Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

Jira Work Management をセールス チームで使用する

Jira Work Management にはさまざまな作業を追跡するための便利なテンプレートが付属しており、ニーズに合わせて更新できます。リード追跡プロジェクト テンプレートは、セールス チームがリードをクローズまで追跡するために役立ちます。

デフォルトのワークフローは以下のようになっています。

オポチュニティ、コンタクト済み、交渉中、失注、成約のステータスを含むワークフロー

オポチュニティの継続追跡

追跡しているオポチュニティごとに課題を作成し、ボード上でそれぞれの進捗を追跡します。コンタクト中、交渉中、得られた/失われたオポチュニティなどについての簡単な概要を確認できます。

セールス プロセスのさまざまなステージの、セールス オポチュニティに関する課題があるボード。

期日の追加と優先度の使用

[期日] フィールドを使用すると、コンタクトであるリードをチームがフォローアップする必要があるタイミングを知ることができます。新しい優先度を作成して、リードの温度感を伝えることもできます。

全国展開するペット用品企業のセールス オポチュニティに関する Jira の課題。オポチュニティは、連絡済みステータスにあります。

業務に合わせたカスタマイズ

営業プロセスはどれも同じというわけではありません。ここでは、お使いのプロセスに適用させるための一般的な方法をいくつか紹介します。

 

その他のヘルプ