Jira Work Management をプロセス管理で使用する方法

プロセス制御プロジェクト テンプレートは、ほとんどのビジネス プロセスの実行に適したワークフローをセットアップします。

ワークフローには、レビューと承認のステップ、および複数の選択肢から選べる解決状況が含まれます。

オープン、進行中、レビュー中、却下、承認済み、完了、およびキャンセルのステータスを持つワークフロー。

このプロジェクト タイプの用途

  • 購買プロセスなどの毎回同じ手順に従うアクティビティ

  • 創造的なデザインやコンテンツ開発プロセス

  • レビューと承認が必須であるプロセス

ボードでのアクティビティの管理

Jira Work Management のボードを使用すると、進行中の作業の量やレビューで滞っている項目の数など、プロセスの進捗状況を簡単に確認できます。また、期限を過ぎている課題 (期日を使用している場合) や、課題に割り当てられている人をすばやく把握できるため、簡単にフォローアップできます。

ボードで作業を監視する」をご参照ください。

サブタスクの作成

追加するタスクが実際には小さなタスクの集合である場合、サブタスクを作成して、それらを別々の人物に割り当てることができます。すべてのサブタスクが完了するまで、タスクを [完了] に移動させることはできません。サブタスクはボードに表示されませんが、サブタスクが所属する課題に一覧表示されます。

課題とサブタスクを作成する」参照してください。

課題のカスタマイズ

以下の表は、プロセス プロジェクトにある既定の課題に関する仕様を示しています。Jira Work Management の管理者は、これらの初期設定をカスタマイズできます。たとえば、プロジェクトに他の課題タイプを追加したり、この課題タイプに新しいフィールドを追加したりできます。詳細については、「課題の設定」をご参照ください。

課題タイプ

タスクおよびサブタスク

課題フィールド

要約、課題タイプ、報告者、添付ファイル、期限、初期見積、残余見積、説明、担当者、解決状況、ラベル

解決状況

完了、不実行、重複、再現不可

優先度

最高、高、中、低、最低

プロセス制御プロジェクトの使用例

シナリオ

部署で新しいコピー機が必要で、購入の承認を受けるためのビジネス ケースを提出する必要がある

課題のライフサイクル

  1. ビジネス ケース用の課題を作成します。

  2. 作業を開始し、ビジネス ケースを「進行中」に移動し、ビジネス ケースの詳細情報をすべて課題に追加します。これには、依頼の根拠となるドキュメント (見積もりなど)、画像、スプレッドシートなどが含まれます。

  3. ケースの提出準備が整ったらそれを "レビュー" ステージに進め、マネージャーに割り当てて承認を依頼します。

  4. 承認されたら、購入リクエストを作成し、関連する部署に送信します。

  5. 課題を「完了」に移動します。

主なアクション

  • タスクを「レビュー」に進めたら、タスクを承認者に再度割り当てます (自動化することもできます)。

  • フォローアップが必要な場合は、承認者に @メンションしてコメントを残します。

  • 迅速な対応が必要な場合、承認者に期日を通知するようリマインダーを設定します。

  • 見積もりや予算などの関連ドキュメントを添付します。

課題の詳細

Emma に割り当てられた Jira の課題 (新しいコピー機の購入リクエスト)。説明が記載され、優先度は中程度に設定されています。

 

その他のヘルプ