• 製品
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira 製品ファミリーのスキーマ

Jira 製品ファミリーでは、多くの同じテーブルが共有されています。つまり、Atlassian Data Lake で使用可能な Jira 製品のデータは、同じテーブル セットに集約されます。

特定の Jira 製品データに絞り込む必要がある場合は、ビジュアル モード クエリの [Filters] セクションにある [Jira project] テーブルの [Project type] 列を使用するか、SQL モード クエリの WHERE 句を使用します。

アスタリスク (*) が付いている列は、Data Lake 接続で製品のすべてのデータを含める場合にのみ利用できます。Atlassian Data Lake 接続のデータ範囲を設定する方法の詳細をご確認ください。

Jira 製品のテーブルと組織データがどのように接続されているかを示すスキーマ図。

上の図は、Jira 製品ファミリーのスキーマと Jira Service Management のスキーマの間の関係を示しています。太字の列は、それらが含まれているテーブルの主キーです。

プロジェクト データのテーブル

Jira プロジェクト データ用のテーブルは次のとおり複数あります。

  • Project

  • ProjectComponent

  • プロジェクトの修正バージョン

Project

jira_project テーブルには Jira プロジェクトがリストされています。

使用されている列は次のとおりです。

担当者タイプ*

プロジェクトの既定の課題割当先の設定。

SQL 名

assignee_type

データ タイプ

文字列

サンプル値

PROJECT_LEADUNASSIGNED

説明*

プロジェクトの説明。

SQL 名

description

データ タイプ

文字列

リード アカウント ID

プロジェクト リードとして定義された人物の一意の識別子。

SQL 名

lead_account_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマaccount テーブルにあるレコードへのリンク。

名前*

プロジェクトの名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

プロジェクト カテゴリ*

このプロジェクトが割り当てられているプロジェクト カテゴリ。

SQL 名

project_category

データ タイプ

文字列

プロジェクト ID

プロジェクトの一意の識別子。これをプロジェクト データの主キーとして使用します。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

プロジェクト キー*

プロジェクトの一意のキー。

SQL 名

project_key

データ タイプ

文字列

プロジェクト参照*

Jira サイト内のプロジェクトの識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードをプロジェクト識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

project_ref

データ タイプ

数値

プロジェクト タイプ*

プロジェクトのタイプ。プロジェクト タイプの詳細を確認してください。

SQL 名

project_type

データ タイプ

文字列

サンプル値

  • business = Jira Work Management

  • software = Jira

  • service_desk = Jira Service Management

ワークスペース ID

workspace テーブルでデータをサイトにマッピングするアトラシアンの識別子

SQL 名

workspace_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマworkspace テーブルにあるレコードへのリンク。


ProjectComponent

jira_project_component テーブルには、各プロジェクトに定義されたコンポーネントがリストされます。

使用されている列は次のとおりです。

担当者タイプ*

プロジェクトの既定の課題割当先の設定。

SQL 名

assignee_type

データ タイプ

文字列

サンプル値

PROJECT_DEFAULTUNASSIGNED

コンポーネント ID

プロジェクト コンポーネントの一意の識別子。これをコンポーネント データの主キーとして使用します。

SQL 名

component_id

データ タイプ

文字列

コンポーネント参照*

Jira サイト内のコンポーネントの識別子

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードをコンポーネント識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

component_ref

データ タイプ

文字列

説明*

プロジェクト コンポーネントの説明。

SQL 名

description

データ タイプ

文字列

リード アカウント ID

コンポーネント リードとして定義された人物の一意の識別子。

SQL 名

lead_account_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマaccount テーブルにあるレコードへのリンク。

名前*

プロジェクト コンポーネントの名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

プロジェクト ID

プロジェクトの一意の識別子。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project テーブルのレコードへのリンク。

行の更新時刻

このレコードの最終更新時刻 (UTC タイムゾーン)。

SQL 名

row_refreshed_at

データ タイプ

日時

ワークスペース ID

workspace テーブルでデータをサイトにマッピングするアトラシアンの識別子

SQL 名

workspace_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマworkspace テーブルにあるレコードへのリンク。


プロジェクトの修正バージョン

jira_project_fix_version テーブルには、各プロジェクトに定義されたバージョンがリストされます。

使用されている列は次のとおりです。

説明*

プロジェクト バージョンの説明。

SQL 名

description

データ タイプ

文字列

名前*

プロジェクト バージョンの名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

プロジェクト ID

プロジェクトの一意の識別子。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project テーブルのレコードへのリンク。

リリース日

プロジェクト バージョンのリリース日。

SQL 名

release_date

データ タイプ

日付

行の更新時刻

このレコードの最終更新時刻 (UTC タイムゾーン)。

SQL 名

row_refreshed_at

データ タイプ

日時

並べ替え順序*

バージョンの順序 (Jira 製品での表示順序に対応)。

SQL 名

sort_order

データ タイプ

数値

開始日

プロジェクト バージョンの開始日。

SQL 名

start_date

データ タイプ

日付

ステータス*

プロジェクト バージョンの現在のステータス。

SQL 名

status

データ タイプ

文字列

バージョン ID

プロジェクト バージョンの一意の識別子。これをバージョン データの主キーとして使用します。

SQL 名

version_id

データ タイプ

文字列

バージョン参照*

Jira サイト内のプロジェクト バージョンの識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードをバージョン識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

version_ref

データ タイプ

文字列

ワークスペース ID

workspace テーブルでデータをサイトにマッピングするアトラシアンの識別子

SQL 名

workspace_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマworkspace テーブルにあるレコードへのリンク。


課題データのテーブル

Jira 課題データのテーブルは次のとおり複数あります。

  • Issue

  • 課題の影響を受けるバージョン マッピング

  • 課題のサイクル期間

  • 課題フィールド

  • 課題の修正バージョン マッピング

  • 課題履歴

  • 課題ステータスの履歴

Issue

jira_issue には Jira 課題がリストされます。

使用されている列は次のとおりです。

担当者アカウント ID*

課題担当者の一意の識別子。

SQL 名

assignee_account_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマaccount テーブルにあるレコードへのリンク。

作成時刻

課題が作成された日時 (UTC タイム ゾーン)。

SQL 名

created_at

データ タイプ

日時

作成者アカウント ID*

課題の作成者の一意の識別子。

SQL 名

creator_account_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマaccount テーブルにあるレコードへのリンク。

説明*

課題の説明。

SQL 名

description

データ タイプ

文字列

期限

課題の期限 (UTC タイム ゾーン)。

SQL 名

due_date

データ タイプ

日付

環境*

課題が発生した環境の短い説明

SQL 名

environment

データ タイプ

文字列

値の例

Linux

課題 ID

課題の一意の識別子。これを課題データの主キーとして使用します。

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

課題キー*

プロジェクト内の課題の番号

SQL 名

issue_key

データ タイプ

文字列

値の例

TEST-12

課題参照*

Jira サイト内の課題の識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードを課題識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

issue_ref

データ タイプ

文字列

課題タイプ*

課題のタイプ。

SQL 名

issue_type

データ タイプ

文字列

サンプル値

タスクストーリー

ラベル*

課題に追加されたラベル名の配列。

SQL 名

labels

データ タイプ

文字列の配列

初期見積もり時間 (秒)*

この列では、タイム トラッキングを有効にする必要があります。

設定された初期見積もり時間 (秒単位)。

SQL 名

original_time_estimate_secs

データ タイプ

数値

親課題 ID

課題の直接の親の一意の識別子 (課題で「親」フィールドを使用している場合)。

SQL 名

parent_issue_id

データ タイプ

文字列

優先度*

現在の課題の優先度。

SQL 名

priority

データ タイプ

文字列

優先度の並べ替え順序

優先度の順序 (Jira 製品での表示順序に対応)。

SQL 名

priority_sort_order

データ タイプ

数値

プロジェクト ID

プロジェクトの一意の識別子。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project テーブルのレコードへのリンク。

報告者アカウント ID*

課題の報告者の一意の識別子。

SQL 名

reporter_account_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマaccount テーブルにあるレコードへのリンク。

解決状況*

現在の課題解決状況。

SQL 名

resolution

データ タイプ

文字列

サンプル値

完了不実行重複

解決日

課題が解決された日時 (UTC タイム ゾーン)。

SQL 名

resolution_at

データ タイプ

日時

解決状況の並べ替え順序

解決状況の順序 (Jira 製品での表示順序に対応)。

SQL 名

resolution_sort_order

データ タイプ

数値

ステータス*

現在の課題のステータス。

SQL 名

status

データ タイプ

文字列

値の例

コードレビュー

ステータス カテゴリ*

現在の課題ステータスのステータス カテゴリ。

SQL 名

status_category

データ タイプ

文字列

サンプル値

作業前進行中完了

ステータスの並べ替え順序

ステータスの順序 (Jira 製品での表示順序に対応)。

SQL 名

status_sort_order

データ タイプ

数値

ストーリー ポイント*

チーム管理対象プロジェクトの課題に関するデータのみを保持します。企業管理対象プロジェクトの課題のストーリーポイントを取得するには、「課題フィールド」テーブルを使用します。

課題に割り当てられたストーリー ポイントの数。

SQL 名

story_points

データ タイプ

数値

要約*

課題の要約。

SQL 名

summary

データ タイプ

文字列

時間の見積もり (秒)*

この列では、タイム トラッキングを有効にする必要があります。

元の推定からの残存推定時間 (秒単位)。

SQL 名

time_estimate_secs

データ タイプ

数値

消費時間 (秒)*

この列では、タイム トラッキングを有効にする必要があります。

ログに記録された作業量 (秒単位)。消費時間がない場合、フィールドは NULL になります。

SQL 名

time_spent_secs

データ タイプ

数値

作成日時

課題が最後に更新された日時 (UTC タイム ゾーン)。

SQL 名

updated_at

データ タイプ

日時

URL*

課題の URL。

SQL 名

url

データ タイプ

文字列

ワークスペース ID

workspace テーブルでデータをサイトにマッピングするアトラシアンの識別子

SQL 名

workspace_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマworkspace テーブルにあるレコードへのリンク。


課題の影響を受けるバージョン マッピング

jira_issue_affected_version_mapping テーブルには、バグまたは問題が見つかった課題とプロジェクト バージョンとの間の関連付けが保持されます。

使用されている列は次のとおりです。

課題 ID

課題の一意の識別子。

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue テーブルのレコードへのリンク。

行の更新時刻

このレコードの最終更新時刻 (UTC タイムゾーン)。

SQL 名

row_refreshed_at

データ タイプ

日時

バージョン ID

課題の修正バージョンであるプロジェクト バージョンの一意の識別子。

SQL 名

version_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project_fix_version テーブルのレコードへのリンク。

ワークスペース ID

workspace テーブルでデータをサイトにマッピングするアトラシアンの識別子

SQL 名

workspace_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマworkspace テーブルにあるレコードへのリンク。

課題のサイクル期間

jira_issue_cycle_time テーブルには、issue_status_history から取得したデータが含まれます。

これを使用し、課題ステータスのトランジションに基づいてフロー メトリックを計算できます。作業の開始は「進行中」ステータス カテゴリに割り当てられたステータスへの最初のトランジションとして定義され、作業の終了は「完了」ステータス カテゴリに割り当てられたステータスへの最後のトランジションとして定義されます。

課題のステータスが現在「完了」ステータス カテゴリにある場合は、cycle_time_secs 列に経過時間が表示されます。作業の終了作業の開始よりも前にある場合、その値は NULL になります。マイナスのサイクル期間を取得しないようにするためです。

使用されている列は次のとおりです。

サイクル期間 (秒)

作業の開始から作業の終了までの全体経過時間 (秒単位) で、課題サイクル期間全体を示しています。

記録された work_ended_atwork_started_at より前の場合、値は NULL になります。

SQL 名

cycle_time_secs

データ タイプ

数値

課題 ID

課題の一意の識別子

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue テーブルのレコードへのリンク。

作業完了日時

課題が「完了」ステータス カテゴリのステータスにトランジションした最も遅い日時 (UTC タイム ゾーン) (課題の作業が完了した時刻を示す)。

SQL 名

work_ended_at

データ タイプ

日時

作業開始時間

課題が「進行中」ステータス カテゴリのステータスにトランジションした最も早い日時 (UTC タイム ゾーン) (課題の作業が開始された時刻を示す)。

SQL 名

work_started_at

データ タイプ

日時

ワークスペース ID

workspace テーブルでデータをサイトにマッピングするアトラシアンの識別子

SQL 名

workspace_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマworkspace テーブルにあるレコードへのリンク。


課題フィールド

jira_issue_field には、Jira フィールドの内容がリストされます。

使用されている列は次のとおりです。

フィールド ID

Jira フィールドの一意の識別子。このテーブルの issue_id 列とともに、課題フィールド データの主キーとして使用します。

SQL 名

field_id

データ タイプ

文字列

フィールド キー*

Jira フィールドのキー。

キーには、アプリで定義されている ID とは異なる値を保持できます。

SQL 名

field_key

データ タイプ

文字列

フィールド参照

Jira サイト内のフィールドの識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードをフィールド識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

field_ref

データ タイプ

文字列

フィールド タイプ*

フィールドに格納されるデータ タイプ。

SQL 名

field_type

データ タイプ

文字列

課題 ID

課題の一意の識別子このテーブルの field_id 列とともに、課題フィールド データの主キーとして使用します。

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue テーブルのレコードへのリンク。

名前*

フィールドの名前。

フィールドに複数の値が含まれている場合は、フィールドにそれぞれの値のレコードが存在します。

フィールドにカスケード値が含まれている場合は、親の値のレコードと、それぞれの子の値のレコードが存在します。親の値を取得するには、フィールド名に (parent) を追加します。子の値を取得するには、フィールド名に (child) を追加します。

たとえば、"ロケーション" という名前の Jira フィールドがあるとします。フィールドの値には、まず国を選択してから、次に地域を選択する必要があります。国は親の値に保存され、地域は子の値に保存されます。データ レイクから両方をクエリするには、Location (parent)Location (child) というフィールド名をフィルタリングして、国と地域の値をそれぞれ取得します。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

値*

該当する課題に関する Jira フィールドの内容。この文字列で表されるデータのタイプは、フィールドによって異なります。

SQL 名

value

データ タイプ

文字列

ワークスペース ID

workspace テーブルでデータをサイトにマッピングするアトラシアンの識別子

SQL 名

workspace_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマworkspace テーブルにあるレコードへのリンク。


課題の修正バージョン マッピング

jira_issue_fix_version_mapping テーブルには、課題と、その修正バージョンであるプロジェクト バージョンとの間の関連付けが保持されます。

使用されている列は次のとおりです。

課題 ID

課題の一意の識別子。

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue テーブルのレコードへのリンク。

行の更新時刻

このレコードの最終更新時刻 (UTC タイムゾーン)。

SQL 名

row_refreshed_at

データ タイプ

日時

バージョン ID

課題の修正バージョンであるプロジェクト バージョンの一意の識別子。

SQL 名

version_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project_fix_version テーブルのレコードへのリンク。

ワークスペース ID

workspace テーブルでデータをサイトにマッピングするアトラシアンの識別子

SQL 名

workspace_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマworkspace テーブルにあるレコードへのリンク。


課題履歴

jira_issue_history テーブルでは、課題データの経時的な変更が追跡されます。課題詳細の [履歴] タブとは異なり、このテーブルには、課題作成時にフィールドに割り当てられる初期値が含まれています。

場合によっては、課題に複数の更新が同時に適用されることがあります。これらの更新では、同じ changelog_id 値が共有されます。これらの変更グループごとに、更新された各フィールドの行が表示されます。

使用されている列は次のとおりです。

作成者アカウント ID*

課題に対する変更適用者の一意の識別子。

SQL 名

author_account_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマaccount テーブルにあるレコードへのリンク。

変更ログ ID

課題に対する更新のグループの一意の識別子。

SQL 名

changelog_id

データ タイプ

文字列

終了日時

新しいフィールド値が別の値に置き換えられた日時 (UTC タイム ゾーン)。

この記録が取り込んだ変更がその後の変更によって置き換えられた時刻です。その後に変更がなかった場合は NULL です。

SQL 名

ended_at

データ タイプ

日時

フィールド*

更新されたフィールドの名前。

SQL 名

field

データ タイプ

文字列

フィールド ID

更新されたフィールドの一意の識別子。

SQL 名

field_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue_field テーブルのレコードへのリンク。

フィールド キー*

フィールドのキー。

SQL 名

field_key

データ タイプ

文字列

フィールド名*

更新されたフィールドの現在の名前。

履歴レコードが作成されてからフィールドが削除された場合は、NULL になることがあります。

SQL 名

field_name

データ タイプ

文字列

フィールド タイプ*

更新されたフィールドのタイプ。

履歴レコードが作成されてからフィールドが削除された場合は、NULL になることがあります。

SQL 名

field_type

データ タイプ

文字列

課題 ID

更新された課題の一意の識別子。

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue テーブルのレコードへのリンク。

前の値*

変更前のフィールドの値。

SQL 名

prev_value

データ タイプ

文字列

前の値 (文字列)*

変更前のフィールドの値を表す文字列。

SQL 名

prev_value_string

データ タイプ

文字列

開始日時*

新しいフィールド値が有効になった日時 (UTC タイム ゾーン)。

この記録が取り込んだ変更の時刻です。

SQL 名

started_at

データ タイプ

日時

値の時間 (秒)

このフィールド値の開始時刻と終了時刻の時間間隔 (秒単位)。

フィールドでその後に変更がなかった場合 (つまり、新しいフィールド値が現在の値)、NULL になります。

SQL 名

time_in_value_secs

データ タイプ

数値

値*

変更後のフィールドの値。

SQL 名

value

データ タイプ

文字列

値 (文字列)*

変更後のフィールドの値を表す文字列。

SQL 名

value_string

データ タイプ

文字列

ワークスペース ID

workspace テーブルでデータをサイトにマッピングするアトラシアンの識別子

SQL 名

workspace_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマworkspace テーブルにあるレコードへのリンク。


課題ステータスの履歴

jira_issue_status_history テーブルでは、課題ステータスの経時的な変更が追跡されます。課題詳細の [History] タブとは異なり、このテーブルには課題作成の初期ステータスも含まれます。課題の各トランジションに対して行があります。

使用されている列は次のとおりです。

作成者アカウント ID*

課題ステータスを設定または変更したユーザーの一意の識別子。

SQL 名

author_account_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマaccount テーブルにあるレコードへのリンク。

終了日時

新しい課題ステータスが別のステータスに置き換えられた日時 (UTC タイム ゾーン)。

その後に課題のトランジションがなかった場合は NULL です。

SQL 名

ended_at

データ タイプ

日時

課題 ID

更新された Jira 課題の一意の識別子。

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue テーブルのレコードへのリンク。

前のステータス*

前の課題ステータス。

SQL 名

prev_status

データ タイプ

文字列

前のステータスカテゴリ*

前の課題ステータスのステータス カテゴリ。

SQL 名

prev_status_category

データ タイプ

文字列

前のステータス ID

前の課題ステータスの一意の識別子。

SQL 名

prev_status_id

データ タイプ

文字列

開始日時*

新しい課題ステータスが設定された日時 (UTC タイム ゾーン)。

SQL 名

started_at

データ タイプ

日時

ステータス*

新しい課題ステータス。

SQL 名

status

データ タイプ

文字列

ステータス カテゴリ*

新しい課題ステータスのステータス カテゴリ。

SQL 名

status_category

データ タイプ

文字列

ステータス ID

新しい課題ステータスの一意の識別子。

SQL 名

status_id

データ タイプ

文字列

ステータスの時間 (秒)

ステータスの開始時刻と終了時刻の時間間隔 (秒単位)。

その後に課題トランジションがなかった場合は (つまり、新しい課題ステータスが現在のステータス)、NULL になります。

SQL 名

time_in_status_secs

データ タイプ

数値

ワークスペース ID

workspace テーブルでデータをサイトにマッピングするアトラシアンの識別子

SQL 名

workspace_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのスキーマworkspace テーブルにあるレコードへのリンク。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。