Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

リスト ビューとは

alt="リスト ビュー"

Jira Work Management のリスト ビューでは、プロジェクトのすべての作業が 1 つのリストに並べ替えられ、そのリストをすばやくスキャンしてフィールド別に並べ替えることができます。また、このリストを使用して、プロジェクト内の課題を追加、編集、表示できます。

リストのフィールド

リスト ビューにおける各フィールドの意味について説明します。

タイプ: リストに含まれる各課題がどのタイプの課題かを示すフィールドです。Jira ではさまざまな課題タイプを使用して、バグ、タスク、サブタスクなどのさまざまなタイプのコンテンツを追跡できます。既定の課題タイプは、プロジェクト管理者がプロジェクトを設定した方法と、インスタンスで使用している Jira Work Management テンプレートによって異なります。課題タイプの詳細をご確認ください

# キー: プロジェクトと一意の課題キーが表示されるフィールドです。たとえば、TBT-12 のような形式になります。プロジェクト キーと課題キーの詳細をご確認ください

要約: リストにある課題の要約が表示されるフィールドです。これによって、手元にあるタスクの概要が示されます。

ステータス: 各課題がプロジェクト ライフサイクルのどの段階にあるかを示すフィールドです。 

担当者: この課題が誰に割り当てられているのかを示すフィールドです。

期限: 課題の期限を示します。

初期見積もり: 課題が完了するまでの時間を見積もれるフィールドです。

報告者: 誰が課題を作成したのかを示すフィールドです。

その他のヘルプ