Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

チーム管理対象プロジェクトと企業管理対象プロジェクトとは

Jira Work Management のプロジェクトは、チーム管理対象または企業管理対象プロジェクトとして作成できます。これらのプロジェクト タイプ間のコア機能は同じですが、自分とそのチームに最適なタイプを判断するために把握する必要がある主要な違いがあります。2 つのプロジェクト タイプの基本的な違いは、管理方法とチーム レベルまたは企業/Jira 管理者レベルのどちらで管理されるかということです。

チーム管理対象と企業管理対象の各プロジェクトの違い

チーム管理対象プロジェクトはインスタンスにある他のプロジェクトから独立しており、強力かつシンプルな設定を提供します。プロジェクト管理者は、各自のプロジェクトの設定を管理して完全に制御できます。これには、ワークフロー、カスタム フィールド、課題タイプ、権限などの設定が含まれます。Jira 管理者には連絡不要です。チーム管理対象プロジェクトでは、同じインスタンスにある他のプロジェクトに対する影響は心配無用です。たとえば、自分のチームが社内の他のチームとは違い、独自のプロセスと異なるワークフローを持つチームである場合などに役立ちます。

企業管理対象プロジェクトでは、詳細な共有設定を提供します。スキームを使用することで、複数の企業管理対象プロジェクトで同じ設定を共有できます。企業管理対象プロジェクトのプロジェクト管理者は、プロジェクトの設定は変更不要なので、プロジェクト自体の管理などの重要な作業に集中できます。ほとんどの設定の変更は、インスタンスにあるすべてのプロジェクトを管理する Jira 管理者によって管理されます。企業管理対象プロジェクトでは、複数のプロジェクト全体で標準化された作業方法を利用できます。たとえば、社内の複数の設計プロジェクト全体で、同一のワークフローを使用することをお勧めします。Jira 管理者がスキームまたは画面を変更すると、そのスキームを使用するすべての企業管理対象プロジェクトで変更が適用されます。チーム管理対象プロジェクトと企業管理対象プロジェクト間の移行方法についてご確認ください

チーム管理対象プロジェクト

企業管理対象プロジェクト

チームのプロジェクト管理者によるセットアップと管理

社内の Jira 管理者によるセットアップと管理

課題タイプとカスタム フィールドの簡単で素早いセットアップ

課題タイプカスタム フィールドの詳細なセットアップ

課題タイプごとにカスタマイズできるワークフロー

カスタマイズ可能なワークフロー、ステータス、課題のトランジション移行

アクセス レベル権限

詳細な権限スキーム

シンプルな設定ですぐに作業を開始して実行

より多くのチームにカスタマイズを拡張できる詳細な設定

他のプロジェクトに影響を与えない設定

プロジェクト間で共有できる標準化された構成

企業管理対象プロジェクトまたはチーム管理対象プロジェクトを選択する

2 つのプロジェクト タイプの基本的な違いは、どのように管理するかと、チーム レベルまたは会社/Jira 管理者レベルのどちらで発生するかです。 

チーム管理対象プロジェクトは、独立したスペースで独自の作業プロセスとプラクティスを制御するチームに適しています。プロジェクト管理者は同じインスタンスにある他のプロジェクトへの影響や Jira 管理者への連絡について心配することなく、単一のチーム管理対象プロジェクトの設定を制御できます。

次の場合は、チーム管理対象プロジェクトを選択しましょう。

  • チームが作業を素早く開始するための簡単なプロジェクト設定を必要としている場合

  • チームの作業を管理するための独立したスペースが必要である場合

  • プロジェクト管理者として、単一のチーム管理対象プロジェクトの設定を自由に制御する場合

企業管理対象プロジェクトは、多数のプロジェクト全体で他のチームと標準的な方法で協力して作業するチームに最適です。複数の企業管理対象プロジェクト全体で設定を共有することで、組織のベスト プラクティスとプロセスを奨励して推進できます。

次の場合は、企業管理対象プロジェクトを選択しましょう。

  • 組織内の複数のプロジェクトにわたる設定を標準化します。

  • 詳細な権限スキーム、課題タイプやカスタム フィールドに対する完全な制御などが必要である場合

  • チーム管理対象プロジェクトでは利用できない詳細な機能が必要である場合

その他のヘルプ