Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

タイムラインの Smart Link

Smart Link は、Confluence ページまたは Atlassian エディタを使用するいずれかの場所など、他のアトラシアン製品でチームのタイムラインをハイパーリンクするためのより便利な方法です。ビジネス プロジェクトのタイムライン リンクを別のアトラシアン製品に貼り付けると、Smart Link に最新情報が表示されます。

タイムラインには、URL、埋め込み、インライン、カードとして表示するオプションがあります。ビジネス プロジェクトのタイムライン リンクをエディタ (例: Confluence ページ、Jira チケット) に貼り付けるだけで、Smart Link が作成されます。

Smart Link は、ビジネス プロジェクトのタイムラインをサポート対象のアトラシアン製品に貼り付けると表示されます。

これらは、インラインでレンダリングされる Smart Link で、最も少ないコンテキストが表示されます。URL の代わりに、プロジェクト名を含むインライン Smart Link としてレンダリングされます。

これは以下のようになります。

alt="インライン Smart Link の外観。"

カード Smart Link では、説明、ビジネス プロジェクト名、Jira Work Management からの情報など、やや多めのコンテキストが表示されます。

これは以下のようになります。

alt="カード Smart Link の外観。"

ビジネス プロジェクトへのアクセス権を持つユーザーは、タイムラインの埋め込み Smart Link を閲覧できます。

  • タイムラインは、フィルターを使用して調整できます。タイムラインが埋め込まれたページがリロードされると、ビューは本日の日付にリセットされます。また、すべてのフィルターは、URL が最初にエディタに貼り付けられたときに適用されたフィルターにリセットされます。

  • 開始日と期限を追加、編集するには、その日付に含める課題の行をクリックします。その後、バーを開始日と期限にドラッグして、日付を調整します。

  • アイテムの依存関係を管理できます。依存関係の管理に関する詳細をご確認ください

タイムラインから何かを追加または削除したい場合は、新しいタブを開いてビジネス プロジェクト内で実行します。

これは以下のようになります。

alt= "ユーザーが埋め込み Smart Link を Confluence ページに貼り付けている。"

タイムラインを Smart Link としてコピーするには、次の手順に従います。

  1. ビジネス プロジェクトのタイムラインにアクセスします

  2. タイムラインの右上にある [共有] ボタンを選択します

  3. [リンクをコピー] ボタンを選択すると、URL がクリップボードにコピーされます

  4. エディタでタイムラインを挿入したい場所に移動します

  5. リンクを貼り付けます

または、ブラウザから URL をコピーすることもできます。

リンクを目的の場所にペーストした時点では、インライン Smart Link がデフォルトとして表示されます。表示方法を変更するには、次を実行します。

  1. 表示形式を変えたいスマート リンクを選択

  2. タイムライン Smart Link に適用したい表示方法を選択する

alt="Smart Link の表示方法を変更する。"

現在、チームと作業を共有するのと同様の柔軟性を提供するため、他の Jira Work Management ビューの Smart Link を検討しています。

その他のヘルプ