ClickUp からビジネス プロジェクトにデータを直接インポートする

Clickup から Jira への作業の移行が簡単になりました。ClickUp インポーターを使用すると、ClickUp から Jira にプロジェクトを直接インポートできます。これにより、データを手動で移動する手間が省け、プロジェクト情報の適切さと正確さを確保できます。

ClickUp のインポート・エクスペリエンス

ClickUp からデータをインポートする

ClickUp インポーターを使用してデータを直接インポートするには、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーション バーから、[プロジェクト] > [新規プロジェクトを作成] を選択します。

  2. サイドバーの [その他] から、[データをインポート] を選択します。

  3. [新しいビジネス プロジェクトにインポート] を選択します。

  4. アプリからインポートする」セクションから「ClickUp」を選択します。

  5. OAuth 画面で「ワークスペースを接続」を選択して、ClickUp アカウントにアクセスできるようにします。

  6. データを移動する ClickUp ワークスペースClickUp スペースClickUp リストを選択します。リストを選択すると、「この ClickUp リストについて」セクションに選択したリストのタスク数が表示されます。

  7. 次へ をクリックします。

  8. インポート・データの保存先となる新しいビジネス・プロジェクトを作成する必要があります。プロジェクトの名前とタイプ、アクセス権、キーをカスタマイズできます。その後に「次へ」を選択します。

キーは自動的に選択されます。必要な場合はカスタマイズできます。プロジェクト名とキーは、プロジェクト設定で後から変更できます。

  1. 次に、新しいプロジェクトの詳細を確認します。「詳細をレビュー」画面には、ClickUp データのインポート方法が次のセクションにまとめられています。

    • プロジェクト階層: ClickUp のプロジェクト構造が Jira でどのように再現されるかを確認しましょう。

    • フィールド マッピング: ClickUp の標準フィールドとカスタム フィールドが Jira でどのようにマッピングされるかを確認してカスタマイズしましょう。

    • ユーザーのインポート:タスク担当者、メンション、人物フィールドなどのユーザー・データを選択して新しいプロジェクトにインポートできます。

    • 添付ファイルのインポート:添付ファイルを選択して新しいプロジェクトにインポートできます。

    • コメントのインポート:タスク・コメントを選択して新しいプロジェクトにインポートできます。

  2. データのインポートを開始する準備ができたら [インポート] を選択します。

インポーターはバックグラウンドで自動的に ClickUp からのデータの移動を開始します。インポートのステータスがわかる進捗バーが表示されます。

他の作業を継続し、あとからプロジェクト ページに戻ってインポートの進捗状況を確認することができます。

データがインポートされると、新しいプロジェクトの課題としてボード ビューに ClickUp タスクが表示されます。ビジネス プロジェクトのボード ビューの詳細についてはこちらをご確認ください。

インポートが失敗した場合、または部分的に完了した場合は、インポートの最後にエラー ログをダウンロードできます。 トラブルシューティング ガイドを使用してエラーを修正し、プロジェクトをもう一度インポートしてみてください。

インポートで問題が発生した場合は、サポートにご連絡ください。

ClickUp のインポート時間とレート制限

ClickUp リストの Jira へのインポートが完了するまでにかかる時間は、ご利用の ClickUp ワークスペース プランによって異なります。これは、ClickUp がトークンごとにレート制限を適用するためです。ClickUp のワークスペース プラン別のレート制限の詳細についてはこちらをご確認ください。

Jira で ClickUp プロジェクトを構築する

ClickUp インポーターを使用すると、アカウントから直接情報が収集され、同様の構造と階層を持つプロジェクトが Jira に作成されます。

新しい Jira プロジェクトでは、ClickUp のプロジェクト データは次のように構成されます。

  • ClickUp からのステータスは課題ステータスとして Jira にインポートされます。

  • ClickUp のリストはエピックとして Jira にインポートされます。

  • ClickUp のタスクはタスクとしてインポートされます。各サブタスクとネストされたサブタスクは、それぞれの親タスクにリンクされたサブタスクとしてインポートされます。

ClickUp のリストをインポートしたら、必要に応じて課題階層をカスタマイズできます。

ビジネス プロジェクトでのフィールドの編集

インポート時に ClickUp フィールドをビジネス プロジェクトにインポートする方法をカスタマイズできます。

[詳細をレビュー] 画面には、データが新しいビジネス プロジェクトにどのようにマッピングされるかが要約されています。[フィールドをマッピング] を選択すると、この画面には、ClickUp データがどのように自動的にマッピングされるかが表示されます。

ここでは次を実行できます。

  • ClickUp データのマッピング方法を変更する。

  • トグル ボタンを使用して、特定のフィールドをインポートに含めないように選択する。

フィールドをカスタマイズする方法。

  1. 編集するフィールドのドロップダウンを選択します。

  2. 提供されているオプションから既存のフィールドを選択するか、フィールドの形式に最適なカスタム フィールドを選択することができます。カスタム フィールドを選択すると、ClickUp フィールドと同じ名前が付けられます。

フィールドをカスタマイズしたら、[レビューの詳細に戻る] を選択して、レビューの詳細画面に戻ります。 変更が保存されます。

サポートされている ClickUp フィールド

ClickUp と Jira のどちらにも次の 2 種類のフィールドがあります。

  • 標準フィールド またはシステム フィールド: これらのフィールドは「組み込み」、すなわち既定でソフトウェアの一部です。

  • カスタム フィールド: これらのフィールドは、ユーザーのニーズに基づいてカスタマイズできます。

ClickUp フィールドのデータは、Jira のシステム フィールドまたはカスタム フィールドのいずれかにマッピングできます。

標準フィールドまたはシステム フィールド

ClickUp の標準フィールドは、次の方法で Jira のシステム・フィールドにマッピングされます。

ClickUp の標準フィールド

対応する Jira システム フィールド

対応する Jira のカスタム フィールド タイプ

担当者

担当者

 

チェックボックス

 

ドロップダウン

日付

 

日付

説明

説明

 

ドロップダウン

 

ドロップダウン(単一選択)

期限

期限

 

アドレス]

 

短いテキスト

ファイル

添付ファイル

 

ラベル

 

ラベル

リストの色

 

短いテキスト

リスト名

エピック

 

場所

 

長いテキスト

金額

 

短いテキスト

数値

 

数値

ユーザー

 

ユーザー

電話番号

 

短いテキスト

優先度

優先度

 

評価

 

ドロップダウン

関係

 

紐づく課題

開始日

開始日

 

スプリント ポイント

 

数値

ステータス

ステータス

 

Tag

ラベル

 

タスク名

要約

 

タスク タグ

タスク タグ

 

タスク タイプ

課題タイプ

 

テキスト

 

短いテキスト

Textarea

 

長いテキスト

トラッキング時間

トラッキング時間

 

見積時間

 

短いテキスト

Web サイト

 

URL

標準リストに含まれていない ClickUp フィールドは、Jira のカスタム フィールドとして作成されます。

サポートされていない ClickUp フィールド

次の ClickUp のフィールド タイプは、Jira のシステム フィールドとカスタム フィールドのどちらにもマッピングできず、インポートの一部としてサポートされません。

  • タスクのカバー画像

  • 数式

  • 進捗(自動)

  • 進捗(手動)

  • ロールアップ

  • タスク

次のコメント・タイプもサポートされません。

  • タスクのメンション

  • 組み込みビュー

  • コメントへの返信

その他のヘルプ