Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

Jira Work Management をマーケティング プロジェクトで使用する

マーケティング チームは、基本的なプロモーションの計画から大規模なマルチ チャネル キャンペーン、およびその間のあらゆるプロセスを含め、ビジネス内で膨大な範囲のアクティビティを実行します。

多くの場合、これらのアクティビティは、ビジネスのコンテンツ開発を伴います。

Jira Work Management には、マーケティング アセットやコピーの作成に役立つワークフローを持つ、コンテンツ管理プロジェクト テンプレートが含まれています。これは以下のようになっています。

To Do、下書き、レビュー中、承認済み、公開済みのステータスがあるワークフローの公開。

すべてのコンテンツ タイプを追跡する

Jira Work Management 内の各項目は、コンテンツの 1 つ (マーケティング メールなど) として取り扱ったり、ある項目を使用してコンテンツのアクティビティ (Web サイトの更新など) を追跡したりできます。

全てのコンテンツはボードで追跡できるため、どれが進行中、レビュー中、および承認待機中かを簡単に確認できます。

ワークフロー公開中にあるさまざまなステージの、マーケティング目的の投稿に関する課題があるボード。

プロセスに合わせて変更する

ビジネスでのコンテンツの管理方法に応じて、このワークフローを変更してステップを追加することもできます。たとえば、公開前プロセスを追加することもできます。

資産を取り込む

コンテンツを表す各課題に対して下書きを簡単に添付し、コピーを見直すことができます。バージョン管理は依然として必要ですが、アクティビティの完全な履歴があれば、追跡ははるかに簡単になります。

月間の社内ブログ投稿を作成するための、承認済みステータスの Jira タスク。添付されているのは投稿の下書きです。

期日を使用する

公開期日を逃すのを防ぐため、すべての課題に期日を設定します。項目ごとに期日を設定したり、すべての参加アクティビティを管理するためにサブタスクにも期日を設定できます。

マーケティング チーム向けの追加情報

その他のヘルプ