Confluence 自動化のアクション

自動化は、Confluence PremiumEnterprise で利用できる管理機能です。

ルールは必ずアクション コンポーネントで終わります。アクションはルールに実行させたいこと、つまりルールが正常に実行された後に行われる処理です。

Confluence 自動化ルールが正常に実行される、つまり意図したとおりに 1 つ以上のアクションが実行されると、実行回数にカウントされます。1 か月あたりのルールの実行が特定の回数に制限されているプランでは、使用状況を監視することが重要です

Confluence Enterprise では、実行回数に制限はありません。

Confluence Premium は、ユーザー 1 名あたり毎月 1,000 回のルール実行に相当する合計回数に制限されています。

[Confluence の自動化とは何ですか?] の [使用状況] セクションを読んで詳細をご確認ください。

各アクションには、各エントリの下に記載されている特定のスマート値を使用できます。

スマート値は動的な変数であり、これを使用することで、ルールをよりフレキシブルに設定できます。それぞれのスマート値は、二重中括弧内のドット表記と呼ばれる特定の構文で構成されています。これは階層として記述されます。最上位のオブジェクトから始まり、そのオブジェクトのプロパティである {{object.property.subProperty}} が続きます。マルチワード プロパティでは、先頭は小文字で始まり区切りを大文字にするキャメルケースが使用されることにご注意ください。

Confluence アクション

これらのアクションは Confluence 自動化に固有のもので、個々のスペース (スペースの自動化) または一度に複数のスペース (グローバル自動化) のコンテンツを整理および管理するために使用できます。

ページとブログ

ページをアーカイブする

このアクションは、コンテンツ ツリーからスタンドアロン ページを削除し、アーカイブに保存するものです。

例外: スペースの概要ページ (スペースに移動したときに表示されるページ) は、コンテンツ ツリーのルート ページであるため、常にこのアクションから除外されます。

 

ページの所有者を変更する

このアクションは、指定したユーザーにページの所有権を譲渡します。

このルールが実行されると、ルールを作成した管理者に代わって、ルールが所有権を譲渡することになります。

 

ページのステータスを変更

このアクションは、ページのコンテンツ ステータスを指定されたステータス (たとえば、「レビュー待ち」)に変更します。

コンテンツ ステータスはスペースごとに固有です。つまり、グローバル自動化を使用している場合、(ルール詳細にある) ルールのスコープを特定のスペースに設定して保存するまで、アクションはステータスを選択できません。スコープが保存されると、提案ステータスとカスタム ステータスの両方がオプションとして表示されます。

スマート値

  • {{priorContentStatus}}

このアクションを使用するには、コンテンツ ステータスを有効にする必要があります。スペース管理者は、[スペース設定] > [スペースを管理] でステータスの設定を制御できます。

 

ページをコピーする

このアクションは、指定した場所に既存のページのコピーを公開します。ほとんどの場合は、ルールのトリガーによって、コピー元のページが定義されます (したがって、たとえばトリガーが「ページが編集されたとき」であれば、コピー元のページは編集されたページです)。

コピーを公開するスペースと、必要に応じて、その下にネストを作る親ページを選択 (または入力) します。既定のページ タイトルを更新するオプションもあります。

ページをコピーすると、チェックボックスをオフにしない限りそのラベルと表示/編集制限もコピーされます。ただし、コメント (ページとインラインの両方) と添付ファイルはコピーできません。

スマート値

  • {{page}}

  • {{content}}

コピーする各ページのタイトルは一意である必要があります。初期設定で日付変数のスマート値が追加されるため、ページ タイトルには必ず公開された月/日/年が入ります。

タイトルを一意にするスマート値を削除すると、このアクションでコピーが公開されるたびにタイトルに連番が追加されます。

ページの削除

このアクションによってページが削除され、ゴミ箱に移されます。

ここで言う「ページ」は「ブログ」とは異なるコンテンツ タイプです。

スマート値

  • {{content}}

  • {{page}}

この操作によって、ページの現在アクティブな公開リンクが無効になるか、ユーザーが新しい公開リンクを作成できなくなります。

ページの移動

このアクションは、ページとそのページにあるネストされたページを、指定した別のスペースに移動します。

ページの移動先のスペースを選択 (または入力) します。選択したスペースのページを、移動するページまたはネストされたグループの親として指定するオプションもあります。

スマート値

  • {{content}}

  • {{page}}

  • {{space}}

新しいページを公開する

このアクションは、指定された場所に新しいページを公開します。

新しいページを公開するスペースと、その下にネストを作る親ページを選択 (または入力) します。既定のページ タイトルを更新して、ページ テンプレートを追加するオプションが用意されています (テンプレートがない場合、公開されるページはタイトルの付いた空白ページになります)。

スマート値

  • {{content}}

  • {{page}}

公開される各ページのタイトルは一意である必要があります。このアクションでページを公開するたびに、タイトルの末尾に連番が追加されます。

または、スマート値によってそれぞれのタイトルを一意にできます。たとえば、日付変数を追加して、ページ タイトルに必ず公開した日時が入るようにできます。

ミーティング議事録 {{now}}

ページの制限

このアクションによって、ページの表示権限と編集権限が変更されます。

適用する権限をドロップダウンから選択します。該当する場合は、特定のユーザーやグループの名前を入力するように求められます。

ブログを削除

このアクションによってブログ投稿が削除され、ゴミ箱に移されます。

コメントを追加

このアクションは、トリガーによって定義されたとおりに、ページまたはブログ投稿の下部にページ コメントを追加します。

コメントをテキスト フィールドに入力します。

スマート値

  • {comment}

  • {{content}}

  • {{space}}

  • {{page}} *

  • {{blogpost}} *

*- これらのスマート値があるかどうかは、コメントがページとブログ投稿のどちらに追加されるかによって異なります。

ラベルを追加する

このアクションは、トリガーによって定義されたとおりに、ページまたはブログ投稿に 1 つ以上のラベルを追加します。

追加するラベルを選択 (または入力) します。

スマート値

  • {{page}} *

  • {{blogpost}} *

  • {{content}}

*- これらのスマート値があるかどうかは、コメントがページとブログ投稿のどちらに追加されるかによって異なります。

ラベルを削除する

このアクションは、トリガーによって定義されたとおりに、1 つ以上のラベルをページまたはブログ投稿から削除します。

削除するラベルを選択 (または入力) します。

スマート値

  • {{page}} *

  • {{blogpost}} *

  • {{content}}

*- これらのスマート値があるかどうかは、コメントがページとブログ投稿のどちらに追加されるかによって異なります。

ウォッチャーの管理

このアクションは、トリガーによって定義されたとおりに、特定のユーザーまたはグループをページまたはブログ投稿のウォッチャーとして追加または削除します。

追加するウォッチャーまたは削除するウォッチャーを選択 (または入力) します。

スマート値

  • {{page}} *

  • {{blogpost}} *

  • {{content}}

*- これらのスマート値があるかどうかは、コメントがページとブログ投稿のどちらに追加されるかによって異なります。

スペース

(グローバル自動化のみ)

スペースの権限を追加する

このアクションは、指定した特定のユーザーやグループに、スペース、ページ、特定のページ コンポーネント、またはブログを作成、アーカイブ、または削除する権限を付与します。

このアクションで権限を付与するユーザーやグループの名前を選択 (または入力) します。既定では、このアクションは、ページを追加 (作成) する権限を付与しますが、各ドロップダウンで別のオプションを選択できます。

スマート値

  • {{space}}

スペースをアーカイブする

このアクションは、スペースを完全に削除せずにスペース ディレクトリから削除し、アーカイブされたスペースのリストに保存します。

スマート値

  • {{space}}

スペースへのアクセス権を割り当てる

スペースに 1 人以上のゲスト ユーザーを割り当てるか、現在割り当てられているスペースから 1 人以上のゲスト ユーザーを削除します。

この操作により、スペース内のどのページの公開リンクにも誰もアクセスできなくなります。

AI(Atlassian Intelligence)

AI-based actions can take information you pass to them to create summaries or action items using Atlassian Intelligence features.

Generate AI Summary

This action generates an AI-based summary from text you pass to it. This summary is stored in the {{generatedAISummary}} smart value for the duration of the rule execution.

スマート値

  • {{generatedAISummary}}

This action is intended to summarize text. If you would like to summarize Confluence pages or blogposts, use the {{page.aiSummary}} or {{blogpost.aiSummary}} smart value.

If your admin disables AI, any rules with this action will fail.

The consistency and accuracy of AI-based decisions may vary.

Generate AI Action Items

This action generates an AI-based list of action items from text you pass to it. These action items are stored in the {{generatedAIActionItems}} smart value for the duration of the rule execution.

スマート値

  • {{generatedAIActionItems}}

This action is intended to generate from text. If you would like to input Confluence pages or blogposts, use the {{page.aiActionItems}} or {{blogpost.aiActionItems}} smart value.

If your admin disables AI, any rules with this action will fail.

The consistency and accuracy of AI-based decisions may vary.

Jira アクション

These actions allow you to connect Confluence automation and Jira Software, so that a rule triggered in Confluence can make something happen in Jira.

Jira アクションはスペースの自動化とグローバル自動化の両方で使用できます。

Jira actions require a connection. Connecting your automation rule to yourJira Software instance is kind of like when you give a social media app permission to access your photos.

ルール ビルダーで Jira アクションを選択すると、それらを接続するよう求められます。

製品内に表示される「Connect Jira to Atlassian Automation (Jira を Atlassian Automation に接続)」というプロンプトの例。

Jira Software の課題

Jira で課題を作成

This action creates a new issue in a Jira Software project.

たとえば、特定の Confluence スペースでページが公開されたら、対応する Jira プロジェクトでそのページをレビューするタスクを作成するというルールを作成できます。

Jira アクションを設定するには、自動化ルールを Jira に接続する必要があります。ルール ビルダーで Jira アクションを選択するたびに、これを実行するよう求められます。

Jira 課題コンポーネントを設定するには、次の手順を実行します。

  1. ルールに課題を追加する Jira プロジェクトを選択します。

  2. 作成する課題のタイプ (エピック、バグ、タスクなど) を選択します。

  3. テキスト フィールドに課題の要約を入力し、課題に名前を付けます。

    1. (ルールが適用されると、名前が重複しないように要約 ID 番号が自動的に追加されます)。

  4. (オプション) テキスト フィールドに既定の説明を入力します。

  5. (オプション) 既定として設定するその他のフィールドを選択 (または削除) します。

選択した課題の種類に応じて、異なる既定フィールドが表示される場合や、必須になる場合があります。

現在、一部のフィールドはサポートされていません。高度なフィールド編集を行うための追加フィールドを表示するには、[その他のオプション] を選択します。

Jira で課題を表示すると、ルールを作成した人が報告者として表示されます。

Jira 課題をトランジションする

このアクションは Jira 課題のステータスを変更します。

ターゲット ステータスのドロップダウンを使用してステータスを選択するか、このトランジションでコピーするソース課題を選択できます。例を以下に示します。

  • 課題からコピー: 関連する課題やブランチ ルールの課題からステータスをコピーします。

  • 親からコピー: サブタスクと併用するために、親課題からステータスをコピーします。

  • エピックからコピー: 課題に関連するエピックからステータスをコピーします。

  • 同一ステータス (ループ): トランジションした課題が現在のステータスに戻ってくる際に使用します。画面と一緒に使用すると、ユーザーから詳細データを収集できます。たとえば、エスカレーションへのトランジションなどです。

[その他のオプション] を選択して、追加フィールドを表示して高度なフィールド編集を行うこともできます。

Jira で課題を編集

このアクションは、Jira 課題のフィールドにコンテンツを追加します。これを使用して、"説明" フィールドへのメモの追加や担当者の変更ができます。ドロップダウン メニューを使用して編集するフィールドを選択します。編集アクションは、既定でメール通知を送信するように設定されています。

[その他のオプション] を選択して、追加フィールドを表示して高度なフィールド編集を行うこともできます。

Jira Service Management のインシデント

Jira Service Management でインシデントを作成する

このアクションにより、Jira Service Management でインシデント チケットが作成されます。 リクエスト タイプとサービス プロジェクトを選択する必要があります。

このアクションを手動トリガーで設定すると、ユーザーは Confluence コンテンツの表示中にインシデント チケットを作成できます。

スマート値を使用して、ページの情報をインシデント チケットに直接含められます。

一般アクション

Automation for Jira をご利用の場合は、同じ一般アクションがいくつかあることにお気付きになるでしょう。設定方法は同様ですが、現在、異なる製品間では機能しません。本件はロードマップには記載されています。

通知

メールを送信

このアクションは、自動メール メッセージを指定された受信者に送信します。

メール コンポーネントを設定するには、次の手順に従います。

  1. [宛先:] フィールドに 1 人以上の受信者を入力します。

  2. [Cc] または [Bcc] を選択して、必要に応じてフィールドと受信者を追加します。

  3. テキスト フィールドに [件名] 行とメッセージの内容を入力します。

  4. 送信者情報を編集するには、[その他のオプション] を選択します。

[返信先:] フィールドは 1 つのメール アドレスに制限されています。複数のアドレスを追加した場合、返信はリストの最初のアドレスにのみに送信されます。

このアクションで送信できるメールの数には上限があります。

Automation サービスの制限に関する詳細についてご確認ください。

Microsoft Teams のメッセージを送信する

このアクションは Microsoft Teams メッセージをチャンネルに送信します。

Microsoft Teams コンポーネントを設定するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Teams 用の着信 Webhook を作成します。

  2. URL を適切なフィールドに貼り付けます。

  3. 自動メッセージのタイトルと内容をテキスト フィールドに入力します。

  4. (オプション) メッセージに画像を追加するには、[その他のオプション] を選択します。

Microsoft Teams で自動化を使用する方法の詳細をご確認ください。

Slack のメッセージを送信する

このアクションは Slack メッセージをチャンネルまたは個人に送信します。

Slack コンポーネントを設定するには、次の手順に従います。

  1. Slack 用の着信 Webhook を作成します。

  2. URL を適切なフィールドに貼り付けます。

  3. 自動メッセージをテキスト フィールドに入力します。

  4. (オプション) 自分からのメッセージを受信しない場合は [送信者] をオフにします。

  5. (オプション) 新しいチャンネルまたはユーザーを入力して、Webhook の初期設定を上書きします。

Slack で自動化を使用する方法の詳細をご確認ください。

Twilio (SMS) メッセージを送信する

このアクションは、Twilio サービスによって SMS メッセージを送信します。

このアクションは、オンコール シナリオで SMS を利用するサービス チームで役立ちます。

Twilio メッセージング料金が適用されます。詳細は Twilio の SMS 料金表ページをご参照ください。

適切なフィールドに、有効な Twilio 電話番号を含む Twilio アカウント情報を入力します。[宛先:] フィールドに 1 人以上の受信者を追加します。自動メッセージをテキスト フィールドに入力します。

Web リクエストを送信

このアクションは、ルール実行時に発信 Web リクエストを送信して別のシステムに通知します。後続のアクションで使用できる応答データが返るように、このアクションを設定できます。

Web リクエスト本文は [空] のままにするか、カスタム データ形式を入力できます。

Advanced

変数の作成

独自のスマート バリューを定義します。この値は、同一ルールの他のアクションや条件で使用できます。定義したスマート バリューには、他のスマート バリューや数学関数を含めることができます。

ログ アクション

このアクションは、値を監査ログに記録します。

ログ アクションはルールのデバッグ時に役立ちます。

 

その他のヘルプ