Jira Work Management でチーム内のメンバー全員が同レベルのアクセス権を持つ事は、望ましくありません。Jira Work Management の管理を行えるユーザーを制限するべき場合や、特定のプロジェクトをユーザーに非表示にするべき場合があります。このステップでは、Jira Work Management のさまざまな権限について説明して、 新しいプロジェクトに権限を設定します。

このページはクラシック プロジェクトの利用を開始するための説明です。次世代プロジェクトを使用している場合、「ユーザーが次世代プロジェクトにアクセスする方法を管理する」を確認してください。

ロール、グループ、ユーザーの概要

ロールとは、プロジェクト固有のグループやユーザーのセットです。T シャツのデザイン プロジェクトの例では、すべての製品マネージャーがすべてのプロジェクト全体で作業 (課題) を、シニア デザイナーは特定のデザイン プロジェクトにおいて作業を、それぞれ割り当てられるようになる必要があります。Jira Work Management では、すべての製品マネージャーを含む製品マネージャー ロールを定義できます。その後、このロールに対して「課題の割り当て」権限を使用して一連の権限を定義し、すべてのプロジェクトに適用します。必要に応じて、各プロジェクトで「製品マネージャー」ロールにシニア デザイナーを個別に追加できます。

グローバル権限とプロジェクト権限の概要

グローバル権限は、Jira Work Management にあるすべてのプロジェクトに影響する小規模な一連の機能 (Jira Work Management の管理権限など) を網羅します。グローバル権限は、グループにのみ割り当てられます。 

プロジェクト権限は、単一のプロジェクトに影響する、さらに詳細な機能セットを含みます。例えば、プロジェクトで課題を作成する権限を、グループ、ユーザー、およびプロジェクト固有のロールに割り当てることができます。

それでは実際にやってみましょう。新しい、秘密のTシャツ デザイン プロジェクトをユーザーから非表示にするために、プロジェクト権限を使用するタスクを実行します。

新しいプロジェクト ロールの作成

このプロジェクト ロールには、特定のプロジェクトを参照させるようにしたいユーザーのみを含めるようにします。次のステップで、このロールに権限を適用します。

  1. [設定]() を選択します。
  2. [システム] を選択し、セキュリティ セクションの [プロジェクト ロール] を選択します。
  3. "Review" という名前の別のプロジェクト ロールを追加します。
  4. 説明フィールドを空白のままにし、[プロジェクト ロールの追加] を選択します。
  5. [既定のメンバーを管理] を選択します。
  6. [既定のユーザー] の下の [編集] を選択して、自身と JasonReview プロジェクト ロールに追加します (Kate と Emma は追加しません)。

新しい権限スキームの構成

プロジェクトの閲覧権限は、ユーザーがそのプロジェクトを閲覧できるかどうか、つまり見ることができるかを制御します。この権限を新しいロールに割り当ててみましょう。

  1. [設定]() を選択します。
  2. [課題] > [権限スキーム] を選択します。
  3. 既定の権限スキームを [コピー] します。
  4. コピーした権限スキームを編集し、名前を "機密権限スキーム" に変更します。
  5. [更新] をクリックします。
  6. 機密権限スキームに対して [権限] を選択します。
  7. ログインできるすべてのユーザーの参照権限を削除します。
    1. [プロジェクトの参照] の右側にある [削除] をクリックします。
    2. [アプリケーション アクセス - すべてのログインユーザー] を選択します。
    3. [削除] をクリックします。
  8. "Review" プロジェクト ロールに参照権限を付与します。
    1. [プロジェクトの参照] の右にある [編集] をクリックします。
    2. [プロジェクト ロール] を選択して、メニューから "Review" を選択します。
    3. [許可] をクリックします。

スキームをプロジェクトに関連付ける

最後に、権限スキームを新しいプロジェクトに紐づけましょう。

  1. [プロジェクト] を選択してプロジェクトを選択するか、[すべてのプロジェクトを表示] を選択してプロジェクト ディレクトリにアクセスします。
  2. [プロジェクトの作成] を選択します。
  3. "タスクのトラッキング" プロジェクト タイプを選択します。
  4. プロジェクトに Top Secret Tee と名前を付け、[作成] をクリックします。
  5. [権限] > [アクション] > [別のスキームの使用] をクリックします。
  6. スキームで Confidential Permission Scheme を選択し、関連付け をクリックします。

新しいプロジェクトを参照できるユーザーは、Jason とあなたのみになります。既定のメンバーは新しいプロジェクトのロールにのみ追加されることに注意してください。この方法は、ユーザーに対して、課題の作成、コメントの追加、課題のクローズなどを制限するためにも使用できます。



よく出来ました! プロジェクトの権限スキームを作成し、プロジェクトに適用しました。

これで、Jira Work Management 管理者向けのチュートリアルは完了です。プロジェクト管理者向けのチュートリアルを受講されていない方は、引き続き受講することをお勧めします。これによって、チームがどのように Jira Work Management を利用するかの理解を深められます。プロジェクト管理者向けのチュートリアルを開始しましょう。

プロジェクト管理者チュートリアルの開始