Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

ボードのワークフローとステータス

ステータスとトランジション

ワークフローは次の 2 つのコンセプトで定義されます。

  1. ステータス: タスクのステータスを表す、チームの作業プロセスにおけるステップ。

    1. ステータス カテゴリ: Jira では、To Do、進行中、または完了カテゴリに多数のステータスを収集できます。これらのカテゴリは、プロジェクトの作業の並べ替え、フィルター、レポートに役立ちます。たとえば、「バックログ」と「承認待ち」の各 To Do ステータスを持てます。または、「開発中」と「レビュー中」の各進行中ステータスを持てます。

  2. トランジション: 通常、ステータス間で個々の作業を移動する方法を指します。課題が 2 つのステータス間を移動するには、トランジションが存在する必要があります。トランジションは一方向性のリンクであるため、課題が 2 つのステータス間を何度も移動する必要がある場合は、2 つのトランジションを作成する必要があります。課題で利用できるワークフロー トランジションは、ドロップダウンの右上隅にある課題ビュー画面にリストされます。 

    1. グローバル トランジション: グローバル トランジションによって、ワークフローの任意のステータスを特定のステータスにトランジションできます。グローバル トランジションの詳細についてご確認ください

ワークフロー

Jira Work Management の各ワークフローは、課題がそのライフサイクルの間に移動する一連のステータスとトランジションから構成されて、通常は組織内の作業工程を表します。こうした課題がたどるパスは、ワークフローと呼ばれます。ワークフローの詳細をご確認ください

ワークフローは、ビジネス プロジェクトに使用しているテンプレートによって異なります。ビジネス プロジェクトのワークフローを確認するには、プロジェクトがワークフローの表示に使用しているテンプレートを選択します。

ビジネス プロジェクトの課題タイプが異なると、ワークフロー スキームに応じてワークフローも異なる場合があります。課題ワークフローにおける作業の詳細をご確認ください

企業管理対象プロジェクトの場合

企業管理対象プロジェクトのワークフローは、Jira 管理者のみが編集できます。ワークフローの編集または作成方法の詳細についてご確認ください

チーム管理対象プロジェクトの場合

チーム管理対象プロジェクトのワークフローは、プロジェクト管理者のみが編集できます。ワークフローの編集または作成方法の詳細についてご確認ください

ステータス

ボードは、課題のステータスを明確に可視化する方法です。各課題のステータスは、その課題がどの列にあるかによって判断できます。

課題が [作業前] 列に配置されている場合は、それが課題のステータスです。また、課題ダイアログを開いて右上隅に表示されるステータスを表示することで、課題のステータスを表示できます。

alt="課題のステータス。"

ボードのステータス (列内) は、使用しているプロジェクト テンプレートまたは管理者がワークフローをどのように設定したかによって異なる場合があります。そのため、ビジネス プロジェクトに使用しているテンプレートによっては、ボードのステータスがプロジェクトごとに違って見える場合があります。

完了済みのアイテムが [完了] 列に表示されるのは、そこに移動されてから 14 日間のみとなります。14 日が経過すると、ボードにはアイテムが表示されません。リスト、タイムライン、カレンダー ビューには引き続き表示されます。

ボード内の列を並べ替える

ビジネス プロジェクトのボードで列を再配置できるのは、Jira とプロジェクトの各管理者のみです。

ボード内の列 (ステータス) は、ドラッグして好みの順序に並べ替えられます。たとえば、現在取り組んでいる課題を簡単に表示できるように、進行中の列を先頭にドラッグすることをお勧めします。列の順序は、ビジネス プロジェクトにいる他のチームメイト全員に表示されます。

alt="ボード内の列を並べ替える。"

 

その他のヘルプ