プロジェクトの承認を設定する

この機能は現在ロール アウト中であり、お使いのインスタンスではまだ利用できない可能性があります。

このページでは承認について説明しています。承認は、Jira Work Management の機能で、次の製品でのみ利用できます。

  • Jira Work Management Cloud Premium ライセンス

  • Jira Service Management Cloud Premium および Enterprise ライセンス

  • Jira Software Cloud Premium および Enterprise ライセンス

ワークフローに承認ステップを追加する前に、

以下を確認してください。

承認を設定するには 2 つの方法があります。承認は、ワークフローエディター、またはビジネス プロジェクトの承認ビューから設定できます。承認プロセスを設定すると、チームの標準化と効果的なガバナンスの順守により、仕事を遂行する際のリスクを最小限に抑えることができます。

チームがワークフローの次のステータスに進む前に、ビジネス プロセスの一環として課題の承認が必要な場合があります。

承認を設定する前に、ステータスごとにトランジションを設定する必要があります。トランジションの設定方法の詳細をご確認ください

承認ビューから承認を設定します

次は、ビジネス プロジェクトの承認を設定する方法の 1 つです。

  1. プロジェク トビューのナビゲーション (表示しているプロジェクトの上にある水平のナビゲーション) で [承認] を選択してから、[承認] を選択します。

  2. このプロジェクトの承認をまだ設定したことがない場合は、[承認の設定] を選択できます。

  3. 承認を適用するワークフローを選択します。プロジェクトによっては、ワークフローが 1 つしかない場合があります。その場合は、その 1 つのワークフローの承認プロセスを設定します。複数のワークフローがある場合は、承認プロセスを適用するワークフローと関連する課題タイプを選択する必要があります。

  4. ワークフローから承認をトリガーするステータスを選択します。

  5. [続行] を選択します。

  6. 既定の承認者として指名したい人を選択します。承認をトリガーするステータスに課題が到達すると、既定の承認者が自動的に追加されます。課題の承認者リストは後でいつでも変更できます。

  7. 承認者フィールドに名前を付けます。これは、課題の承認者となるユーザーを指定するカスタム ユーザー ピッカー フィールドです。

  8. 課題が承認されたときのトランジションを選択します。

  9. 課題が却下されたときのトランジションを選択します。

  10. [保存] を選択します。

  11. ワークフロー エディターの右上にある [ワークフローを更新] を選択して、承認と変更をワークフローに適用します。

プロジェクト設定で承認を設定します

ビジネス プロジェクトの承認を設定するもう一つの方法。

  1. プロジェクト ビューのナビゲーション (プロジェクトのビューの上にある水平のナビゲーション) で [プロジェクトの設定] を選択します。

  2. 左側のサイドバーのナビゲーションから [課題タイプ] を選択します。

  3. 編集する課題タイプのワークフローを選択してから、その課題タイプの画面の [ワークフローを編集] を選択します。

  4. 承認ステップを追加するステータスを選択します。

  5. 右側のサイドバーの承認一覧の横にあるプラス記号 :plus: を選択して、承認設定画面を開きます。

  6. 既定の承認者として指名したい人を選択します。承認をトリガーするステータスに課題が到達すると、既定の承認者が自動的に追加されます。後でいつでも戻って、課題の承認者リストを変更できます。

  7. 承認者フィールドに名前を付けます。これは、課題の承認者となるユーザーを指定するユーザー ピッカー フィールドです。

  8. 課題が承認されたときのトランジションを選択します。

  9. 課題が却下されたときのトランジションを選択します。

  10. [保存] を選択します。

  11. ワークフロー エディターの右上にある [ワークフローを更新] を選択して、承認と変更をワークフローに適用します。

承認設定のトラブルシューティングを行います

プロジェクトの承認を設定する際のサポートが必要な場合は、承認設定のトラブルシューティングの詳細について、こちらをご覧ください

承認プロセスを設定したら注意すべき重要な点

プロジェクトの承認を設定しても、承認をトリガーするステータスにすでに達している既存の課題には、承認が遡及的に適用されません。承認プロセスは、ワークフローを通過する新しい課題にのみ適用されます。

その他のヘルプ