Trello からビジネス プロジェクトにデータを直接インポートする

Trello から Jira への作業の移行が簡単になりました。Trello インポーターを使用して、Trello から Jira へのデータの直接インポートが可能になりました。インポーターは Trello アカウントから直接情報を引き出すため、手動でデータを移動する手間が省け、適切で正確なプロジェクト情報を確保できます。

Jira と Jira Service Management に作業をインポートする場合は、CSV ファイルを使用してインポートできます。CSV インポーターの使用方法についてはこちらをご確認ください。

Trello インポーターを使用する

Trello インポーターを使用してデータを直接インポートするには、次の手順を実行します。

管理者は、企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの両方にデータを作成してインポートできます。

プロジェクト作成権限があるユーザーは、チーム管理対象プロジェクトにのみデータを作成してインポートできますが、ユーザーを新しいプロジェクトに移動することはできません。新しいプロジェクトのユーザーフィールドはすべて割り当てが解除され、コメント内のユーザー タグはプレーン テキストで表示されます。

Jira のグローバル権限についてご一読ください

  1. ナビゲーション バーから、[プロジェクト] > [新規プロジェクトを作成] を選択します。

  2. サイドバーの [その他] から、[データをインポート] を選択します。

  3. Select Trello.

  4. データの移動元となる Trello ワークスペースTrello ボードを選択します。[次へ] を選択します。

  5. 管理者は各ユーザーの情報をビジネス プロジェクトにインポートするため、それぞれの有効なメール アドレスを追加できます。完了したら、[次へ] を選択します。

    • データの損失を防ぎ、適切なユーザーをビジネス プロジェクトにインポートするため、必ず各ユーザーの正しいメール アドレスを指定してください。現在のリリースではメールでの招待はサポートされていませんが、近日中にこの機能が利用可能になる予定です。

    • 匿名

      • メール アドレスのないユーザーはプロジェクトに追加されません。これらのユーザーは、ビジネス プロジェクトでは「Anonymous」または「@trellousername」として表示されます。

      • ユーザーが Trello ボードから削除されると、削除されたユーザーのコメントは匿名としてインポートされます。

  6. ビジネス プロジェクトに名前を付け、[インポート] を選択します。

    • キーは自動的に選択されます。プロジェクト名とキーは、プロジェクト設定で後から変更できます。

インポーターはバックグラウンドで自動的に Trello からのデータ移動を開始し、進捗バーにインポートの状況が表示されます。データがインポートされると、新しいプロジェクトの課題としてボード ビューに表示されます。ボード ビューに関する詳細をご確認ください。

インポートで問題が発生した場合は、サポートにご連絡ください。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。