Jira のサイト インポート機能を使用してサーバー製品からクラウド製品に移行する

サイト インポートは、サーバーからクラウドへの移行では利用できなくなります

2022 年 2 月 1 日から、移行を検討しているユーザー数に応じて、サイト インポートを使用したサーバーからクラウドへの移行を終了いたします。

移行を検討している場合:

  • 1 - 10 ユーザー - サイト インポートは 2022年01月31日 まで利用可能

  • 11 - 100 ユーザー - サイト インポートは 2022年02月28日 まで利用可能

  • 101 - 250 ユーザー - サイト インポートは 2022年03月31日 まで利用可能

  • 251 - 1,000 ユーザー - サイト インポートは 2022年04月30日 まで利用可能

  • 1,000 ユーザーを超える場合 - サイト インポートは終了の通知があるまで引き続きご利用いただけます。

Jira Server または Data Center ライセンスのあるユーザー数を表示するには、「Jira アプリケーションのライセンス」ページの「ライセンス認可済みのユーザー数を表示する」セクションをご覧ください。

すべての移行ニーズには、Jira Cloud Migration Assistant を使用することをお勧めします。Migration Assistant には、アプリや Jira Service Management の移行など、いくつかの利点があります。間もなく、Advanced Roadmaps の移行がサポートされる予定です。

このお知らせの詳細については、コミュニティ投稿をご覧ください。この変更に関する技術的または互換性に関する懸念については、お問い合わせください

テスト移行または UAT の場合、テスト クラウド サイトは、製品サイトもホストしている組織に含まれないものを使用することをお勧めします。製品サイトは、別の組織でホストするようにしてください。これは、関連するユーザーとグループのスムーズな移行を確保するためです。

このガイドでは、Jira のネイティブなサイト バックアップおよび復元機能 (サイト インポート) を使用して Jira Server から Jira Cloud に移行する方法について説明します。

Jira Software、Jira Service Management (旧 Jira Service Desk)、Jira Work Management (旧 Jira Core) のみを移行する予定の場合は、個別のプロジェクトまたはサイト全体をサーバーからクラウドに移行できる Jira Cloud Migration Assistant を使用することをお勧めします。

Jira のサイト インポートを使用する前に、お客様に最適な移行方法をご確認ください

移行計画

このページの手順を完了する前に、移行計画ガイドを参照することをお勧めします。その後、戻ってきて、ステップ 1 から始めてください。計画ガイドをすでに読んだ場合は、このまま進んでください。 

ステップ 1: 移行前のチェックリストを完了する

テストまたは本番環境の移行を試行する前に、移行前のチェックリストで Jira のサイト インポート用のすべてのステップを完了していることをご確認ください。このチェックリストは、移行に向けて環境やデータを準備し、移行の失敗となる一般的な原因を回避するのにも役立ちます。

ステップ 2: ユーザーの移行方法の決定

ユーザーとグループをインポートする最適な方法は、移行対象の製品、サーバー製品でのユーザーとグループの管理方法、SCIM (ユーザー プロビジョニング) 用に Atlassian Access を使用したいかどうかに応じて異なります。利用可能な Jira ユーザーの移行方法を確認して、適切な方法を選択してください。 

ステップ 3: Jira Server データベースのバックアップ

このステップでは、Jira Server データベースを XML 形式でバックアップします。同じサイトに複数の Jira アプリケーション (Jira Software、Jira Core、Jira Service Management (旧 Jira Service Desk) など) がある場合、このバックアップはすべてのプロジェクト タイプ (ソフトウェア、ビジネス、サービス) を含みます。 

  1. Jira システム管理者権限を持つユーザーとしてログインします。

  2. > [システム] の順に選択します。

  3. [インポートとエクスポート] > [システムをバックアップ] を選択して Jira のバックアップ ページを開きます。 

  4. [ファイル名] フィールドに、バックアップ ファイルの名前を入力します。

  5. [バックアップ] ボタンをクリックし、Jira データのバックアップが完了するのを待ちます。Jira はバックアップを Jira アプリケーションのホーム ディレクトリ (jira-home) の export サブディレクトリに、zip 化された XML アーカイブ ファイルとして保存します。この場所に書き込むために必要なファイル システム権限が Jira に与えられていることを確認します。

  6. バックアップが完了したら、確認メッセージが表示されます。これで、サーバーからファイルを取得できます。

ステップ 4: Jira Server の添付ファイル、プロジェクト アバター、およびロゴのバックアップ

添付ファイル、プロジェクト アバター、またはロゴを移行したい場合、それらも同様にバックアップする必要があります。これらは、Jira アプリケーションのホーム ディレクトリのサブディレクトリである、Jira アプリケーションの data ディレクトリに保管されています。 

このステップを完了するには、 /data/attachments、/data/avatars、および /logos/ ディレクトリの zip アーカイブを作成する必要があります。次の構造を使用していることを確認します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 attachments-1.zip └─── data ├── attachments │ ├── ProjectKey1 │ │ └── 10000 │ │ ├── IssueKey-1 │ │ ├── IssueKey-2 │ │ └── IssueKey-3 │ ├── ProjectKey2 │ └── ProjectKey3 └── avatars └── logos

data ディレクトリをバックアップするための特別な手順は提供していませんが、「データをバックアップする」でいくつかの考慮事項の概要を確認できます。

*nix サーバーでは次のようなコマンドを実行できます。

1 2 cd <Jira Home Dir> zip -r data.zip logos/ data/avatars/ data/attachments/

zip ファイルを作成したら、それをサーバーからローカルのワークステーションに転送する必要があります。これを行うための一般的な方法には、SFTP、rsync、wget、curl の使用が含まれます。

ステップ 5: Jira Cloud サイトをバックアップする

サーバーのバックアップを Jira Cloud サイトにインポートすると、クラウド サイト内のすべてのデータが上書きされます。このデータは復元できません。そのため、サーバーのバックアップを Jira Cloud サイトにインポートする前に、Jira Cloud サイトをバックアップする必要があります。バックアップ ファイルのコピーをダウンロードして保管してください。クラウド サイトをバックアップするには、次の手順に従います。 

  1. Jira Cloud サイトに site-admin 権限でログインします。

  2. [Jira 設定] > [システム] の順にクリックします。

  3. [インポートとエクスポート] セクションで、[バックアップ マネージャ] をクリックします。 

  4. [クラウドのバックアップ] セクションで、[クラウドのバックアップを作成する] をクリックします。チェックボックスを選択して、バックアップに添付ファイル、アバター、ロゴを含めるようにしてください。

ステップ 5: サーバーのデータベース バックアップを Jira Cloud へインポートする

  1. 新しい Jira Cloud サイトに site-admin 権限を持つユーザーとしてログインします (まだ行っていない場合)。

  2. [Jira 設定] > [システム] の順にクリックします。

  3. [インポートとエクスポート] セクションで [システムの復元] をクリックします。

  4. [データのインポート] を選択し、「ステップ 2: Jira Server データベースのバックアップ」でダウンロードしたファイルを選択します。 

  5. Jira によってファイルの確認が行われ、データのインポート方法の設定を選択するプロンプトが表示されます。

    1. まず、出力メール設定を選択します。選択したオプションにかかわらず、管理者は移行後に出力メール設定を手動で変更できます。

      1. 出力メールを [Enable] することを選択した場合、課題への新しいコメントや課題のトランジションなどのインタラクション時に Jira によって自動メールが送信されます。

      2. 出力メールを [Disable] することを選択した場合、Jira はインタラクションに対する自動メールを送信しません。

    2. 次に、サーバー サイトのユーザーでクラウド サイトのユーザーを上書きするか、それらと統合するかを選択します。

      1. [overwrite] を選択すると、Confluence と Jira のすべてのユーザーが、バックアップ ファイルのユーザーで上書きされます。注意: このオプションが表示されない場合は、改善されたユーザー管理エクスペリエンスが利用できます。[Overwrite existing cloud users (既存のクラウド ユーザーを上書き)] オプションにアクセスする必要がある、または懸念がある場合は、サポートまでお問い合わせください。 

      2. ユーザーの [merge] を選択すると、グループも統合されます。クラウド サイト (Jira または Confluence) のグループと同じ名前を持つグループがサーバー インスタンス内に見つかった場合、ユーザーはサーバーのグループからクラウドのグループに統合されます。サーバー グループにはクラウド グループの権限が適用されます。このオプションを選択する場合、権限昇格の可能性をよくご検討ください。

      3. Jira Cloud Migration Assistant を使用してユーザーを移行しており、他のすべてのプロジェクト データもインポートする場合は、[I've migrated user data using the Jira Cloud Migration Assistant (Jira Cloud Migration Assistant を使用してユーザーデータを移行しました)] を選択します。

  6. [インポートの実行] をクリックします。インポートの進捗を追跡できるページに転送されます。バックアップのサイズによっては、インポートの完了に時間がかかる場合があります。

  7. インポートが完了すると、確認画面に転送されます。

  8. テスト中にクラウドで受信メール ハンドラーを無効にする

    デフォルトでは、受信メール ハンドラーはインポート後に有効になります。これによって、クラウドのメール ハンドラーがサーバーのメール ハンドラーの代わりにメールを処理する可能性があります。メールが誤って処理されないように、テスト中はこれらの機能を無効にすることを強くお勧めします。

    以下を実行できます。

    1. [Jira 設定] > [システム] の順にクリックします。

    2. [グローバル メール設定] を選択して、[メールのプル機能] と [メールのプロセス機能] をオフにします。

    3. [受信メール] を選択して、すべてのメール サーバーとハンドラーを削除します。

    4. Jira Service Management を使用している場合は、[設定] > [製品] > [メール リクエスト] の順に移動して、[メール アドレス] セクションが空であることを確認します。

  9. メディア (添付ファイル、ロゴ、プロジェクト アバター) を引き続きインポートする必要がある場合は、ここで [メディアのインポート] を選択します。アプリケーション アクセスを管理する前に [インポートとエクスポート] ページに戻る必要があります。このステップは完了済み、またはメディアのインポートを計画していない場合は、[アプリケーション アクセスを付与] をクリックしてステップ 6 にスキップできます。

このステップのトラブルシューティング

インポートする前に、バックアップ ファイルを解凍し、ファイル構造が以下のようになっていることを確認します。

1 2 3 JIRA-backup-20161021 ├── activeobjects.xml ├── entities.xml

次のエラーが発生した場合:

Import error

There was an error importing file JIRA-backup-20161021.zip: Validation failed.The following issues were reported:

The import archive doesn't contain entities.xml file.

XML ファイルを直接 zip 化するのではなく .xml ファイルを含むフォルダを zip 化している可能性があります。

Jira Cloud へのインポートの前に、バックアップから無効な文字を削除する必要がある場合があります。このドキュメントを確認し、移行計画に含めることをおすすめします。

インポート中、次のパーセント値 / ステップで時間がかかる場合があります。 

  1. 50% - データベースのアップグレード中

  2. 90% - ユーザーおよびグループのインポート中

これは通常の挙動です。完了までお待ちください。

クラウドへの移行を完了するにあたり、ユーザー名やメール アドレスの監査を行う必要がある場合があります。主に次の点を確認します。

  1. すべてのメール アドレスは、トップレベル ドメインで終了している必要があります。たとえば、john_doe@company.com を含まないため無効であり、インポートをブロックします。

  2. すべてのメール アドレスは有効なドメインを使用している必要があります。たとえば、example.com は有効なドメインと認識されないため、john_doe@example.com は許可されません。 

  3. すべてのユーザーが一意のメール アドレスを持っている必要があります。

  4. addon_ から始まるユーザー名は、名前を変更または削除する必要があります。このプレフィックスは Atlassian Marketplace アプリ用に確保されています。この問題は、過去に Atlassian のクラウド製品からの移行を行っている場合に発生することがあります。

無効または重複するメールが見つかった場合は、これらのメールを含む CSV ファイルをダウンロードするオプションが提供されます。次のいずれかを実行する必要があります。

[NewEmail] 列に正しいメール アドレスを入力します。

または

ユーザーを移行しない場合は、tombstone 列で FALSE を TRUE に変更する必要があります。

次に、[CSV のアップロード] オプションを使用して修正したファイルをアップロードし、インポートを再び実行する必要があります。

このステップでは、Atlassian のサーバー製品のサイトの URL の一覧が表示される場合があります。移行後にリンクに古いサーバー サイトではなく新しい Jira Cloud サイトを関連させるには、次の手順を実行します。

  1. 一覧から、クラウドにインポートしている Jira サーバー インスタンスの URL を選択します。

  2. [インポートを実行] をクリックして移行を続行します。

サイトのインポートでは、外部ディレクトリで管理されるユーザーの移行はサポートされていません。データを移行するには、Jira Cloud Migration Assistant を使用することをお勧めします。Jira Cloud Migration Assistant を使用してすべてのデータを移行できない場合は、ユーザーのみを移行することを検討してください。たとえば、最初に移行アシスタントを使用してすべての Jira ユーザーを移行してから、Jira サイト インポートを使用してプロジェクトをインポートできます。

ステップ 7: Jira Server メディアを Jira Cloud へインポートする

  1. 新しい Jira Cloud サイトに site-admin 権限を持つユーザーとしてログインします (まだ行っていない場合)。

  2. [Jira 設定] > [システム] の順にクリックします。

  3. [インポートとエクスポート] セクションで [システムの復元] をクリックします。

  4. [メディアのインポート] を選択し、「ステップ 3: Jira Server の添付ファイル、プロジェクト アバター、およびロゴのバックアップ」で作成およびダウンロードしたメディア zip を見つけて選択します。

  5. インポートの進捗を追跡できるページに転送されます。バックアップのサイズによっては、インポートの完了に時間がかかる場合があります。

  6. インポートが完了すると、確認画面に転送されます。

  7. メディアをさらにインポートする必要がある場合、すべてのメディア ファイルのインポートが完了するまでこのステップを繰り返します。次のメディアをエクスポートする前に、前回のメディア インポートが正常に完了したことを新しいタブでテストすることをおすすめします。

このステップのトラブルシューティング

大規模なファイルのインポートに失敗したり、完了に時間がかかったりする場合があります。

ファイルが 10 GB よりも大きい場合、バックアップを 2 ~ 5 GB に分割してそれぞれを個別にインポートする必要がある場合があります。ファイル構造は次のようにします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 attachments-1.zip └─── data ├── attachments │ ├── ProjectKey1 │ │ └── 10000 │ │ ├── IssueKey-1 │ │ ├── IssueKey-2 │ │ └── IssueKey-3 │ ├── ProjectKey2 │ └── ProjectKey3 └── avatars └── logos attachments-2.zip └─── data └── attachments ├── ProjectKey4 ├── ProjectKey5 └── ProjectKey6 attachments-3.zip └─── data └── attachments └── ProjectKey#

詳細な手順については、「Jira エクスポートの一部のみを Jira Cloud にインポートする方法」をご参照ください。

添付ファイルのインポート ステップには、アップロード、処理、および実際のインポートを含む独自のフェーズがあります。大規模な添付ファイルの処理フェーズで中断が発生する場合があります。これが起こった場合、ページが突然リロードされ、以降は進捗やメッセージが表示されなくなります。

問題が発生しなかった場合、処理ステップのあとに次のようなメッセージが表示されます。

Attention

This will import non-database content (such as attachments and avatars) into your Jira instance. You should only do this after a full database import because the full import will remove any existing data that you import using this page.

This operation could take anywhere from several minutes to several hours depending on the size and number of attachments.

Note that this operation cannot be undone.

これが表示された場合、処理は完了しています。[Proceed] ボタンをクリックし、添付ファイルのインポートを完了します。

処理中にインポートに失敗した場合、添付ファイルを小規模な zip ファイルに分割してそれぞれを個別にインポートします。

ステップ 8: サーバーからインポートされたグループを確認してアクセス権を付与する

クラウド サイトにすべてのデータをインポートしたら、サーバーからインポートされたグループを確認し、アクセス権を付与する対象を決定する必要があります。 

セキュリティ上の理由により、インポート プロセスで既定のアプリケーション アクセス設定の適用や新規ユーザーへのアクセス権の付与が自動的に行われることはありません。ユーザーがログインできるようにするためには、管理者がアプリケーション アクセスを付与する必要があります。

  1. 新しい Jira Cloud サイトにログインして、[Jira 設定] > [ユーザー管理] の順にクリックします。

  2. [サイト設定] セクションで [製品アクセス] を選択します。

  3. [Review imported groups] を選択し、既定グループのアクセスを確認します。

インポートにより、既定の Jira Server グループ Jira-administrators は Jira Cloud で administrators に変更される点にご注意ください。

ステップ 9: サーバーからインポートされたグループに自身を再度追加する

セキュリティ上の理由により、移行を実行しているユーザーのグループ設定はインポートされません。つまり、移行を実行したユーザーは自分自身を以前のグループに再度追加する必要があります。これは、https://admin.atlassian.com の [グループ] セクションまたは [ユーザー] セクションで行えます。

ユーザー セクションで行う場合

  1. https://admin.atlassian.com に移動します。

  2. 複数のクラウド サイトをお持ちの場合、移行を行ったクラウド サイトを選択する必要があります。

  3. [ユーザー管理] セクションで、[ユーザー] を選択します。

  4. 自身のプロファイルを見つけます。

  5. ... アイコンをクリックします。

  6. [ユーザーをグループに追加] を選択します。

  7. 自身を追加する必要があるグループを選択します。

  8. [グループに追加] をクリックします。

グループ セクションで行う場合

  1. https://admin.atlassian.com に移動します。

  2. 複数のクラウド サイトをお持ちの場合、移行を行ったクラウド サイトを選択する必要があります。

  3. [ユーザー管理] セクションで、[グループ] を選択します。

  4. 自身を追加する必要があるグループを選択します。

  5. [メンバーを追加] を選択し、自身をグループに追加します。 

  6. 残りのグループについて、必要に応じて手順を繰り返します。

ステップ 10: 移行後のチェックを完了する

移行のタイプによっては、移行の完了後に実行が必要な操作があります。移行後の推奨事項の完全な一覧については、「移行計画ガイド」を参照してください。

このステップのトラブルシューティング

クラウド サイトの管理者に影響する既知の不具合があります。データをクラウドにインポート後、サーバーで自身のアカウントに紐付けられていたコンテンツが "Admin" に紐付けられる場合があります。この問題が発生した場合、問題の解決の支援をアトラシアンのサポート チームにお問い合わせください。

その他のトラブルシューティング

移行中に問題が発生した場合、アトラシアンのさまざまなリソースを活用できます。最初に、アトラシアンの公開課題トラッカーで既知の問題を検索することをおすすめします。Jira の移行で発生する一般的な問題についての情報 (ステータスや推奨される回避策など) を見つけることができます。

次のような既知の問題があります。

詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。

その他のヘルプ