Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

Jira Work Management をタスク管理で使用する

タスク管理プロジェクト テンプレートは、作業の作成や完了のための最も基本的なワークフローを設定します。

ワークフローには 2 つのステップがあります。

「To Do」と「完了」ステータス、および「完了」トランジションがあるワークフロー

このプロジェクト タイプの用途

  • レポートやプレゼンテーションの準備のような日常業務のビジネス

  • 新しいチーム メンバーの研修などの臨時タスク

  • タイムシートの更新や供給品の注文などの、小さな反復タスク

期日とリマインダーの設定

実行しているタスクのタイプに対して、期日とリマインダーを設定する場合があります。すると、タスクの期日に到達すると、割り当てられた担当者へ自動的に通知が送られます。また、課題のウォッチャーとなると、ウォッチャーにも通知が届きます。

課題をスケジューリングする」をご確認ください。

サブタスクの作成

追加したタスクが実際には小さなタスクのグループであった場合、サブタスクを作成して、別の人物に割り当てることができます。すべてのサブタスクが完了するまで、[完了] にタスクを移動させることはできません。

課題とサブタスクを作成する」をご確認ください。

タスクのリサイクル

小さな反復タスクを To Do リストに戻して再利用したくなる場合がありますが、これはおすすめしません。このような操作はプロジェクトのレポートに影響を与え、チームが完了状況を正確に把握できなくなります。代わりに、[•••] > [複製] を選択し、課題のコピーを作成して、すべての作業を正確に記録および報告できるようにします。

レポート」をご確認ください。

ボードでのアクティビティの管理

Jira Work Management ボードを使用して、不完全なタスクを追跡、新しいタスクを追加、何が完了したかの確認します。ボードでは、期限が切れているものとタスクに割り当てられた担当者を確認できるため、フォローアップできます。

ボードで作業する」を参照してください。

課題のカスタマイズ

以下の表は、タスク プロジェクトの既定の課題における仕様を示しています。Jira Work Management 管理者は、これらの既定をカスタマイズできます。たとえば、プロジェクトに他の課題タイプを追加したり、この課題タイプに新しいフィールドを追加したりできます。「課題の設定」をご参照ください。

課題タイプ

タスクおよびサブタスク

課題フィールド

サマリ、課題タイプ、報告者、添付ファイル、期限、説明、担当者、優先度、解決策、ラベル

解決状況

完了、不実行、重複、再現不可

優先度

最高、高、中、低、最低

 

その他のヘルプ