Jira Cloud Migration Assistant のサポート対象バージョン

現在ご利用のセルフホスト型製品のバージョンによっては、Jira Cloud Migration Assistant を使用して Jira Server から Cloud に移行する前に、アップグレードする必要がある場合があります。以下は、互換性のあるセルフホスト型バージョンのガイドラインです。

Jira Software、Jira Service Management、または Jira Core

Jira Cloud Migration Assistant を使用するには、Jira Server バージョン 7.6.0 以降を使用する必要があります。 

これよりも前のバージョンを使用している場合は、移行アシスタントを使用する前にアップグレードする必要があります。

Jira Service Management の移行を実行するには、Jira Service Management 3.9.0 以降を使用する必要があります。

期限切れのサーバー ライセンスを使用したアップグレード

サポート対象外のサーバー バージョンを使用していて、(アップグレードに必要な) アクティブなメンテナンスがサーバー ライセンスにない場合は、移行の準備のために無料のトライアル ライセンスを使用してアップグレードできます。期限切れのライセンスでクラウドに移行する方法の詳細について、確認してください。

Bitbucket

Jira を移行していて Bitbucket Server または Bamboo を統合する必要がある場合は、移行を開始する前にアプリケーション リンク バージョン マトリックスを参照して、Bitbucket Server または Bamboo の適切なバージョンを使用していることをご確認ください。

データセンター

現在、Jira Cloud Migration Assistant は Data Center で利用できます。Data Center インスタンスで移行アシスタントを使用する前に、移行するデータと移行しないデータを確認してください。

限定的な復元サポート

Data Center にインストールされている場合、Jira Cloud Migration Assistant は移行中の復元機能 (サーバー エラーの場合) を限定的にサポートします。復元機能を最大限利用するには、Data Center ノード 2 つにつき、一度に 1 回のみ移行を実行することをお勧めします。この機能は、Jira Cloud Migration Assistant でのみ利用できます。

移行中にサーバー エラーが発生した場合、Jira Cloud Migration Assistant では次の動作を行います。

  • エクスポート中: 1 回の移行につき Data Center ノードが 2 つで両方が同時にクラッシュしていない場合に限り、移行を 2 回まで自動で復元します。

  • インポート中: 1 回の移行につき Data Center ノードが 2 つで両方が同時にクラッシュしていない場合に限り、移行を自動で復元します (回数無制限)。

すべての Data Center ノードがクラッシュした場合、上記のような復元の実行は保証されません。ただし、1 回の移行につき 1 つのノードが 3 分以内に再起動した場合は実行されることがあります。

ブラウザ サポート

Jira Cloud Migration Assistant の Internet Explorer 11 のサポートは終了しました。まだ Internet Explorer 11 を利用している場合は、サポートされているブラウザのいずれかに切り替えることをお勧めします。詳細については、これに関するコミュニティの投稿を参照してください。

詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。

その他のヘルプ