課題の検索とフィルタリング

課題の作成は重要ですが、課題の作業を検索および管理できることも同じぐらい重要です。このステップでは、さまざまな検索テクニックを使用した課題の検索、検索結果の共有、および課題レポートの方法を説明します。

いろいろな課題の作成 

開始前に、いくつか課題を追加する必要があります。以下のサンプル データを使用してプロジェクト内にいくつか課題を作成します。

  • 課題タイプ = Task要約 = Brainstorm new designs

  • 課題タイプ = Task 要約 = Approve new t-shirt design

  • 課題タイプ = Task, 要約 = Send mockup to printers 担当者 =  kate

 

課題を一括作成したいですか?

CSV形式に精通しているなら、課題を一括でインポートするCSVファイルを作成することができます。あなたが大量のデータを処理している場合などに便利です。

ボードの検索とフィルタ機能を使用して簡単に課題を検索することができます。

  1. プロジェクト サイドバーで [ボード] に進みます。

  2. 検索語を入力するか、いずれかのフィルターを使用して、特定の作業のみを表示します。

課題の検索 

複数のプロジェクトにわたってより複雑な検索を行うには、課題検索機能を使用します。以下の例では、自分に割り当てられている未解決の課題をすべて検索します。 

  1. [フィルター] を選択し、フィルターをクリックするか [課題の高度な検索] を選択します。

  2. [検索] ページの上部で [担当者] を [現在のユーザー] に設定します。
    新しい検索条件を選択すると、検索結果が更新されます。

  3. [その他] > [解決状況] を選択して [未解決] にチェックマークをつけます。

検索結果には、自分に割り当てられた未解決の課題が表示されます。

 

 

alt="[課題の高度な検索] で課題を検索してフィルタリングする"




これで完了です! ここでは、検索とフィルタリングを実行して、それらの保存方法やチームとの共有方法を確認しました。これで、Jira Work Management の利用を開始して、すべての機能を活用する準備が整いました。

Jira Work Management ユーザー向けのチュートリアルはこれで完了です。Jira Work Management の使用に関する詳細については、Jira Work Management ドキュメントのホームをご参照ください。 



その他のヘルプ