バンドルを使用したプロジェクト作成のクイック スタート

バンドルを使うことで、一度に 2〜6 個のプロジェクトを簡単に作成したり、プロジェクト作成プロセスを合理化したり、繰り返しの多い手動タスクの必要性を最小限に抑えたりできるようになります。Jira Work Management、Jira Software、Jira Service Management のどれで作業していても、バンドルがあることでスムーズなプロジェクト作成エクスペリエンスとなります。

マーケティング バンドルまたは IT チーム バンドルの 2 つの事前セット バンドルから選択してください。また、これらが要件に合わない場合は、柔軟にカスタマイズして独自のバンドルを作成できます。

テンプレート ピッカー画面上のさまざまなバンドルのセット

バンドルを作成する

新しいプロジェクトを作成する方法はいくつかありますが、その 1 つは以下のとおりです。

  1. プロジェクトのサイドバーで [+] アイコンを選択します。

  2. ドロップダウンから [その他のテンプレート] を選択します。

  3. [バンドル] を選択します。

プロジェクトを作成するもう 1 つの方法は、次のとおりです。

  1. トップ ナビゲーション バーから [プロジェクト] > [プロジェクトを作成] の順に選択します。

  2. [バンドル] を選択します。

一部の Jira Service Management テンプレートは、企業管理対象プロジェクトまたはチーム管理対象プロジェクトのどちらか一方のみをサポートします。これらのテンプレートのいずれかをバンドルの一部として選択すると、そのバンドルのすべてのプロジェクトに、選択されたプロジェクト タイプが適用されます。プロジェクト タイプを変更するには、該当する Jira Service Management テンプレートをバンドルから除外します。

企業管理対象テンプレート:

  • IT サービスの管理

  • カスタマー サービス管理

チーム管理対象テンプレート:

  • IT サービス管理 (Essentials)

プリセット バンドル

  1. [プロジェクトの作成] を選択する

  2. 「バンドル内のプロジェクトをレビューする」画面で

    1. プロジェクトの名前を変更します。(編集) を選択して、バンドル内のプロジェクトに名前を付けます。

    2. プロジェクト タイプを選択し、アクセス設定を更新します。設定するプロジェクト タイプとアクセス権が、バンドル内のすべてのプロジェクトに適用されます。注: 他の詳細はプロジェクト設定から後で編集および更新できますが、プロジェクト タイプは後で変更できません。変更したい場合は、新しいプロジェクトを作成する必要があります。プロジェクト タイププロジェクト タイプの変更に関する詳細

Jira Service Management プロジェクト テンプレートの初期設定はオープン チャネル アクセスで、後でプロジェクト設定からのみ変更できます。

  1. [Create 3 projects (プロジェクトを 3 つ作成)] を選択します。

  2. バンドルでプロジェクトを作成している間は、必ずページを開いたままにしてください。ほんの数分で完了します。完了したら、最初のプロジェクトのボード ビューに移動します。

カスタム バンドルを作成する

  1. [バンドルを作成する] を選択します。

  2. [プロジェクト テンプレートを選択する] ボタンを使用して、カスタム バンドル用にプロジェクト テンプレートを 2〜6 個選択します。

  3. テンプレート セレクターを使用して、バンドルからテンプレートを検索、選択、削除します。バンドル内のテンプレートの選択が完了したら、確認を押します。

  4. 次に、プロジェクトの名前を追加し、プロジェクト タイプを選択して、アクセス設定を更新します。

    1. プロジェクトの名前を変更するには、(編集) を選択して、バンドル内のプロジェクトに名前を付けます。

    2. プロジェクト タイプを選択し、アクセス設定を更新します。設定するプロジェクト タイプとアクセス権が、バンドル内のすべてのプロジェクトに適用されます。注: 他の詳細はプロジェクト設定から後で編集および更新できますが、プロジェクト タイプは後で変更できません。変更したい場合は、新しいプロジェクトを作成する必要があります。プロジェクト タイププロジェクト タイプの変更に関する詳細

Jira Service Management プロジェクト テンプレートの初期設定はオープン チャネル アクセスで、後でプロジェクト設定からのみ変更できます。

  1. [プロジェクトの作成] を選択する

  2. バンドルでプロジェクトを作成している間は、必ずページを開いたままにしてください。ほんの数分で完了します。完了したら、最初のプロジェクトのボード ビューに移動します。

バンドルを最大限に活用する

関連性の高いプロジェクトにユーザーを招待する

チーム メンバーをそれぞれの役割と責任に合ったプロジェクトに招待して、組織全体のプロジェクトへの集中力、エンゲージメント、全体的な生産性を向上させることで、乱雑さを避け、効率的なコラボレーションを維持します。

ボードにユーザーを招待する

ビジネス プロジェクトやソフトウェア プロジェクト全体でリリース日を共有する

ビジネス プロジェクトやソフトウェア プロジェクト全体でリリース日を共有することで、組織全体の透明性と連携を促進します。統一されたロードマップを作成し、主要なタイムラインについての十分な情報を、関係者に必ず提供するようにします。プロジェクトのマイルストーンについて共通の理解を確立することで、チームは共通の目標に向かって協力して取り組み、連携とコラボレーションを改善することができます。ビジネス チーム カレンダーでソフトウェア チームのリリースを表示する方法の詳細

その他メニューからリリース日を共有する

作業を簡略化するために、バンドル内のすべてのプロジェクトが水平ナビゲーションのショートカット ビューに追加されます。これらのショートカットを使用することで、仕事の勢いをそがれることなく、バンドル内のプロジェクト間をすばやく移動できます。プロジェクトや製品の間を行き来するのに費やす時間を減らすことは、目の前の仕事により集中できることを意味します。ショートカットの詳細

ショートカットを使用してバンドル内のプロジェクトを表示する

バンドル内のさまざまなプロジェクトの課題をリンクすることで、プロジェクトをより全体的に把握できます。依存関係を作成することで、ある課題の進捗が別の課題のタイムラインや実行に確実に影響を与えるようになり、連携と効率が向上し、作業のサイロ化を防止できます。チームは依存関係を理解できるため、より協調的にプロジェクトを計画し実行することができます。依存関係を追跡することは、潜在的なボトルネックを早期に特定するためにも役立ち、リアクティブではなくプロアクティブな問題解決が可能になります。課題のリンク方法の詳細

課題をリンクして依存関係を追跡する

その他のヘルプ