Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

ユーザーをチーム管理対象プロジェクトに追加する

This page is for team-managed projects

企業管理対象とチーム管理対象の各プロジェクトの違いを見つける方法をご確認ください。

チーム管理対象プロジェクトでは、プロジェクトのユーザーに付与する権限またはアクセス権はアクセス ページで管理されます。ここでは、ユーザーをプロジェクトに追加してロールを付与することで、それらのユーザーがチームの作業でコラボレーションを開始できるようにします。

このページには次の情報が表示されます。

アクセス ページを表示するには、プロジェクトのサイドバーで [プロジェクト設定] > [アクセス] の順に選択します。

Jira Software または Jira Work Management の Free プランでは、プロジェクトの権限またはロールを編集できません。また、すべての Free プラン (Jira Service Management を含む) において、課題レベルのセキュリティを構成できません。Free プランでのプロジェクト権限の仕組みについてご確認ください。Jira の強力なプロジェクト権限管理機能のメリットを活かすには、プランをアップグレードしましょう。

このページの記載内容を実行するには、プロジェクトの管理者ロールを持っている必要があります。チーム管理対象プロジェクトのロールに関する詳細についてご確認ください。

ユーザーをチーム管理対象ビジネス プロジェクトに追加する

プロジェクトのアクセス レベルによって、Jira サイトにログインしたユーザーの一般的なアクセス権とロールが設定されます。プロジェクトに特定のユーザーやグループを追加することで、このアクセス権を調整できます。次に、これらのユーザーに別個のロールを付与して、プロジェクトでできることを制御します。

通常、ロールによって、プロジェクトのアクセス レベルから継承されない権限がユーザーに付与されます。あるいは、アクセスレベルが変更された場合に、中核のチーム メンバーに安定した権限を付与します。

ご利用のアトラシアン サイトに追加されているユーザーのみを追加できます。名前またはメール アドレスでユーザーを検索できない場合、そのユーザーをアトラシアン サイトに招待するように Jira 管理者に依頼します。

プロジェクトでユーザーまたはグループに特定のアクセス権や追加のロールを付与するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。

    ユーザーの追加を選択します。

  2. 名前、グループ、またはメール アドレスを入力します。

  3. [ロール] ドロップダウンから、プロジェクト内でのユーザーのロールを選択します。

  4. 追加 を選択します 。

Jira 管理者 (Jira 管理グローバル権限を持つユーザー) は常に、プロジェクトの設定へのアクセス権を持ちます。

ユーザーとグループはプロジェクトの複数のロールに所属できます。[アクセス] ページで割り当てたロールは、プロジェクトの内部アクセス レベルによって付与されるロールをオーバーライドしません。その代わりに、ロールはユーザーがアクセス レベルから継承したものに加えて権限を付与します。プロジェクトのアクセス レベルに関する設定についてご確認ください。

チーム管理対象プロジェクトからユーザーを削除する

プロジェクトからユーザーを削除する方法:

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。

    表のユーザーのエントリで、[削除] を選択します。

サイト全体のグループに対してプロジェクトのロールを付与した場合は、これらのグループのいずれかを通じて意図しないユーザーがアクセス権を持つことがないように、Jira 管理者に再度確認することをお勧めします。

プロジェクトからユーザーを削除しても、Jira 全体からは削除されません。Jira 管理者とサイト管理者は、サイトのユーザー管理設定からこれを実行できます。 

その他のヘルプ