタム フィールド

Jira Work Management のカスタム フィールドを使用して、チームや組織のニーズに合った追加情報を追跡、管理できます。

Jira には、ほとんどの目的に使用できる一連の標準フィールドが用意されていますが、カスタム フィールドを使用すると、ワークフローやビジネス プロセスに固有のデータを取得してレポートすることができます。カスタム フィールドは、テキスト、数値、日付、ドロップダウン リストなど、さまざまな種類のデータ用に作成でき、必要に応じて画面、課題タイプ、プロジェクトに追加できます。カスタム フィールドを使用すると、インスタンスの柔軟性が高まり、チームの要件に合わせて調整できるため、データの精度が向上し、情報に基づいた意思決定を行えるようになります。カスタム フィールドに関する詳細をご確認ください

カスタム フィールド作成のヒント

  • インポートでのカスタム フィールドの数を制限できます。

  • 既存のカスタム フィールドや標準 Jira フィールドの名前が重複しないようにしてください。

  • カスタム フィールドには、他の場所で再利用できる汎用的な名前を使用してください。例えば、「マーケティング目標」ではなく「目標」とします。

列データをカスタム フィールドにマッピング

プレビュー テーブルによるカスタム フィールド プレビューの作成

  1. カスタム フィールドを作成する必要がある列のプレビュー テーブルで、[フィールドにマッピング] を選択します。

  2. ドロップダウンで [カスタム フィールドの作成] を選択してから、自分の列フィールドに最適なフィールド タイプを選択します。

複数選択カスタム フィールドへのインポート

CSV ファイルには、1 つの複数選択カスタムフィールドへの複数のエントリを含めることができます。例:

1 2 Summary,Multi Select,Multi Select,Multi Select Sample issue,Value 1,Value 2,Value 3

これは、複数の値を持つ複数選択カスタムフィールドにデータを追加します。

カスケード選択カスタム フィールドへのインポート

次の構文を使用して、カスケード選択カスタム フィールドに値をインポートできます。

1 2 Summary, My Cascading Custom Field Example Summary, Parent Value -> Child Value

"->" セパレーターを使用すると、 階層をインポートできます。

インポートから列データを除外

インポートからデータを除外する方法のプレビュー

プレビュー画面でのインポート処理中に不要なデータや無関係なデータを見つけた場合は、該当する列をインポートから除外することができます。

データ列を除外するには、フィールド マッピング ドロップダウンで [インポートから列データを除外] を選択します。

列がドロップダウンから意図的に除外されると、プレビュー テーブルの上にある列のドロップダウンにその旨が表示されます。インポートに戻す必要がある列を誤って除外した場合は、その列の見出しをドロップダウンから再度選択してください。

除外データ チェックボックスのプレビュー

 

CSV データをフィールドにインポートするためのヒント

Jira Work Management のインポートで現在サポートしているシステム フィールドおよびカスタム フィールドのリストと、有用なヒントをご紹介します。

システム フィールド

説明

SUMMARY

Jira の要約フィールド タイプにマッピングします。あらゆるテキスト コンテンツをサポートします。

DESCRIPTION

Jira の説明フィールド タイプにマッピングします。あらゆるテキスト コンテンツをサポートします。

ENVIRONMENT

Jira の環境フィールド タイプにマッピングします。あらゆるテキスト コンテンツをサポートします。

ISSUE_TYPE

Jira の課題タイプ フィールド タイプにマッピングします。あらゆるテキスト コンテンツをサポートします。例: タスク、バグ、ストーリー

STATUS

Jira のステータス フィールド タイプにマッピングします。あらゆるテキスト コンテンツをサポートします。例: 作業前、進行中、完了

PRIORITY

Jira の優先度フィールド タイプにマッピングします。あらゆるテキスト コンテンツをサポートします。

DUE_DATE

Jira の日付フィールド タイプにマッピングします。任意の日付 (時刻なし) をサポートします。例: 2023 年 11 月 3 日

LABELS

Jira のラベル フィールド タイプにマッピングします。あらゆるテキスト コンテンツをサポートします。

COMMENT

Jira のコメント フィールド タイプにマッピングします。作成者や日付とともに、あらゆるテキスト コンテンツをサポートします。例: date-time;author;body

STATUS_CATEGORY

Jira のステータス カテゴリ フィールド タイプにマッピングします。あらゆる文字列コンテンツをサポートします。例: 作業前、進行中、完了など

CREATED

Jira の日時フィールド タイプにマッピングします。任意の日付と時刻をサポートします。例:2023 年 11 月 3 日、午後 11 時 53 分

UPDATED

Jira の日時フィールド タイプにマッピングします。任意の日付と時刻をサポートします。例:2023 年 11 月 3 日、午後 11 時 53 分

CREATOR

Jira のユーザー フィールド タイプにマッピングします。任意のユーザーの Atlassian アカウント ID をサポートします。

REPORTER

Jira のユーザー フィールド タイプにマッピングします。任意のユーザーの Atlassian アカウント ID をサポートします。

ASSIGNEE

Jira のユーザー フィールド タイプにマッピングします。任意のユーザーの Atlassian アカウント ID をサポートします。

WATCHES

Jira のウォッチ フィールド タイプにマッピングします。任意の複数ユーザー フィールド形式をサポートします。

WORKLOG

Jira の WorkLog フィールド タイプにマッピングします。次の形式をサポートします。

  • body;date-time;user;timelogged

  • date-time;user;timelogged

  • user;timelogged

  • timelogged

TIME_ORIGINAL_ESTIMATE

Jira の元の見積時間にマッピングします。秒単位の任意の整数値をサポートします。例: 12

TIME_REMAINING_ESTIMATE

Jira の残余見積時間にマッピングします。秒単位の任意の整数値をサポートします。例: 12

TIME_SPENT

Jira の経過時間にマッピングします。秒単位の任意の整数値をサポートします。例: 12

カスタム フィールド

説明

テキスト フィールド

Jira のテキスト フィールド タイプにマッピングします。あらゆるテキスト コンテンツをサポートします。

段落

Jira のテキスト エリア フィールド タイプにマッピングします。あらゆるテキスト コンテンツをサポートします。

日付

Jira の日付フィールド タイプにマッピングします。任意の日付 (時刻なし) をサポートします。例: 2023 年 11 月 3 日

タイムスタンプ

Jira の日時フィールド タイプにマッピングします。任意の日付と時刻をサポートします。例:2023 年 11 月 3 日、午後 11 時 53 分

数値

Jira の番号フィールド タイプにマッピングします。任意の有効な番号をサポートします。例: 1234

ラベル

Jira のラベル フィールド タイプにマッピングします。任意の有効な文字列をサポートします。ラベルが複数ある場合は、ラベルごとに列が存在する複数選択形式に従ってください。

ドロップダウン

Jira の選択フィールド タイプにマッピングします。任意の有効な文字列をサポートし、列にあるすべての一意の値に対してオプションを作成します。

複数選択

Jira の複数選択フィールド タイプにマッピングします。CSV に含まれる値ごとに列が存在する、以下の複数選択形式に従ってください。

選択リスト

Jira のカスケード選択フィールド タイプにマッピングします。parent -> child 形式をサポートします。

複数ユーザー ピッカー

Jira の複数ユーザー フィールド タイプにマッピングします。複数ユーザーをサポートするには、CSV に含まれるユーザーごとに列が存在する、以下の複数選択形式に従ってください。値が Atlassian アカウント ID またはメールのいずれかであることを確認してください

ユーザー ピッカー

Jira のユーザー フィールド タイプにマッピングします。値がメールであることを確認してください。

チェックボックス

Jira の複数チェックボックス フィールド タイプにマッピングします。フィールドの値ごとに列が存在する、以下の複数選択形式に従ってください。

URL

Jira の URL フィールド タイプにマッピングします。値が有効な URL であることを確認してください。

ラジオ

Jira のラジオ ボタン フィールド タイプにマッピングします。任意の有効な文字列をサポートし、列にあるすべての一意の値に対してオプションを作成します。

文字数制限

Jira Work Management では、特定のフィールドに対する文字数制限があります。制限を超えるデータはすべてトリミングされ、インポートから除外されます。Jira Work Management にデータをインポートする際には、情報がプロジェクト内で正確かつ完全に表示されるよう、この文字制限にご注意ください。

次に示すのは、各フィールド タイプの文字数です。

Jira フィールド

文字数制限

要約

255

説明、環境

3万

課題タイプ

60

課題のステータス

60

優先度

60

ソリューション

60

ラベル

255

テキスト フィールド

255

Textarea

3万

カスタム フィールド

255

 

その他のヘルプ