承認設定のトラブルシューティング

このページでは承認について説明しています。承認は、Jira Work Management の機能で、次の製品でのみ利用できます。

  • Jira Work Management Cloud Premium ライセンス

  • Jira Service Management Cloud Premium および Enterprise ライセンス

  • Jira Software Cloud Premium および Enterprise ライセンス

チーム管理対象ビジネス プロジェクト向けの承認をセットアップする際に問題が発生した場合は、このページがセットアップ プロセスのトラブルシューティングに役立ちます。

チーム管理対象ビジネス プロジェクト向けの承認をセットアップする際に問題が発生した場合は、このページがセットアップ プロセスのトラブルシューティングに役立ちます。

承認のセットアップ前にワークフローのトランジションをセットアップする

承認を適切に機能させるには、ステータスのトランジションをセットアップする必要があります。これを正しくセットアップする必要があるのは、課題の承認時と却下時のステータスの送信先を特定できるようにするためです。

理想的には、トランジションを承認すると、課題がワークフローの次の段階にトランジションするか、完了のステータスになります。拒否されたトランジション先は、担当者(または承認をリクエストしたユーザー)が、課題が却下された理由をレビューできるように、ステータスに戻る必要があります。

ワークフローのトランジションをセットアップしたら、次を実行する必要があります。

  1. ワークフローで承認をトリガーするステータスを選択します

  2. 右側のサイドバーの承認セクションの横にあるプラス アイコン を選択します。

ユーザーが承認をセットアップするには、まずはワークフロー エディタでトランジションをセットアップする必要があります。

承認ステータスに「すべてのステータス」が適用されている場合

この場合でも、承認をセットアップしてワークフローに適用できます。ただし、承認後に課題が移行するステータスに「すべてのステータス」のトランジションを適用している場合は、承認プロセスをバイパスできます。これは、承認プロセス全体をバイパスして、課題を任意のステータスから承認済みステータスに移行できることを意味します。

ワークフローでどのステップもスキップしないようにするためには、また、承認を得ないまま作業が進まないようにするには、ステータス間で適切なトランジションをセットアップする必要があります。課題タイプのワークフローでトランジションを作成する方法の詳細をご確認ください。

承認プロセスが冗長にならないように、承認をトリガーするステータスに適用されている「すべてのステータス」トランジションを必ず削除しましょう。ステータスから「すべてのステータス」を削除する方法はいくつかあります。

  • ワークフローで「すべてのステータス」のバッジを選択して、画面の右下にある [トランジションを削除] ボタンを選択するか、キーボードの Delete/Backspace を押します

  • 承認後に課題の移動先となるステータスを選択して、右側のサイドバーで [すべてのステータスの課題がこのステータスに移動することを許可] の選択を解除します。

"承認者" フィールド

"承認者" フィールドには、セットアップする承認プロセスごとに異なる名前が必要です。

このフィールドは、承認者とレスポンスのリストを保存する複数選択のユーザー フィールドです。ワークフローに複数の承認ステップがある場合は、同じフィールドを共有できません。承認ステップごとに、承認者のリストと各ステップでのレスポンスをフィールドに保存できるように、異なる名前が必要です。

セットアップするすべての承認には、一意の名前を付ける必要があります。ワークフローに複数の承認ステップがある場合は、各ステップに異なる名前を付けて、それぞれの承認者とそのレスポンスをフィールドに保存できるようにする必要があります。このフィールドは、承認者とレスポンスのリストを保存する複数選択のユーザー フィールドです。

プリセットの承認者は、課題の編集権限を持つユーザーが変更できます

プロジェクト内で [課題を編集] のアクセスを持つユーザーなら誰でも、課題ビューからプリセットの承認者を管理できます。承認者の管理方法に関する詳細をご確認ください。

その他のヘルプ