• 製品
  • 関連ドキュメント
  • リソース

Jira 製品ファミリーのデータ共有スキーマ

Jira 製品ファミリーでは、多くの同じテーブルが共有されています。つまり、Atlassian Data Lake で使用可能な Jira 製品のデータは、同じテーブル セットに集約されます。

課題データのテーブル

Jira 課題拡張テーブル

jira_issue_enhanced_table テーブルには、Jira のすべての課題に関する情報が含まれています。

このテーブルには次の列が含まれています。

担当者アカウント ID

課題担当者の一意の識別子。

SQL 名

assignee_account_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのデータ共有スキーマatlassian_account テーブル内のレコードへのリンク。

作成時刻

課題が作成された日時 (UTC タイム ゾーン)。

SQL 名

created_at

データ タイプ

タイムスタンプ

作成者アカウント ID

課題の作成者の一意の識別子。

SQL 名

creator_account_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのデータ共有スキーマatlassian_account テーブル内のレコードへのリンク。

説明

課題の説明。

SQL 名

description

データ タイプ

文字列

期限

課題の期限 (UTC タイム ゾーン)。

SQL 名

due_date

データ タイプ

タイムスタンプ

環境

課題が発生した環境の短い説明

SQL 名

environment

データ タイプ

文字列

課題 ID

課題の一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

課題キー

プロジェクト内の課題の番号

SQL 名

issue_key

データ タイプ

文字列

値の例

TEST-12

課題参照

Jira サイト内の課題の識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードを課題識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

issue_ref

データ タイプ

文字列

課題タイプ

課題のタイプ。

SQL 名

issue_type

データ タイプ

文字列

初期見積時間 (秒)

この列では、タイム トラッキングを有効にする必要があります。

設定された初期見積もり時間 (秒単位)。

SQL 名

original_time_estimate_secs

データ タイプ

Float

親課題 ID

課題の直接の親の一意の識別子。

SQL 名

parent_issue_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue テーブルの別のレコードへのリンク。

優先度

現在の課題の優先度。

SQL 名

priority

データ タイプ

文字列

優先度の並べ替え順序

優先度の順序 (Jira 製品での表示順序に対応)。

SQL 名

priority_sort_order

データ タイプ

Int

プロジェクト ID

課題があるプロジェクトの一意の識別子。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project テーブルのレコードへのリンク。

報告者アカウント ID

課題の報告者の一意の識別子。

SQL 名

reporter_account_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのデータ共有スキーマatlassian_account テーブル内のレコードへのリンク。

ソリューション

現在の課題解決状況。

SQL 名

resolution

データ タイプ

文字列

解決日

課題が解決された日時 (UTC タイム ゾーン)。

SQL 名

resolution_at

データ タイプ

タイムスタンプ

解決状況の並べ替え順序

解決状況の順序 (Jira 製品での表示順序に対応)。

SQL 名

resolution_sort_order

データ タイプ

Int

ステータス

現在の課題のステータス。

SQL 名

status

データ タイプ

文字列

ステータス カテゴリ

現在の課題ステータスのステータス カテゴリ。

SQL 名

status_category

データ タイプ

文字列

ステータスの並べ替え順序

ステータスの順序 (Jira 製品での表示順序に対応)。

SQL 名

status_sort_order

データ タイプ

Int

ストーリー ポイント

チーム管理対象プロジェクトの課題に関するデータのみを保持します。企業管理対象プロジェクトの課題のストーリーポイントを取得するには、「課題フィールド」テーブルを使用します。

課題に割り当てられたストーリー ポイントの数。

SQL 名

story_points

データ タイプ

Float

要約

課題の要約。

SQL 名

summary

データ タイプ

文字列

見積時間 (秒)

この列では、タイム トラッキングを有効にする必要があります。

元の推定からの残存推定時間 (秒単位)。

SQL 名

time_estimate_secs

データ タイプ

Float

経過時間 (秒)

この列では、タイム トラッキングを有効にする必要があります。

ログに記録された作業量 (秒単位)。消費時間がない場合、フィールドは NULL になります。

SQL 名

time_spent_secs

データ タイプ

Float

作成日時

課題が最後に更新された日時 (UTC タイム ゾーン)。

SQL 名

updated_at

データ タイプ

タイムスタンプ

URL

課題の URL。

SQL 名

url

データ タイプ

文字列

Jira 課題フィールド

jira_issue_field テーブルには、カスタム フィールドを含むJiraフィールドの内容がリストされます。

このテーブルには次の列が含まれています。

フィールド ID

Jira 課題フィールドの一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

field_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue_field テーブルのレコードへのリンク。

フィールド タイプ キー

フィールドのタイプを示します。

SQL 名

field_type_key

データ タイプ

文字列

課題 ID

課題の一意の識別子。

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue テーブルのレコードへのリンク。

プロジェクト ID

プロジェクトの一意の識別子。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project テーブルのレコードへのリンク。

該当する課題に関する Jira フィールドの内容。この文字列で表されるデータのタイプは、フィールドによって異なります。

SQL 名

value

データ タイプ

文字列

Jira 課題フィールド メタデータ

jira_issue_field_metadata テーブルには、各 Jira 課題フィールドに関する追加情報が保持されます。

このテーブルには次の列が含まれています。

フィールド参照

Jira サイト内のフィールドの識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードをフィールド識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

field_ref

データ タイプ

文字列

課題フィールド ID

メタデータに関連付けられている課題フィールドの一意の識別子。

SQL 名

issue_field_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue_field テーブルのレコードへのリンク。

鍵 (キー)

課題フィールドのキー。キーには、プラグインで定義されている ID とは異なる値を保持できます。

SQL 名

key

データ タイプ

文字列

名前

課題フィールドの名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

タイプ

課題フィールドに保存されているデータの種類。

SQL 名

type

データ タイプ

文字列

Jira 課題フィールド オプション

jira_issue_field_option テーブルには、各種の Jira 課題フィールド (選択リスト、複数選択リスト、カスケード選択リスト、ラジオ ボタン、複数チェックボックス) の選択可能な値のセットが格納されます。

このテーブルには次の列が含まれています。

フィールド ID

課題フィールドの一意の識別子。

SQL 名

field_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue_field テーブルのレコードへのリンク。

課題フィールド オプション ID

課題フィールド オプションの一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

issue_field_option_id

データ タイプ

文字列

課題フィールド オプション参照

Jira サイト内の課題フィールド オプションの識別子。

SQL 名

issue_field_option_ref

データ タイプ

文字列

課題フィールド オプションに含まれる値。

SQL 名

value

データ タイプ

文字列

Jira 課題の修正バージョン マッピング

jira_issue_fix_version_mapping テーブルには、課題と、その修正バージョンであるプロジェクト バージョンとの間の関連付けが保持されます。

このテーブルには次の列が含まれています。

課題 ID

課題の一意の識別子。

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue テーブルのレコードへのリンク。

プロジェクト ID

プロジェクトの一意の識別子。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project テーブルのレコードへのリンク。

バージョン ID

課題の修正バージョンであるプロジェクト バージョンの一意の識別子。

SQL 名

version_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project_version テーブルのレコードへのリンク。

Jira 課題履歴変更項目

jira_issue_history_change_item テーブルには、各Jira課題の変更の詳細が表示されます。フィールドには、フィールドが更新された日時、以前の値と新しい値、変更を行ったユーザーなどの情報が表示されます。複数の更新が同時に行われた場合、これらの更新は同じ変更ログ ID を共有します。

このテーブルには次の列が含まれています。

作成者 ID

作成者の一意の識別子。

SQL 名

author_id

データ タイプ

文字列

変更ログ ID

変更ログの一意の識別子。変更項目が同時に更新された場合は、同じ変更ログ ID を共有します。

SQL 名

changelog_id

データ タイプ

文字列

作成時刻

変更が作成された日時 (UTC タイム ゾーン)。

SQL 名

created_at

データ タイプ

タイムスタンプ

フィールド

変更されたフィールドの名前。

SQL 名

field

データ タイプ

文字列

フィールド ID

変更されたフィールドの一意の識別子。

SQL 名

field_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue_field テーブルのレコードへのリンク。

フィールド タイプ

更新されたフィールドのタイプ。

履歴レコードが作成されてからフィールドが削除された場合は、NULL になることがあります。

SQL 名

field_type

データ タイプ

文字列

課題履歴 ID

履歴変更項目に関連付けられている課題履歴の一意の識別子。

SQL 名

issue_history_id

データ タイプ

文字列

課題 ID

更新された課題の一意の識別子。

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_issue テーブルのレコードへのリンク。

新しい文字列

変更後のフィールドの値を表す文字列。

SQL 名

new_string

データ タイプ

文字列

newValue

変更後のフィールドの値。

SQL 名

new_value

データ タイプ

文字列

古い文字列

変更前のフィールドの値を表す文字列。

SQL 名

old_string

データ タイプ

文字列

古い値

変更前のフィールドの値。

SQL 名

old_value

データ タイプ

文字列

Jira 課題の優先度

jira_issue_priority テーブルには、各課題優先度に関する情報が保持されます。

このテーブルには次の列が含まれています。

名前

課題優先度の名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

priorityId

課題優先度の一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

priority_id

データ タイプ

文字列

優先度参照

Jira サイト内の課題優先度の識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードを優先度識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

priority_ref

データ タイプ

文字列

順序の並び替え

課題優先度のランク。

SQL 名

sort_order

データ タイプ

BigInt

Jira 課題の解決

jira_issue_resolution テーブルには、各課題解決状況に関する情報が保持されます。

このテーブルには次の列が含まれています。

課題解決状況 ID

課題解決状況の一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

issue_resolution_id

データ タイプ

文字列

名前

課題解決状況の名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

解決状況参照

Jira サイト内の課題解決状況の識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードを解決識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

resolution_ref

データ タイプ

文字列

順序の並び替え

課題解決状況の順序をランク付けします。

SQL 名

sort_order

データ タイプ

BigInt

Jira 課題のステータス

jira_issue_status テーブルには、各課題ステータスに関する情報が保持されます。

このテーブルには次の列が含まれています。

カテゴリ名

課題ステータスが属するカテゴリの名前。

SQL 名

category_name

データ タイプ

文字列

課題ステータス ID

課題ステータスの一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

issue_status_id

データ タイプ

文字列

名前

課題ステータスの名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

ステータス ランク

課題ステータスの順序付けに使用されるステータスのランク。

SQL 名

status_rank

データ タイプ

BigInt

ステータス参照

Jira サイト内の課題ステータスの識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードをステータス識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

status_ref

データ タイプ

文字列

Jira 課題タイプ

jira_issue_type テーブルには、各課題タイプに関する情報が保持されます。

このテーブルには次の列が含まれています。

課題タイプ ID

課題タイプの一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

issue_type_id

データ タイプ

文字列

課題タイプ参照

Jira サイト内の課題タイプの識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードを課題タイプ識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

issue_type_ref

データ タイプ

文字列

名前

課題タイプの名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

プロジェクト ID

課題タイプが属するプロジェクトの一意の識別子。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project テーブルのレコードへのリンク。


プロジェクト データのテーブル

Jira プロジェクト

jira_project テーブルには、すべての Jira プロジェクトがリストされます。

このテーブルには次の列が含まれています。

CategoryID

プロジェクト カテゴリの一意の識別子。

SQL 名

category_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project_category テーブルのレコードへのリンク。

既定の担当者タイプ

プロジェクトの既定の担当者設定。

SQL 名

default_assignee_type

データ タイプ

文字列

説明

プロジェクトの説明。

SQL 名

description

データ タイプ

文字列

鍵 (キー)

プロジェクトの一意のキー。

SQL 名

key

データ タイプ

文字列

リード アカウント ID

プロジェクト リードとして定義された人物の一意の識別子。

SQL 名

lead_account_id

データ タイプ

文字列

外部キー

組織データのデータ共有スキーマatlassian_account テーブル内のレコードへのリンク。

名前

プロジェクトの名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

プロジェクト ID

プロジェクトの一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

プロジェクト参照

Jira サイト内のプロジェクトの識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードをプロジェクト識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

project_ref

データ タイプ

BigInt

タイプ

Jira プロジェクトのタイプ (つまり、 Jira、Jira Service Management など)。

SQL 名

type

データ タイプ

文字列

Jira プロジェクト カテゴリ

jira_project_category テーブルには、プロジェクト カテゴリがリストされます。

このテーブルには次の列が含まれています。

CategoryID

プロジェクト カテゴリの一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

category_id

データ タイプ

文字列

カテゴリ参照

Jira サイト内のプロジェクト カテゴリの識別子。

これは、Jira の REST API と URL で該当するレコードをカテゴリ識別子に関連付けるために使用できますが、複数のワークスペースでの一意性を保証するものではありません。

SQL 名

category_ref

データ タイプ

文字列

名前

プロジェクト カテゴリの名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

Jira プロジェクト コンポーネント

jira_project_component テーブルには、プロジェクト コンポーネントがリストされます。

このテーブルには次の列が含まれています。

担当者タイプ

このコンポーネントで作成された課題に割り当てられる担当者のタイプ。プロジェクト コンポーネントの担当者タイプは、プロジェクト リード、未割り当て、コンポーネント リード、またはプロジェクトの既定のいずれかです。

SQL 名

assignee_type

データ タイプ

文字列

サンプル値

  • COMPONENT_LEAD

  • project_lead

  • PROJECT_DEFAULT

  • 未割り当て

コンポーネント ID

プロジェクト コンポーネントの一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

component_id

データ タイプ

文字列

コンポーネント リード ID

コンポーネントに関連する課題の責任者の一意の識別子。

SQL 名

component_lead_id

データ タイプ

文字列

コンポーネント参照

Jira サイト内のコンポーネントの識別子

SQL 名

component_ref

データ タイプ

BigInt

名前

プロジェクト コンポーネントの名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

プロジェクト ID

コンポーネントを含むプロジェクトの一意の識別子。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project テーブルのレコードへのリンク。

Jira プロジェクト バージョン

jira_project_version テーブルには、プロジェクト バージョンがリストされます。

このテーブルには次の列が含まれています。

説明

プロジェクト バージョンの説明。

SQL 名

description

データ タイプ

文字列

名前

プロジェクト バージョンの名前。

SQL 名

name

データ タイプ

文字列

プロジェクト ID

プロジェクト バージョンに関連付けられているプロジェクトの一意の識別子。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

外部キー

jira_project テーブルのレコードへのリンク。

プロジェクト バージョン ID

プロジェクト バージョンの一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

project_version_id

データ タイプ

文字列

リリース日

プロジェクト バージョンのリリース日。

SQL 名

released_at

データ タイプ

日付

順序の並び替え

プロジェクト バージョンの順序をランク付けします。

SQL 名

sort_order

データ タイプ

BigInt

開始日時

プロジェクト バージョンの開始日。

SQL 名

started_at

データ タイプ

日付

ステータス

プロジェクト バージョンのステータス。

SQL 名

status

データ タイプ

文字列

バージョン参照

Jira サイト内のプロジェクト バージョンの識別子。

SQL 名

name

データ タイプ

BigInt


Jira Service Management 固有のテーブル

JSM インシデント担当者

jsm_incident_responder テーブルには、Jira Service Management で定義されているインシデントへの応答者が一覧表示されます。

このテーブルには次の列が含まれています。

課題 ID

インシデントを表す Jira 課題の一意の識別子。

SQL 名

issue_id

データ タイプ

文字列

プロジェクト ID

インシデントを含むプロジェクトの一意の識別子。

SQL 名

project_id

データ タイプ

文字列

対応者 ID

対応者の一意の識別子。これをこのテーブルの主キーとして使用します。

SQL 名

responder_id

データ タイプ

文字列

対応者タイプ

インシデント担当者のタイプ。

SQL 名

responder_type

データ タイプ

文字列

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。