Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

Jira Work Management を人事プロジェクトで使用する

Jira Work Management にはさまざまな作業を追跡するための便利なテンプレートが付属しており、ニーズに合わせて更新できます。採用プロジェクト用テンプレートは、人事の採用プロセスで候補者を追跡するのに役立ちます。

デフォルトのワークフローは以下のようになっています。

応募、審査、面接、面接の報告、内定のディスカッション、不合格と合格のステータスがあるワークフロー

候補者を追跡する

採用を検討している各候補者に対して課題を作成し、ボードで採用の進捗状況を追跡します。誰が面接を受け、誰が審査中かなどの概要を迅速に確認することができます。

各候補者と採用プロセスでの異なる段階を表す課題のボード。

すべてのファイルを管理する

候補者の課題を選択して をクリックし、履歴書、参考資料、カバー レター、ポートフォリオなどの関連ドキュメントを添付します。また、内部コメントを使用して、面接やその他の連絡先などに関するメモを作成できます。

業務に合わせたカスタマイズ

採用プロセスはどれも同じというわけではありません。ここでは、お使いのプロセスに適用させるための一般的な方法をいくつか紹介します。

  • 採用プロセスに合わせて課題ワークフローをカスタマイズします。たとえば、3 段階の面接 (書類審査、一般面接、最終面接) を記録することができます。「プロジェクトのカスタマイズ」を参照してください。

  • 各役職に課題を作成してから、サブタスクを使用して候補者を追跡します。これは、頻繁に求人があり、すべての採用を一か所で追跡する場合に便利です。「課題の作成と作業」を参照してください。

  • ボードを変更する。ボードを使用して、リクルート ストリームで必要尾なビューを作成します。「ボードで作業する」を参照してください。

その他のヘルプ