Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

チーム管理対象プロジェクトへユーザーがアクセスする方法を管理する

This page is for team-managed projects

プロジェクト サイドバーの左下に [企業管理対象プロジェクトに参加しています] と表示されている場合は、こちらの記事をご確認ください。

企業管理対象とチーム管理対象の各プロジェクトの違いを見つける方法をご確認ください。

チーム管理対象プロジェクトでは、プロジェクトのユーザーに付与する権限またはアクセス権はアクセス ページで管理されます。ここでは、ユーザーをプロジェクトに追加してロールを付与することで、それらのユーザーがチームの作業でコラボレーションを開始できるようにします。

このページには次の情報が表示されます。

アクセス ページを表示するには、プロジェクトのサイドバーで [プロジェクト設定] > [アクセス] の順に選択します。

Jira Software または Jira Work Management の Free プランでは、プロジェクトの権限またはロールを編集できません。また、すべての Free プラン (Jira Service Management を含む) において、課題レベルのセキュリティを設定できません。Free プランにおけるプロジェクト権限の仕組みに関する詳細についてご確認ください。Jira の強力なプロジェクト権限管理機能のメリットを活かすには、プランをアップグレードしましょう。

このページの記載内容を実行するには、プロジェクトの管理者ロールを持っている必要があります。

チーム管理対象ビジネス プロジェクトのアクセス レベルを設定する

チーム管理対象プロジェクトは個人/非公開にできます。または、Jira サイトのすべてのユーザーに対してオープンにできます。作業はオープンかつアクセス可能にしておくことをお勧めします。これらのサイロを壊していきましょう!

ただし、自分のプロジェクトにアクセスできるユーザーやそのユーザーが実行できる機能を制限する場合は、プロジェクトのアクセス権を変更できます。

プロジェクトのアクセス権を変更するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。

  2. [プロジェクトへのアクセス権] で [プロジェクトへのアクセス権を変更] を選択します。

  3. 付与したいアクセス レベルを選択して、[変更] を選択します。

プロジェクトへのアクセス レベルによって、Jira サイト全体でプロジェクトと課題を検索、閲覧、編集できるユーザーが設定されます。

チーム管理対象ビジネス プロジェクトには、次の 3 つのシンプルなアクセス レベルが用意されています。

  • オープン。プロジェクトがオープンの場合、Jira サイトのユーザー全員がプロジェクト内の課題を表示、作成、編集できます。このアクセス レベルでは、Jira サイトにログインしたすべてのユーザーに、プロジェクトの Member ロールが割り当てられます。

    制限。プロジェクトが制限の場合、Jira サイトのすべてのユーザーがプロジェクトで課題の表示およびコメント作成を行うことができますが、課題の編集や新しい課題の作成はできません。このアクセス レベルでは、Jira サイトにログインしたすべてのユーザーに、プロジェクトの Viewer ロールが割り当てられます。

    非公開。プロジェクトが非公開の場合、Jira 管理者とプロジェクトに追加されたユーザーのみが、プロジェクト ディレクトリでプロジェクトを表示したり、検索結果でプロジェクトの課題を表示したりできます。

Jira サイト全体におけるユーザーの一般的な権限は、プロジェクトのアクセス レベルによって設定されます。独自のプロジェクト ロールを作成することで、特定のアクセス権や権限を各ユーザーに付与できます。プロジェクト ロールの詳細については以下をお読みください。

ロールとは

現実の世界では、ユーザーはプロジェクトの作業においてさまざまな役割を担っています。チームに専任のスクラム マスターがいる場合も、コンサルタントまたは請負業者とともに作業する場合もあります。

チーム管理対象プロジェクトでは、ロールによって、ユーザーがプロジェクトにアクセスする方法やプロジェクトとやり取りする方法を微調節できます。ロールによっては、チームの作業コンテンツに対するアクセス権の量を制限する必要がある場合があります。または、特定のロールがプロジェクトで行えることを制限することをお勧めします。たとえば、チームのスクラム マスターのみに今後のスプリントを計画して管理できるようにすることをお勧めします。または、コンサルタントに課題のステータスの変更を禁止することをお勧めします。

チーム管理対象ビジネス プロジェクトには、初期設定で次の 3 つのロールが用意されています。

  • 管理者。設定の更新や他の管理者のプロジェクトへの追加など、ほとんどのことを行えます。機能を管理して課題タイプとワークフローをカスタマイズできます。管理者がこのロールをフル活用するには、Jira Work Management への製品アクセスが必要です。

  • メンバー。チームの一員です。課題を作成して編集、課題にコメント、課題のステータスを変更できて、一般にプロジェクトの作業でコラボレーションします。メンバーがこのロールをフル活用するには、Jira Work Management への製品アクセスが必要です。

  • 閲覧者。プロジェクトの課題を検索して閲覧する程度のことを行えます。追加の製品アクセスを付与することなく、このロールを Jira サイトの任意の登録ユーザーに付与できます。

独自のロールを作成して、プロジェクト内でのユーザーのアクセス権をさらにカスタマイズできます。ロール作成の詳細については、以下をお読みください。

チーム管理対象ビジネス プロジェクトでユーザーのロールを変更する

プロジェクトのアクセス レベルの他に、プロジェクト ロールを使用して、プロジェクト内でのユーザー権限を管理できます。

ユーザーやグループに割り当てられたプロジェクト ロールの変更手順

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。

    1. テーブルにあるユーザーのエントリで、ロール ドロップダウン メニューを選択します。

  2. ユーザーに割り当てるロールの横にあるボックスを選択します。

ロールをユーザーに付与すると、そのユーザーはプロジェクトへのアクセス権で付与されたロール権限も引き継ぐことになります。

  • オープンなプロジェクトでは Jira サイトのメンバー全員にデフォルトの Members ロールが与えられます。

  • 制限プロジェクトでは Jira サイトのメンバー全員にデフォルトの Viewer ロールが与えられます。

  • 非公開プロジェクトでは、Jira 管理者とプロジェクトに追加したユーザーのみがロールを持ちます。

チーム管理対象ビジネス プロジェクトには、次の初期設定のロールが用意されています。

  • 管理者。設定の更新や他の管理者のプロジェクトへの追加など、ほとんどのことを行えます。機能を管理して課題タイプとワークフローをカスタマイズできます。

  • Member。Member はチームの一部です。課題の作成および編集、課題へのコメント追加、課題のステータスの変更を実行でき、一般に、プロジェクトの作業でコラボレーションを行います。

  • Viewer。Viewer はプロジェクト内の検索や課題の表示が可能です。

ロールの権限を表示する

プロジェクトの特定のロールに付与されている各種権限を確認するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。

  2. [ロールの管理] を選択します。

  3. 権限を表示したいロールをクリックします。

利用可能なそれぞれの権限の詳細をご確認ください

チーム管理対象ビジネス プロジェクトでロールを作成する

チーム管理対象ビジネス プロジェクトによって、メンバーに付与するチームの作業に対するアクセス権を微調整できます。ロールを作成して、特定のユーザーやグループに付与する権限をカスタマイズできます。

ロールを作成して権限をカスタマイズするには、次の手順に従います。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。

  2. [ロールの管理] を選択します。

  3. [ロールの作成] を選択します。

  4. ロールに名前をつけ、説明を加えます。

  5. ロールのユーザーが持つ権限を選択します。利用可能なそれぞれの権限の詳細をご確認ください

  6. 作成をクリックします。

ロールにユーザーやグループを追加すると、プロジェクトへのアクセス権に伴って付与されるロールも引き継ぐことになります。

  • オープンなプロジェクトでは Jira サイトのメンバー全員にデフォルトの Members ロールが与えられます。

  • 制限プロジェクトでは Jira サイトのメンバー全員にデフォルトの Viewer ロールが与えられます。

  • 非公開プロジェクトでは、Jira 管理者とプロジェクトに追加したユーザーのみがロールを持ちます。

これらの権限を付与するロールにユーザーを追加する場合は、そのユーザーが Jira Work Management へのアクセス権を持っていることをご確認ください。そうでない場合は、ユーザーにアクセスの問題が発生して、それらのユーザーが使用する予定だった機能のメリットを十分に生かせない可能性があります。サイト管理者のみが個人ユーザーに Jira Work Management への製品アクセスを付与できます。製品アクセス権の詳細についてお読みください

ロールとその権限の複製

チームが成熟するにつれて、チームで密接に関連するロールの違いがわずかであることに気付くかもしれません。プロジェクトでこれらのロールをゼロから作成するのではなく、既存のロールを出発点として使用できます。

ロールを複製するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。

  2. [ロールの管理] を選択します。

  3. 複製するロールを探して [複製] (Contentful の複製アイコンを挿入) を選択します。

  4. ロールの名前と説明を調整します。

  5. そのロールのユーザーが持つ必要がある権限を確認します。利用可能な各権限の詳細についてお読みください

  6. 作成をクリックします。

一部の権限では Jira Work Management への製品アクセス権が必要です。

ユーザーをこれらの権限を付与するロールに追加する場合は、それらのユーザーが Jira Work Management へのアクセス権を持っていることをご確認ください。そうでない場合は、ユーザーにアクセスの問題が発生して、それらのユーザーが使用する予定だった機能のメリットを十分に生かせない可能性があります。サイト管理者のみが個人ユーザーに Jira Work Management への製品アクセスを付与できます。製品アクセス権の詳細についてお読みください

ロールとその権限の編集

多くの場合、チームにおけるユーザーの役割は自然に変化します。時間の経過と共に、プロジェクトで特定のロールを持つユーザーにさらに権限を付与したり、できることを制限したりすることをお勧めします。

プロジェクトの特定のロールに付与される各種権限の編集手順

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。

  2. [ロールの管理] を選択します。

  3. 編集したい権限を持つロールをクリックします。

  4. ロールのユーザーが持つ権限を選択します。利用可能なそれぞれの権限の詳細をご確認ください

  5. 更新をクリックします。

更新された権限は、プロジェクトでそのロールを保有するユーザー全員に適用されます。

Jira Work Management に初期設定で用意されているロールは編集できませんが、プロジェクトに新しいロールを加える際の最初のステップとして、そのロールを複製して使用できます。

ロールの削除

チーム管理対象プロジェクトで不要になったロールを削除できます。たとえば、同じ権限であるリードとマネージャーの 2 つのロールを持っているユーザーがいる場合は、これらのロールのいずれかを削除できます。

ロールを削除するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。

  2. [ロールの管理] を選択します。

  3. 削除するロールを検索して、[削除] を選択します。

プロジェクトに初期設定で用意されている管理者メンバー閲覧者の各ロールは削除できません。

チーム管理対象プロジェクトのロールを削除すると、次の影響を及ぼす場合があります。

あとから気が変わったら、ロールついて上記を作り直すことができます。

ロールを削除しても、そのロールを持つユーザーがプロジェクトから削除されることはありません。ユーザーの削除についてはこちらをご確認ください

その他のヘルプ